成果報告書詳細
管理番号20140000000630
タイトル平成24-25年度成果報告書IT融合による新社会システムの開発・実証プロジェクト (都市交通分野) 都市空間情報と多様なサービスの連携を実現するスマートモビリティシステムの構築に向けた研究開発
公開日2014/11/19
報告書年度2014 - 2015
委託先名株式会社KDDI研究所 国立大学法人東京大学 大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構国立情報学研究所
プロジェクト番号P12009
部署名ロボット・機械システム部
和文要約件名:平成24-25年度成果報告書 IT融合による新社会システムの開発・実証プロジェクト(都市交通分野)都市空間情報と多様なサービスの連携を実現するスマートモビリティシステムの構築に向けた研究開発

 少子高齢化を迎え、生活支援も考慮した暮らしやすい都市環境が求められており、人にやさしい空間整備が期待されている。本プロジェクトでは、都市空間の中で多様に取得されるセンサーデータや個人の行動履歴などを、プライバシーに配慮し安全に融合し、利活用することを目的として、以下に記す7つの項目について研究開発を実施した。
1)プライバシー保護を考慮したパーソナル情報流通プラットフォームの開発
 パーソナル情報の利活用に関するプライバシーポリシーの管理が可能プラットフォーム(Privacy Policy Manager: PPM)の研究開発を行った。受容性評価により、同プラットフォームがパーソナル情報を活用するサービスの構築に有効であること確認した。
2)地域活用可能性・受容性の評価
 実証実験の対象エリアの地域コニュニティと共催でワークショップを開催し、パーソナル情報の流通に関する意見収集を実施した。また、PPMやセンサー情報の解析及び情報提供システム(Sensing Platform :SP)を活用が想定される事業者を対象に、サービス提供側からのニーズや意識についての意見収集を実施した。本調査から、利用者・事業者双方ともにニーズがあること、また、プラットフォームの運営などの課題があるとの認識が明らかになった。
3)センシング技術を用いた情報提供システムの研究開発
 センサー群からの情報をリアルタイムに収集し、センサーデータ解析ならびにサービス起動を行う情報提供システムの研究開発として、複数のステレオビジョンとマイクロフォンアレーからの情報をリアルタイムにネットワーク転送し、遠隔地においてデータ解析を行って、対象空間の人流情報や音源情報等を推定し、これらの解析結果をユーザに提示するセンシングプラットフォームを開発した。
4)パーソナル情報の扱いに関する規約の合理的な合意形成手法の検討
 ユーザが予め提示したポリシーに応じて、複数のサービス群に対して利用許諾を一括して行う包括的同意行為について、現行法制度の中で、意味のある同意の実現を目的として、技術面/制度面の検討を行った。具体的には、ある一定の空間の、共通のルールを策定し、それに基づいた運用を行っている複数のサービスに対しての包括的同意を実現するための必要な要件を抽出し、「情報共有標準ラベル」を用いてポリシーを体系化し、PPMへ実装した。
5)人の流動データの統合マッピングシステムの製作
 様々なセンサーから情報を統合し、センサーの範囲外である空白領域を含め現在の状況を把握できるためのシステムとして、小型のレーザレンジファインダー(LRF)を活用し歩行者の動きを把握し、リアルタイムの人流情報の表示が可能なマッピング技術を構築し、その評価を実施した。
6)情況センシング手法の開発
 街中での人々の感情などセンシング手法を開発し、その感情にあった情報を提供するサービスの実現に向けて、生体センシング、リアクティブセンシングなどの技術の研究開発を実施した。利用者の位置情報も活用したサービスとして「ニコット」を作成し、その評価を実施した。
7)3次元点群データによる屋内地図作成
 二子玉川ライズの現況をレーザ計測(画像撮影含む)して3次元点群データを取得し、取得した点群データから複数階層に跨る屋内外シームレスな地図(2D/3D Computer Aided Design (2D/3D CAD)、Scalable Vector Graphics (:SVG)、Building Information Model (:BIM)を作成した。また、屋内地図の活用検証として、LRFから取得した人流情報のイメージを重畳した3DCADを作成した。
英文要約Title : IT Integration-based New Social System Development and Demonstration Projects
(Urban transportation ) Development and Demonstration of Life Support Services that Facilitate Movement around Stations by Utilizing Urban Spatial Information

In our project, in order to practically use the various data, which are sensor data and personal data, we developed these seven topics denoted bellow.
1)Development of information sharing platform with user privacy protection
In order to share the user privacy information among service providers, we developed a secure information sharing platform named Privacy Policy Manager (PPM). On this platform, user information is securely exchanged.
2)Assessment of user receptiveness and feasibility of the use of personal information for local services
In order to evaluate the receptivity and tolerance against PPM and SP, we held a workshop with a local community and investigated user thought and needs. We also made a questionnaire survey to service providers, who were potential users of PPM and SP. From these activity, we confirmed that there were demands for PPM and SP.
3)Research and development of information provision systems using sensing technologies
For research and development of information provision systems that collect sensing data received from multiple sensor devices, analyze them in real time, and automatically start preprogrammed services according to the analysis result, we have developed a sensing platform that uses sensing data from stereovision sensors and a microphone array sensor installed in a public area of a large commercial facilities, Futako-Tamagawa RISE.
4)Investigation of a reasonable privacy policy agreement for personal information
A Comprehensive Agreement (CA) is the concept of “one-time agreement” scheme. In our study, we examined how best to formulate a CA within the current legal system. From the rules and policy guidelines, a common policy was formed which defined the restrictions for the handling of personal data in the region for every service covered by the common policy. The common policy could be described using a "Standard Information Sharing Label". and implemented it, inside a PPM.
5)Development of a pedestrian flow mapping system integrating multi-source sensor data with data assimilation techniques
In order to estimate the pedestrian flow on non-sensor area, we developed a unified mapping system. The system monitors the pedestrian flow using small laser range finders and shows the flow information on real time.
6)Investigation of real time sensing method for capturing cognitive context
In order to better understand the situations of visitors' mind as they move about in the town and use that data for Location-based Services (LBS), it is important to collect not only sensor data at a physical level, such as movement trajectories of anonymous visitors, but also their cognitive aspects (feelings) at the time.
7)Generation of building information modeling (BIM) data for indoor mapping
By using LIght Detection and Ranging (LIDAR) scanning system, we measured present state of Futako-Tamagawa Rise area. Through the measurement, 3-Dimentional data is collected and the seamless mapping images are generated.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る