成果報告書詳細
管理番号20140000000552
タイトル平成25年度成果報告書 我が国における技術開発型ベンチャーの実態把握及び国外との比較による支援制度のあり方に関する検討
公開日2014/9/17
報告書年度2013 - 2013
委託先名みずほ情報総研株式会社
プロジェクト番号P12012
部署名イノベーション推進部
和文要約件名:平成25年度成果報告書 我が国における技術開発型ベンチャーの実態把握及び国外との比較による支援制度のあり方に関する検討

本調査では、日本における技術開発型ベンチャー創出、エコシステム構築に向けた今後の公的支援のあり方について検討することを目的とした。
調査方法は、文献調査を通じて日本と諸外国の技術開発型ベンチャーへの支援制度について比較分析した上で、日本と米国の技術開発型ベンチャーと支援機関に対するヒアリング調査を実施し、日本の支援活動の課題および公的支援のあり方について分析を行った。
本調査結果から、わが国におけるエコシステム形成のポイントとして、(1)ニーズ・アイディア・人材の集積・吸引力とスクリーニング機能が整備されていること、(2)生態系を下支えする支援プレイヤーが相互作用を起こし、環境に適合していること、(3)技術やモデルを創出・スケールアップさせるパターンや多様なEXITパターンが存在すること、という3点を挙げた。とくに技術開発型ベンチャーの事業化率向上のためには、各プレイヤーの「スクリーニング機能」の強化が不可欠であり、インキュベータ・アクセラレータ、ベンチャーキャピタル、大学、SBIRそれぞれの機能強化が求められることを強調した。
最後に、公的機関による基盤整備として、(1)業界ニーズや市場動向に関する情報の提供、(2)アクセラレータ機能の拡充・創出、(3)事業のスケールアップを阻害するボトルネックの解消、(4)リスクマネー供給の多様化とVCの機能強化、(5)エコシステムを構成・回遊する起業家および支援人材の育成、という5点を挙げた。さらに、事業化率向上に向けた助成制度の高度化について、技術開発型ベンチャーのシーズの創出からEXITまでのプロセスにおける拡充案を提言した。
英文要約Title: Status on R&D startups in Japan and Discussion on the support programs based upon comparative analysis among the different countries. (FY2013)Final Report

This study was designed to study into the future design of support system for creating R&D startups and ecosystem in Japan.
We first compared the support mechanisms of different countries for R&D startups based upon literature research. The next step is to conduct interviews with R&D startups and support organizations in both Japan and the U.S. We then analyzed the challenges facing Japanese support activities and discussed the future program for Japanese R&D startups.
Based upon the study, we have found three opportunity areas to create the ecosystem in Japan. 1) a cluster must attract needs, ideas and talents and is able to screen them and bring the best resources. 2) it must have a synergy among supporting players who create the foundation for the cluster and these players are well adjusted to the environment. 3) it must have diverse patterns where technologies and business models can be created and scaled up, and they can easily exit. It is especially important that “screening” function performed by each player is indispensable in order to increase the success rate for R&D start up. The report emphasized that each player such as incubators, accelerators, VCs, universities and SBIRs has to strengthen its sceening function.
Lastly, the following five points were identified in order to create a robust public policy support system. 1) to be able to provide information on industry needs and market developments, 2) be able to create and strengthen role of accelerators, 3) be able to eliminate the bottle neck which prevent businesses from scale up, 4) be able to diversity risk money and strengthen VCs, 5) be able to develop a pool of entrepreneurs and supporters who make up and float around within an ecosystem. Moreover, this report provides recommendations on actions throughout the life cycle from the seeds creation of R&D startup to exiting in order to advance further the support programs to increase their success rate.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る