成果報告書詳細
管理番号20140000000747
タイトル平成25年度-平成26年度成果報告書 新たな省エネルギー技術開発に向けた検討
公開日2014/10/29
報告書年度2013 - 2014
委託先名株式会社三菱総合研究所
プロジェクト番号P12004
部署名省エネルギー部
和文要約本調査では「戦略的省エネルギー技術革新プログラム」にて対象とする幅広い分野の技術に対して、省エネルギーポテンシャルを概算するとともに、新たな省エネルギー技術開発の可能性について検討することを目的として実施した。報告書の各章の要旨を以下に示す。

<第1章 調査研究の概要>
徹底した省エネルギー社会の実現とスマートで多層・多様化したエネルギー需給構造の構築、並びに、我が国の経済社会の安定的な成長の継続と国際的な産業競争力に直結する、省エネルギー技術の研究開発及び普及を戦略的に推進することが極めて重要である。また、本調査では「戦略的省エネルギー技術革新プログラム」にて対象とする幅広い分野の技術に対して、省エネルギーポテンシャルを概算するとともに、新たな省エネルギー技術開発の可能性について検討することを目的として実施した。

<第2章 省エネルギーポテンシャルの概算>
本調査では、「省エネルギー技術戦略2011」の策定を主目的として実施された平成22年度NEDO事業「将来の革新的な省エネルギー技術の検討」において検討対象とされた個別技術および、今回新たに追加を検討した技術を対象として、それらの省エネルギーポテンシャルの推計を行った。

<第3章 省エネルギー技術に関する最新の技術動向調査>
「重要技術」の特定を行った。省エネルギーポテンシャルが大きいというだけでなく、わが国が技術開発政策を進めていく上で重要となる難易度・発展性、国際競争力等、様々な観点から評価軸を設定し、個別技術を総合的に評価した。
評価の結果に基づく、主な改定のポイントは以下のとおりである。
1)新たにエネルギー転換・供給部門を新設し、その部門の中で「高効率火力発電・次世代送配電技術」及び「コージェネ・熱利用システム」の2つの重要技術を特定した。
2)重要技術の分類をエネルギー転換・供給部門と、エネルギー需要側の産業部門、家庭・業務部門、運輸部門の4つの部門で整理し、さらにエネルギー需要区分の各部門に共通する技術については部門横断として整理した。
3)スマートなエネルギー需給構造を構築する上で欠かすことができない「次世代エネルギーマネージメントシステム」を部門横断の重要技術の1つとして追加した。

<第4章 重要技術検討会およびWGの設置、運営>
有識者の方々から以下のような視点に関するご意見を頂き検討を進めるため、「戦略的省エネルギー技術革新プログラム重要技術検討会」を設置・運営した。

<第5章 まとめ>
「省エネルギー技術戦略2011」の重要技術改定概要(案)を策定した。
今後の「戦略的省エネルギー技術革新プログラム」の遂行において取り込んでいくために、重要かつ緊急性の高い省エネルギー技術分野について、技術的な課題などの詳細な検討を行う必要がある。
英文要約This study was held to calculate energy saving potential and to consider the possibilities of new energy saving technology development on an extensive range of technologies included in the “Program for Strategic Innovative Energy Saving Technology”. The summary of each chapter are as below.


Accomplishing an intensive energy saving society, establishing a smart and multi-layered, diversified energy supply and demand structure, and strategically promoting energy saving technology research and development and dissemination is essential to our country’s steady economic growth and to maintain the industrial competitive edge overseas. This study also calculates the energy saving potential of technologies from various fields, and considers the possibilities of innovative energy saving technology.


This study evaluates the energy saving potential of technologies mentioned in FY2010 NEDO project “Study on Future Innovative Energy Saving Technologies”, which was held mainly to develop the “2011 Strategies on Energy Saving Technologies”, and also of technologies to be included for the first time.


Vital technologies were examined. The technologies were evaluated not only by their large energy saving potential, but from various aspects such as difficulty levels, advancement, and international competing power, which are crucial in the technology development policy of our country.
The main revisions resulting from the study are as follows.
1. A division on energy conversion and supply division were newly installed, and from this new division, two vital technologies were chosen, “High efficiency thermal power generation and next generation electric transmission and distribution technology” and “Cogeneration and thermal use systems”.
2. The vital technologies were classified under four categories, “Energy conversion and energy supply”, “Industrial sector energy demands”, “Residential and business sector energy demands”, “Transportation sector energy demands”, and the technologies which apply to each sector were classified as multi-sector.
3. “The next generation energy management system”, essential for establishing a smart energy demand and supply structure, was added as a multi-sector vital technology.


“Working group for the analysis of vital technologies for the Strategic Energy saving Technology Innovation Program” was organized to hold discussions by the specialists for analyzing technologies.


A review was held on vital technologies in the “2011 Strategies on Energy Saving Technologies”.
Further consideration of technological issues with vital and urgent demands in energy saving technology is necessary to implement further programs in the “Strategic Energy Saving Technology Innovation Program”.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る