成果報告書詳細
管理番号20140000000550
タイトル平成25年度中間年報 地球温暖化対策技術普及等推進事業 バングラデシュ国におけるCCGT発電プロジェクトのMRV適用調査事業
公開日2014/11/6
報告書年度2013 - 2013
委託先名株式会社三菱総合研究所
プロジェクト番号P11013
部署名京都メカニズム事業推進部
和文要約本プロジェクトは、バングラデシュ国における低炭素成長を実現するための低炭素技術・製品等の普及を促進する二国間クレジット制度に基づき、EGCB(バングラデシュ国発電事業者)が導入した世界最高水準の熱効率発電設備である日本製の天然ガス複合火力発電(CCGT:Combined Cycle Gas Turbine)に、これまでのFSで検討したMRV方法論を適用し、当該設備の温室効果ガス排出削減量について、二国間クレジット制度を活用した第三者機関の検証を得るとともに、MRVに係わるデータや体制の整備などの効果確認や適用可能性(これまで検討してきた方法論の向上、使用データの正確性の確認やEGCB等のMRV適応能力の向上等を含む)の検討及びフィードバックを行う事を目的とする。
 本年度は来年度に向けた準備として以下を実施した:

●MRV体制整備(1)事前説明の実施
・バングラデシュの政府関係者及び事業者等に対し、認識の共有及び協力の再確認を目的として、New Haripur発電所におけるMRVの実施に関する事前説明を行った。
・本MRV適用調査事業の成果を最大限に得るため、平成26年度にバングラデシュの政府関係者及び事業者等に対し、MRVに関する理解を深めるための本格的なキャパビルを行うことを予定している。本年度はその際の説明資料を作成した。
●MRV体制整備(2)モニタリング計画の作成
・平成26年度に、モニタリング計画を作成し、モニタリング体制を整備するため、本年度はNew Haripur発電所に関し、実際の事業で予定されているモニタリングの概略を把握した。また、提案方法論におけるモニタリングの要求事項を確認した上で、来年度確認すべき項目の詳細を検討した。
・提案するモニタリング方法論がバングラデシュの電気事業者にとって負担のないものであることを裏付けるため、平成26年度に既存発電所におけるモニタリング項目を確認することを予定している。調査に先立ち、調査対象とする既設火力発電所の選定基準を検討し、バングラデシュにおける候補発電所をリストアップした。
・日本における発電所運転時のノウハウを活かした実態把握あるいはMRVの提言を行うため、我が国の天然ガス火力発電所におけるMRVに関して調査を行った。
●バングラデシュにおけるMRVの課題整理
・昨年度までの調査結果及び今年度得られた情報を基にバングラデシュにおけるMRVの課題を整理した。
・提案方法論の課題としてバングラデシュ政府WEBサイトにおいて公表される発電量等のデータの信頼性については確認ができていないという問題がある。今年度は提案方法論に基づき、モニタリングすべきパラメータとデフォルト値として設定可能なパラメータを整理した。また、来年度に向けてPDDの案を作成した。
英文要約This project is based on the Bilateral Offset Credit Mechanism (BOCM) to promote dissemination of low carbon technologies and products in Bangladesh in order to realize the country’s low carbon growth.

Electricity Generation Company of Bangladesh (EGCB) has installed a Japanese Combined Cycle Gas Turbine (CCGT) which is one of the most efficient power-generating facilities in the world in terms of its thermal efficiency.

The objectives of this project are: 1) to apply the Measuring, Reporting, and Verifying (MRV) methodology for the CCGT plant, 2) to submit GHG emissions reductions for the third party verification under the BOCM, 3) to assess the effect of any modifications made on MRV data collection procedures and system, 4) to review the possibility of application of these modifications (incl. application of improved methodology, accuracy of data, EGCB’s improved MRV capacity), 5) to provide feedback to improve the BOCM.

We have carried out the following work in FY2013 to prepare for the project in the next fiscal year:

(a) Prior explanation
* We have previously offered an explanation to Bangladeshi government officials and participants from private enterprises regarding MRV implementation at the New Haripur power plant.
* We will provide a full scale capacity building opportunity in FY2014, for Bangladeshi government officials and participants from private enterprises. The necessary documents have been prepared in FY2013.
(b) Developing a monitoring plan
* We have collected the information and obtained an outline of the existing monitoring plan applied to the New Haripur power plant in FY2013. We have also considered in detail what need to be checked in the FY2014 research according to the monitoring requirements in the proposed methodology.
* We will study current Bangladeshi monitoring systems during the FY2014 survey. In preparation for this survey, we have already developed the criteria to select samples from existing power plants in Bangladesh.
* We have compiled the information regarding MRV system for natural gas-fired power plants in Japan to make full use of our know-how and experience in this area for this project, so that we can assess the current status of the Bangladeshi system and/or make useful recommendations for Bangladeshi power plant.
(c) Identifying any issues need to be addressed in Bangladeshi MRV
* We have made a report on existing issues that need addressing for Bangladeshi MRV, in accordance with research outcomes gathered by FY2012 as well as information obtained in FY2013.
* We need to verify if the data (e.g. power generations etc.) published on the Bangladeshi government’s website is reliable to apply the proposed methodology to. For the FY2013 survey, we selected two types of parameters: one that needs to be monitored, and the other to be set as the default value, using the proposed methodology. We have also developed a draft PDD for the FY2014 survey.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る