成果報告書詳細
管理番号20140000000724
タイトル平成25年度成果報告書 海外におけるスマートコミュニティ関連機関との連携に関する検討
公開日2014/9/18
報告書年度2013 - 2013
委託先名株式会社三菱総合研究所
プロジェクト番号P93050
部署名スマートコミュニティ部
和文要約件名:平成25年度成果報告書 海外におけるスマートコミュニティ関連機関との連携に関する検討

本業務では、各国のスマートグリッド関連の機関の集まりであるGSGF(Global Smart Grid Federation)の活動に参加するなどして、我が国のスマートコミュニティ実証技術の普及先となりうる諸外国の機関の活動に関する情報を収集・分析して、それら諸外国機関との更なる連携の強化を具体的に図ることを目的とする。
GSGFに関する情報収集は、GSGFが主催する定例会議に参加して最新情報を収集し、状況を把握した。またGSGFが主催するワーキンググループに参加して、各国のメンバとの意見交換をしつつ、電動車を系統連系することによる新たな機能について検討し、それを実現するうえでのインターフェース等の課題についてとりまとめた。
また、GSGF以外の機関についても、我が国のスマートグリッド技術の普及に参考となるようなベストプラクティスと、そこからの日本の取り組みへの示唆を分析した。
英文要約Title: Study on the Collaboration with Overseas Smart Community Related Organizations

The purpose of this study is to collect and examine information regarding the activities of overseas organizations as potential users of the smart community demonstration technologies of Japan by participating in the activities of GSGF (Global Smart Grid Federations), a collaborative effort among smart grid associations in different countries, and to strengthen cooperation with those overseas organizations.
We attended regular meetings held by GSGF to obtain the latest information and grasp the current situation. We also took part in the GSGF working groups to exchange opinions with members from various countries, examined the new functions derived from connecting electric vehicles to grid, and organized the issues (e.g. interface) to implement such functions.
For the organizations other than GSGF, we analyzed best practice that provides helpful perspectives for the spread of Japan’s smart grid technologies and the possible efforts by the country as implied by the best practice.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る