成果報告書詳細
管理番号20140000000732
タイトル平成25年度-平成26年度成果報告書 バイオマスエネルギー実証試験事業に関するフォローアップの検討
公開日2014/10/29
報告書年度2013 - 2014
委託先名一般財団法人エネルギー総合工学研究所
プロジェクト番号P10010
部署名新エネルギー部
和文要約件名:「バイオマスエネルギー実証試験事業に関するフォローアップの検討」

(1)調査の背景と目的:バイオマスは、温室効果ガス発生量削減に貢献する再生可能なエネルギー資源として、利用拡大が大いに期待されている。一方で、バイオマスエネルギーの導入普及に際しては、経済性やエネルギー変換技術の確立等種々の課題がある。それらを解決して導入普及に貢献することを目指してNEDOでは、「バイオマス等未活用エネルギー実証試験事業」(平成14-21年度)、「地域バイオマス熱利用フィールドテスト事業」(平成18-平成22年度)および「バイオマスエネルギー地域システム化実験事業」(平成17-21年度)の3つの実証試験事業を運営・実施し導入普及に貢献してきた。本研究では、これらの実証試験事業が終了後、どのように展開されたのか総括を行い、経済的、技術的、地域的等の課題を明確にすることで、今後のバイオマスエネルギー利用の導入の課題等を整理し、さらなる導入普及に貢献することを目的とする。(2)3つの実証試験事業の基本情報調査:公開されているパンフレットや成果報告書の情報を収集し、事業者、対象バイオマス、実施期間、実施場所、エネルギー用途等の情報を整理した。対象プロジェクトの設置場所に基づいた地域的な分類、バイオマス種毎の分類、転換技術やエネルギー利用形態に基づいた技術的な分類をした。(3)3つの実証試験事業の中間段階アンケート調査の情報の取り纏め:IAEが平成19年度に行った3実証試験事業の各プロジェクト実施者へのアンケートおよびヒアリング結果を基に、運用中の課題を整理した。更に3事業における事後評価報告書を基に今後の方向性を整理した。(4)今回アンケート及びヒアリング調査の情報の取り纏め:3実証試験事業の各プロジェクト(71件)における終了後の成果及び課題をアンケート及びヒアリングにて調査した。各プロジェクトの開始時、運用時、終了時における成果と課題を整理した。又、今後のプロジェクトに対する意見を収集整理した。(5)バイオマスエネルギー利用事業課題の検討:原料、転換技術、利用技術の組合せでは約630通りにもなる事業形態を現実的な選定により「トータルシステムモデル(TSM)」として 11種に整理した。このTSM毎にアンケート及びヒアリング結果を基に各課題を抽出整理した。(6)バイオマスエネルギー利用事業適合条件の検討: 前項にて抽出した課題を技術的/経済的/地域的課題等に分類し、それぞれに必要な適合条件をアンケート及びヒアリング結果を参考に整理した。更に、その適合条件を基に、今後の地域自立システム事業における導入用件の方向性を提示した。
英文要約Follow-up study of demonstration projects of biomass energy (FY2013-FY2014)

1)Background and objective:Biomass has large potential as renewable energy resources to prevent the global warming. There are, however, a lot of problems to accept it into the business because of its immature aspects economically and/or technologically. In order to overcome them, NEDO (New Energy and Industrial Technology Department Organization) had supported three programs for biomass utilization in the past; “Verification tests and results survey for biomass and other untapped energy (FY2002-FY2009)”, “Local biomass heat utilization field test project (FY2006-FY2010)” and “Experimenting and establishing a local system for biomass energy utilization (FY2005-FY2009)”. In our study, we have surveyed the total 71 demonstration projects included in the above terminated programs to make clear economical, technological and locational problems for business.2)Collecting basic information of NEDO demonstration projects:We collected the basic information from the final reports and pamphlets about the 71 demonstration projects. This information was arranged by project operators, type of feedstock, start/end year, locations, conversion technologies and ways of utilization of biomass energies and so on.3)Arranging the past investigation works (FY2007):We already performed the questionnaire survey in FY2007 concerned with the projects at the intermediate stage. This information was reconfirmed and arranged by the operating problems for biomass utilization according to the objective of the present investigation.4)Summarizing new questionnaire and field inspections:It was necessary to investigate the present situation of the terminated projects. Then, we performed the questionnaire again and rearranged the information about economical, technological and locational problems for business, and field inspections were put in practice if necessary. In addition, we also collected opinions, ideas and suggestions from the project operators for the prospective business and/or subsidized projects of biomass utilization.5)Considering the problems of biomass utilizations for business:We classified all projects to 11 systems realistically, and called and defined them as the “total system model (TSM)”. The results from the questionnaires and the field inspections were summarized and arranged according to the TSM.6)Suggestion of fit conditions and/or systems for utilization of biomass energies:It was found that each TSM had several technological, economical, locational problems, which was obtained from the questionnaires and field inspections. We summarized these information according to the TSM, suggested the fit conditions of systems and/or technical guideline for utilization of biomass energies. Furthermore, we proposed important matter for the prospective subsidized project (verification regional self-support system using biomass energy) from NEDO.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る