成果報告書詳細
管理番号20140000000320
タイトル*平成25年度中間年報 スペインにおける超電導電力ケーブルシステムの実系統連系に係る現状分析
公開日2014/11/19
報告書年度2013 - 2013
委託先名株式会社三菱総合研究所 古河電気工業株式会社
プロジェクト番号P93050
部署名省エネルギー部
和文要約本業務では、超電導ケーブルシステムについて、スペインにおける基礎情報及び現地ニーズの収集、および実系統連系実証事業に向けての基礎調査を実施した。
スペインの2013年の発電量は273,598GWhであり、うち260,160GWhがイベリア半島内であり、13,438GWhが半島以外の島嶼部である。スペインの電力送電線は総長42,116kmであり、毎年増加している。400kV送電が使用されているのはイベリア半島内だけである。
送電系統運用はREEが独占的に行っており、配電は大手5社が中心に行っている。配電最大手のエンデサ、イベルドローラの2社に、ガス・ナチュラル・フェノーサ、EDP、E.ON エスパーニャの3社を加えたものが5大グループを形成している。
スペインの電力事業者に対して、日本の超電導ケーブル技術について説明し、システム実証試験を実施する候補地の選定を依頼した。1つの電力事業者においては、社内での超電導ケーブル採用の検討開始が承認され、線路選定のための条件やリスクに関する不明点について、双方で確認を実施した。他の電力事業者においては、実証試験の候補地として、島嶼部の変電所内を想定し、超電導ケーブル線路及びケーブルの設計の検討準備を行うと共に、超電導ケーブルシステムに対するリスクについての先方の要求について確認を実施した。またスペインの電力事業者からは、ケーブルシステムを構成する冷凍機の性能や信頼性に関する照会が寄せられており、かかる確認のため国内の冷凍機メーカへのヒアリングを実施し、性能、連続運転時間、納期などを確認した。また日本企業の欧州におけるサポート体制に加えて、スペインの事業者による超電導ケーブルのO&M実施ポテンシャルについて、現地シンクタンクを通じて調査を行っている。
英文要約In this survey, for the superconducting cable system, collection of basic information in Spain and the local needs and basic research for real grid connection demonstration project have been done.
Power generation of Spain in 2013 was 273,598 GWh, of which 260,160GWh was generated within the Iberian Peninsula and 13,438 GWh was outside the Peninsula. The national transmission grid totaled 42,116m in 2013, which is increasing every year. The transmission network is operated exclusively by REE and the distribution mainly by the “Big Five” energy utilities, which includes the two leading companies of Endesa and Iberdrola plus Gas Natural Fenosa, EDP and E.ON.
During our visit to Spain, we explained to the companies about Japanese superconductive cable technologies and asked them to select candidate sites for the system demonstration. It has been internally approved in the local electric utility to commence studies toward an introduction of superconductive cable, therefore we and the company are working to clarify the unclear points in the conditions and risks of cable selection on both sides. For some local electric utility, a substation in island has been assumed as the candidate site, and the preparation for implementing superconductive cable line and designing of the cable is being conducted. At the same time, we have been trying to confirm with the local electric utility about their request regarding the risk of superconductive cable system of their concern.
Responding to the Spanish operator’s inquiries on the performance and reliability of cooling system, which is included in HTS cable system, we conducted hearings to Japanese cooling system manufacturers to confirm the performance, time for continuous run, delivery time, etc. of the machine. Also, we have been making research into the potential of O&M by Spanish operators for the superconductive cables using local think tank.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る