成果報告書詳細
管理番号20140000000654
タイトル平成25年度成果報告書 次世代自動車の国際標準化に関する検討(電気自動車の電気エネルギー貯蔵としての機能等に関する検討)
公開日2014/9/11
報告書年度2013 - 2013
委託先名株式会社三菱総合研究所
プロジェクト番号P93050
部署名スマートコミュニティ部
和文要約本調査は、次世代自動車の中で特に電動車に関して、諸外国での標準化動向をとりまく全体像を把握し、主要なプレイヤーがどのような活動をしているかを明らかにするとともに、諸外国で検討されている電動車の標準化に関するロードマップを整理し、我が国の次世代自動車に係る国際標準化に役立てることを目的としている。なお、今回の調査の範囲は、電動車の標準化の中でも、特に車載用蓄電池の電力貯蔵としての位置づけに関連した内容としている。
調査はまず、欧米における標準化動向として、欧州と米国における主要な標準化関連機関の動向を整理し、各種機関で策定された電動車に関する標準策定のロードマップについて、その内容を把握した。また、欧米の他に、中国における標準化活動についても、特に欧米の諸機関がどのように関与しているのかといった視点で整理した。
さらに、電動車とインフラ間だけでなく、車載用蓄電池の電力貯蔵としての動向についても、欧米での実証試験の動向等を調査した。
最後に、これらの調査結果を踏まえて、我が国の次世代自動車に係る国際標準化についての今後の進め方を検討する際の論点を整理した。
英文要約The study is intended to grasp a big picture of standardization trend of next generation vehicles, particularly on electric vehicles, in different countries, clarify the activities of major players and organize the roadmap for the standardization of electric vehicles that is under consideration in foreign countries, so as to contribute to the international standardization of next generation vehicles in Japan. Within the international standardization work for next generation vehicles, we focused on the content concerning vehicle-equipped battery functioning as electric energy storage as the scope of study this time.
We first organized current conditions of major standardization organizations in Europe and the U.S. to grasp the standardization trend in these areas, and understood the content of the roadmaps developed by different organizations for the standardization of electric vehicles. In addition to Europe and the U.S., we also examined the standardization activities in China from the viewpoint of how European and the U.S. organizations are involved in the country’s activities.
Furthermore, we conducted a research into in-vehicle storage battery which functions not only between an electric vehicle and infrastructure but also as electric energy storage by looking into the demonstration projects in Europe and the U.S.
Lastly, based on the outcomes of the study, we summarized the points in considering how we should proceed with the international standardization of next generation vehicles in Japan.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る