成果報告書詳細
管理番号20140000000720
タイトル平成25年度成果報告書 航空機分野における戦略策定調査
公開日2014/11/19
報告書年度2013 - 2013
委託先名一般社団法人日本航空宇宙工業会
プロジェクト番号P99029
部署名ロボット・機械システム部
和文要約件名:平成25年度成果報告書 戦略策定調査事業 航空機分野における戦略策定調査

世界の民間航空機市場は、年率約5%で増加する旅客需要を背景に、今後20 年間で約3万機・4兆ドルいう規模が見込まれている。また、最も旅客需要が伸びるのはアジア・太平洋地域と予想されている。我が国の民間航空機産業は、機体、エンジンの国際共同開発を通じて1980年代から大きく発展してきたが、最近の世界の航空機産業は、LCCの台頭、航空機リース企業の出現、装備品システムインテグレーターの誕生等その産業構造は変化しつつある。このような中、日本の航空機産業がいかにしてその地位を確保するかが重要な課題である。調査は、今後の航空機分野の技術開発の課題・方向性を明らかにした上で、航空機分野における研究開発戦略を策定すると共に、技術戦略マップの改訂を行うことを目的とした。(1)今後の航空機開発の方向性;今後市場の中心となるアジアに適合する機体は、インフラ、リソースの逼迫も勘案して、200席前後の機体で、3,500NM以上の航続距離を持つ機体を想定した。これは、現時点で具体化されておらず、日本が基礎/基本設計から参画しうる機種である。技術開発には、日本の技術力が発揮される、新技術(次世代複合材/新金属構造、電気化)や高効率生産(自動化等)技術等がある。また、今後の航空機開発では、海外OEMと連携し、設計・製造に責任をもって関与するRRSPを目指す。(2)装備品;将来航空機には、安全性向上、経済性向上及び環境負荷低減が求められており、これを実現するために、「装備品システム電気化」、「次世代航空交通管理システム」への対応が急務である。これらは、個々の装備品よりも大きなレベルでのシステム開発も必要になっており、横断的な組織による検討が必要である。また、個別の技術開発には、技術力が不足しているため、国内他産業との協調、国際共同開発が必要となっている。(3)構造変化への対応; 航空機は燃費性能等の向上のため、大幅な軽量化を目指している。 それに伴い、新しい原材料、設備、成形、加工が必要になり、パラダイムチェンジを伴ったサプライチェーンの大幅な変化が出現する。その際、我が国が有利な立場で海外OEMと互恵的に協力できるかを調査し、熱可塑性CFRP、CMC及びマグネシウム合金に於いてより一層の可能性があることが見いだせた。それを実現するためには、製造技術、評価技術を海外に先行して確立し、国際標準化を進める必要がある。(4)少品種大量生産体質への対応;1980年以降、我国は国際共同開発を推進しB767以降、納入機数のレートは上昇している。これに伴い、高レート生産/コスト削減に向けての対策が必要となる。工場立地および物流、サプライチェーン、生産技術、リソースの視点から、現状と課題を整理し、対策を検討することにより、今後の生産システムの改革のあり方とした。(5)日本発MRO ; MROビジネスは堅調に拡大しており、2023年の総売上げは760億ドルに達する見込みで、特に中国、アジア・太平洋、中東の成長が著しい。一方、LCCが影響力を強め、エアラインの使用機材の半数がリース機となり、信頼性・経済性の向上した787やA350などが機数を増加しつつある。このような状況下、MROビジネスの競争はますます激化し、OEMや既存の大手MROが市場の多くを支配することが予想される。今後この事業に参入するには自社の長所を確実に把握し、戦略を綿密に立てて臨む必要がある。
英文要約itle: Research Project // Survey to develop the technological stragety in the field of airplane(FY2013)

In the world commercial market, the number will be expected to 30,000 and the sales expected to $400 billion in 20 years backed by passenger demand in an annual rate of 5%. And, it is expected a passenger in the Asia-Pacific increases most. The commercial plane industries in Japan have greatly developed through the international joint development of the airframe and the engine from the 1980s. But recently, the industrial structure is changing by rise of LCC, the appearance of the plane lease company, birth of the equipment system integrator. Under these circumstances,it is important how industries in Japan secure the position. The survey clarified a problem and direction of the technology development of future plane . And it was intended to devise the research and development strategy and to revise the technical strategic map.
(1)Direction of the airplane development : The aircraft for Asia will be assumed to be the aircraft of 200 seats around with a range of 3,500 NM above with considering the infrastructure and resource. The aircraft, which has not been embodied now, so Japan can participate the development from early phase.Japanese technologies will make a great contribution, such as new composite & metal structures , it should aim to become RRSP to be responsible for the design and manufacture. (2)Equipment: Two projects, "MEA" and " Next-generation ATM" are needed for the future aircraft. The systems development for these projects is also needed by an organization across boundaries. Since Japanese technology power is insufficient, cooperation with industry besides domestic and international joint development are needed for technical development. (3)Correspondence to a structural change: The OEM strategy is focusing to lighter weight aircraft with the new raw materials, facilities, forming and machining processes. It makes to change paradigm of materials and supply chains. The Japanese companies have chances with OEM under win-win condition especially with CFRTP, CMC and Magnesium alloy. We have to establish the manufacturing process engineering, evaluation procedure and international standards prior to the competitive overseas companies. (4)Correspondence to mass production: Japan has been promoting international development.767 or later, the rate of delivery has increased.It is necessary to take measures towards high-rate production.In four perspectives, we organized the current situation and challenges, examined measures (5)MRO in Japan: MRO business has expanded steadily. Significant growth in China, Asia and the Pacific Ocean etc. is expected. LCCs have extended their influences, a half of the operating aircraft becomes a lease aircraft, 787 and A350’s reliability and economic efficiency are improved. So, the MRO business competition becomes more severe. Much of the market will be dominated by the leading MRO, existing OEM.To enter this business, it is necessary to understand their own advantage clearly, and develop own strategy firmly.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る