成果報告書詳細
管理番号20140000000628
タイトル平成25年度成果報告書 NEDOの取り組みの見える化に係る手法の調査 (1)客観的事実関係の整理によるNEDO取り組みの見える化 (2)NEDOプロ成果活用製品・プロセスの売上推計による見える化
公開日2014/9/18
報告書年度2013 - 2013
委託先名株式会社三菱総合研究所
プロジェクト番号Q05007
部署名評価部
和文要約NEDOにて実施された技術開発プロジェクト成果は様々な製品やプロセスとして市場に導入され、我が国の社会を支えているが、NEDOは技術開発段階での関わりで開発内容の専門性が高いこと等より産業界を含めた国民全般に取組内容が正確に伝わっているとは言い難い。そこで、本調査ではNEDOの取組内容を社会にわかりやすく示す表現方法について検証を行った
調査項目(1).客観的事実関係の整理によるNEDO取り組みの見える化においては、新聞や雑誌の記事、海外新聞情報、受賞実績等の客観的事実情報を収集し、第三者から見たNEDOの取組内容を整理した。その結果、NEDOの取組内容が新聞・雑誌記事として取り上げられる件数は1980年以降増加しており、中でも太陽光発電、燃料電池、風力発電等のエネルギー分野に関してNEDO取組を取り上げる記事が多いことが示された。また、特にエネルギー分野の記事件数において、当該分野の記事総数に占めるNEDO関連記事割合は、初期段階で大きく、事業化が進むにしたがって減衰する。事業化以前の研究開発段階においてNEDOに関連する記事数が多く、実証、市場導入、事業化段階になるに従い関連記事総数は増えるもののNEDOの関わりは小さくなっていくものと想定される。記事内容としては、研究開発内容や実証事業の紹介以外では、主に再生可能エネルギー分野についての基礎情報をNEDO調査結果として引用するものが多い。
このほか、海外新聞記事ではNEDOによる実証事業や国際協力事業を紹介する内容の他、一部の国ではNEDOの研究開発の方向性を分析する記事も見られた。加えて、NEDOプロジェクト成果による受賞実績も確認した。以上の情報収集結果を踏まえ、NEDO取組内容について客観的事実情報をもとに表現する方法を検討した。
調査項目(2). NEDOプロ成果活用製品・プロセスの売上推計による見える化では、産業連関表等を用い、NEDOプロジェクトによる研究開発成果が活用された製品による直接的・間接的経済効果の広がりを検証した。経済効果の広がりを検証する対象としては、NEDOプロジェクト成果が多く導入されている半導体分野、住宅分野、自動車分野、エネルギー分野を取り上げた。各分野におけるNEDOプロジェクト成果活用製品・プロセスの売上を直接的経済効果、NEDOプロジェクト成果活用製品・プロセスの生産によって活性化されるサプライチェーン上流に及ぼす効果を波及経済効果、NEDOプロジェクト成果活用製品・プロセスの導入によって最終製品を通じて消費者の暮らしを便利・快適にする効果を社会生活への効果と定義し、それぞれについて、NEDOインサイド調査結果、産業連関表分析、統計資料等を用いた推計などによって算出した。その結果、半導体分野や住宅分野等で活用されている産業技術系のNEDOプロジェクト研究開発成果については原料調達を通じて幅広い産業の活性化に繋がっている可能性が示されたほか、サルファフリー軽油製造用脱硫触媒に代表される一部のNEDOプロジェクト研究開発成果は新たな市場創出に大きく貢献していることが示された。また、再生可能エネルギーや省エネルギーに資するNEDOプロジェクト研究開発成果は、直接・波及経済効果の他にも、様々な社会生活への効果を及ぼしていることを示した。経済効果推計結果等をもとに、NEDOの研究開発成果による効果の広がりについてわかりやすい表現方法を検討した。
英文要約Achievements of technology development projects which were conducted by NEDO (New Energy and Industrial Technology Development Organization) have been integrated into various products and processes, contributing to Japanese society. However, the contribution is inadequately understood by the public, including industry, due to high degree of specialization. This research analyzes methods to successfully convey NEDO’s activities to the Japanese society.
Firstly, we collected observable facts such as newspapers and magazines articles, information from overseas newspapers, and its record of awards for the visualization of NEDO’s activities using the observable facts. The result reveals that the number of articles on NEDO has increased after 1980s, and the articles were mainly on energy field, including solar, fuel cell, and wind. At an early stage of the projects, NEDO related articles in the energy field account for large percentage in the total of energy related articles; the proportion decreases as the projects grow. Our results suggests that a number of articles relating to NEDO are written at research and development phase before commercialization. The number of articles relating to the projects increases as the development of projects progresses from validation to commercialization, while the involvement of NEDO decreases. Contents of articles are mainly on NEDO’s project results of renewable energy field, and sited as general information in the articles. The research investigates the method for representing NEDO’s activities using the objective facts based on these results.
Secondly, we examined direct and indirect economic effects of products utilizing the research and development results of NEDO’s project for the visualization using estimations of sales of the products and the processes. The research covers semiconductor, housing, automobile, and energy fields in which the achievements of the projects have been widely incorporated. The research defined the following three effects: sales of the products and the processes utilizing NEDO project results as a direct economic effect; an effect on an upstream part of a supply chain which is activated by the productions of the products and the processes utilizing the project results as an economic ripple effect; and an effect to make life convenient and comfortable through end products utilizing the project results as a social effect. We calculated these effects using various data source, including findings of NEDO inside products survey, industrial data, and statistical data. The result suggests that the achievements of NEDO projects which have been utilized in the fields such as semiconductor and housing may activate a wide range of industries through procurement of raw materials. The research also suggests that some of the NEDO’s projects results as typified by desulfurization catalyst for sulfur-free light oil production have largely contributed to create new markets. Other results which contribute to renewable energy and energy conservation have positive effects on social life as well as direct and indirect economic effects. The research explores the method to comprehensively communicate the impacts of NEDO’s projects results based on these estimates of the economic effects.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る