成果報告書詳細
管理番号20140000000633
タイトル平成24年度-平成25年度成果報告書 IT融合による新社会システムの開発・実証プロジェクト (都市交通分野) 北海道観光における観光客導線による総合交通産業エコ事業
公開日2014/11/6
報告書年度2012 - 2013
委託先名株式会社デンソーセールス 国立大学法人埼玉大学 株式会社デンソー 国立大学法人北海道大学 日本航空株式会社
プロジェクト番号P12009
部署名ロボット・機械システム部
和文要約件名:平成24年度-平成25年度成果報告書 IT融合による新社会システムの開発・実証プロジェクト(都市交通分野)「北海道観光における観光客導線による総合交通産業エコ事業」

1 事業目的
旅行者に対する観光・交通情報は各事業主体にて類似のシステムを構築しており、連携性が無くコスト高と旅行者視点の欠如という課題がある。本事業においては、IT・ITS技術との連携・GPS位置情報に基づくIT融合技術により観光情報プラットフォームを構築し、効率的情報管理及び発信の仕組みづくりと、旅行者の安全と利便性に寄与する情報提供を行う。

2 事業概要
(1)目 標
北海道個人旅行者に対するカメラ画像情報をKEYとした
・安全・安心情報を加味した移動情報案内
・旅行者間のリアルタイム相互情報交換
を可能とした新たな旅行パッケージを実現する北海道観光情報プラットフォームの構築に係るビジネスモデルの検討と各要素技術の評価(ステージ1:H24年-H25年)。

(2)実施事項
・北海道観光情報プラットフォームの構築
・ビジネスモデルの検討
・実証実験 平成25年7月12日-10月06日、レンタカー 50台
   
3 実証実験結果
・「北海道観光コンシェルジュ」アプリのダウンロード数2,091件(目標達成率20.9%)
・実験対象車両の貸出件数 196件(目標達成率56%) 平均利用日数3.45日
・スマートフォンアプリによる旅行者(実験参加者)からの観光情報UP 316件 
・車両前方撮影機器からの交通情報写真UP件数 26,514件
・レンタカーに車載したGPSロガーによる走行軌跡分析より、下記のような傾向が見られた。
1)レンタカー利用者の利用経路はほぼナビの示す経路案内に従う。
2)旅行計画は大まかな目的地と宿泊先のみであり、旅程距離・走行時間の把握がなされていない計画が多い。滞在時間は極端に短い事例が多い。
3)レンタカー返却後の新千歳空港での残余時間は平均1時間47分。
4)One more観光案内は、利用者が少なく有効な評価を得るまでに至らず。

4 ビジネスモデル検討結果
・収益構造モデルとしては、誘導インセンティブによる観光事業者からの情報提供料金を基本とする

5 実証実験結果を踏まえた今後の展開
ステージ1及び実証実験を通じて北海道観光情報プラットフォームの構築における課題点の抽出を行うことが出来た。今後、今回の実証スキームを通じて北海道内の関係各機関との継続的な検討の場を保持することが出来、スマートフォンアプリによるカーナビ連動の実用性及び観光行動データの活用方法について研究を継続する予定である。
英文要約Title: Urban traffic field‘Comprehensive traffic industry ecology project lead by Hokkaido Tourist’(FY2012-FY2013)Final Report

1.Project purpose
Various tourist business /traffic information operators provide similar systems. Although the systems were alike, they lacked cooperation among the systems, were expensive to run, and missed the tourists’ viewpoints. This project focused on the efficient tourist information control and delivery, safety and convenience, and targeted at constructing a Hokkaido Tourist Platform through IT combination technology which cooperates IT with ITS technologies together and based on GPS position information.

2.Project Overview
(1)Target
To conduct business model examination and element technology evaluation (1st stage: 2012 to 2013) relating to the Hokkaido Tourist Information Platform that materializes a new tourist package.
It enables the following by using camera image information for individual tourists in Hokkaido as a key:
 - Travel guidance that incorporates safety and security information
 - Real-time information exchange among tourists

(2)Activitics
 - Hokkaido Tourist Information Platform Construction
 - Business model examination
 - Verification test:
Held in the period from July 12 to October 6, 2013, with 50 rented cars

3.Verification test result
- Download counts of ‘Hokkaido Tourist Concierge’ : 2,091 downloads (20.9% of the target)
- Number of test cars rented : 196 (56% of the target), Average rental period: 3.45 days
- Information counts posted by participants through the smartphone application: 316 posts
- Traffic information images captured and posted: 26,514 images
- The GPS logger mounted on the rented car revealed the following characteristics through the traveling route analysis:
1)1) Rent-a-car users followed the route guidance given by the navigation generally.
2)Many tourists’ travel plans only set rough destinations and accommodations due to the lack of understanding the travel distances and driving time. Those kind of plans limits the time to stay in the sightseeing spots with an extremely short staying time.
3)3) Residual time before leaving the Shin-chitose International Airport after returning the rented car was one-hour and 47 minutes on average. 
4)The number of users who utilized ‘One More Destination Guidance’ was too small to acquire an effective evaluation.

4.Business model examination result
The revenue structure model should be based on information post charge from tourist facility operators through guided incentive.

5.Future development based on the verification test
The first-stage actions enabled to extract issues to construct a Hokkaido Tourist Information Platform through the verification test.
However, as this verification scheme made the maintenance of a continuous examination possible with relating organizations in Hokkaido, a study on the practicality of car navigation cooperation and utilization of tourist behavior data through smartphones is planned to be continued.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る