成果報告書詳細
管理番号20140000000653
タイトル平成25年度成果報告書 ASEAN地域の系統連系の現状及び分散型電源用PCS導入に係る課題等に関する検討
公開日2014/9/30
報告書年度2013 - 2013
委託先名早稲田大学環境総合研究センター 株式会社三菱総合研究所
プロジェクト番号P93050
部署名スマートコミュニティ部
和文要約本調査では、東南アジアの5カ国(シンガポール、タイ、インドネシア、カンボジア及びベトナム)の調査を実施した。面談した機関は15機関(政府機関及びその関連機関、電力会社、大学と一般企業)であり、その他に1民間機関には文書での調査を行った。

まず各国の電気事業に関する調査では、下記を含めて東南アジア諸国の厳しい電力需給状況が明らかになった。
・電力会社は当初は政府機関であったものが、ここ四半世紀の内に分離独立してきているが政府機関と密接に連携して業務を遂行している。
・電力供給は、ほぼ100%を達成しているシンガポールやタイと、未電化地区を多く抱えているその他3カ国に分かれる。
・未電化地区が多く残っている国では、発電設備や送配電設備の拡充が急務であり、それまでが分散型電源による独立した極めて小規模電力系統の構築が有効な手段である。
・我国の産業技術総合研究所に相当するシンガポールのAstar社の東南アジアの電力技術のハブになろうとする動きも注目に値する。

また、再生可能エネルギー関連の調査では、各国とも再生可能エネルギーは将来の重要
なエネルギー源としているが、本格適用は今後に待たれることが明らかになった。

・現時点では、各国とも再生可能エネルギー源としては水力や地熱が主体であり、太陽光や風力は現時点では補助的になっている。
・特に太陽光は設置コストが高いために贅沢品扱いとなっている国もあり、風力を含めて地方電化の主電源になるには至っていない。また、補助金を含めて政府支援が十分で無い国が多い。
・分散型電源の系統連系規定は整備されつつあるが、多数台連系等今後の整備を待たれる条項もあるために、協力次第で日本企業の市場展開の一助になる。

配電系統の現状の調査からは、今回の調査対象5か国における系統構成、課題が明らかとなり、我が国の配電分野での強みを有する技術の適用可能性を検討した。調査対象国の配電系統の基本的構成は、インドネシアが北米タイプであるのに対し、他の4か国は欧州タイプをベースとしている。今回の調査対象国では、今後進みゆく分散型電源普及状況や、現状の市場の成長度合いが異なることから、それぞれに国情に即した配電系統に係る系統課題を抱えていることが明らかとなった。このようなASEAN諸国に対しては、マイクログリッド技術、蓄電池等のエネルギー貯蔵技術、配電自動化、インバータ関連技術(配電FACTS、PCSなど)といった日本が得意とする技術が市場展開のために有望であると考えられる。

分散型電源系統連系に係る標準の分析からは、各国で異なる標準化ステークホルダとIECへの対応、系統連系を行う上での要件、試験認証に係る状況が整理された。各国の検討の進捗状況には差があり、タイ、インドネシア等が進んでいるのに対し、ベトナムやカンボジアでは太陽光発電の検討連系に関する詳細な検討はこれからの模様である。

各国におけるPCSマーケットの分析からは、現地におけるPCSメーカの動向と各国におけるPCSのマーケットの規模が明らかとなっている。SMAやABB等、欧州の有名企業が円滑なマーケットペネトレーションに成功している一方で、タイのLeonicsなどの地場のPCSメーカも活躍している状況にある。ASEANにおけるPCSマーケットは、2020年までに約690億円の市場に膨らむと試算することができ、今後日本のメーカの更なる進展が望まれる。
英文要約The research for electric industries of ASEAN countries revealed that each country is facing severe electricity-supply situation including the following.
・Many electric utility companies have spun off from their original governmental organizations since the last quarter-century. However, they still coordinate closely with the governmental organizations to pursue their operation.
・Singapore and Thailand have already covered almost 100% electrification of the nation, but the other counties still hold many unelectrified rural and isolated areas.
・In the counties remaining many unelectrified rural and isolated areas, the isolated micro or small-scale grid with distributed power sources is effective to supply electricity locally until power generation and T&D facilities widely spread.
・It is also worth nothing that Singapore’s A*star, which correspond to Japan’s AIST, plans to be central to the electric power technology.

Moreover, the research for renewable energy revealed that it still takes all countries a while to spread renewable energy widely, while they place it as one of the important energy sources in the future.

・At this time, every country mainly use hydropower and geothermal power as renewable energy and secondarily use solar and wind power.
・In particular, solar panel is regarded as a kind of luxuries due to high installation cost in a few countries and is not the main power source of rural electrification yet. Additionally, governmental financial support including subsidy has been limited in many countries.
・The grid code of each country is now being developed. Cooperation the parties involved in the grid code may be helpful for market deployment of the Japanese PCS because there still remain some articles to be improved including multiple grid-interconnection matter.

From the research of current distribution system, the structure of and issues in the distribution systems of the target five countries became apparent. We examined possible applications of technologies in which Japan has strength in power distribution field. With respect to the basic structure of distribution system, Indonesia employs the North America type whereas the other four countries adopt the European type. The current and future dissemination of distributed generations and the degree of market maturity vary from country to country. Therefore, each of the countries was identified to have its own issues in the distribution system in accordance with actual situation of each country. For the market development in these ASEAN countries, the Japan’s specialty technologies such as microgrid, energy storage including batteries, automated distribution and inverter-related technologies (distribution FACTS, PCS, etc.) seem to be promising.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る