成果報告書詳細
管理番号20140000000738
タイトル平成25年度成果報告書 ゼロエミッション石炭火力技術開発プロジェクト クリーン・コール・テクノロジー推進事業 未利用炭調査とビジネスモデルに関する検討
公開日2014/11/6
報告書年度2013 - 2013
委託先名株式会社三菱総合研究所 一般財団法人石炭エネルギーセンター
プロジェクト番号92003
部署名環境部
和文要約本調査では、未利用炭を乾燥あるいは改質し、輸出可能な付加価値の高い製品とすることを目的として、技術実証試験に向けて案件の評価を行った。これにより、産炭国にとっては産業振興に、我が国にとっては安価で安定した石炭資源の拡大につながる。
調査は平成24年度に検討した低品位炭研究開発の管理手法が有効であるかを確認するため、現在低品位炭を活用した技術開発を実施している企業各社の協力のもとワーキンググループを組成し、管理手法にあてはめて手法の課題を明らかにした。調査は大きく「1:ビジネスモデルのケーススタディ」、「2:製品の市場・コストの調査・将来予測」に分けて実施した。

ビジネスモデルのケーススタディにおいては、選定した国の未利用炭の活用事業についてケーススタディを実施した。協力したメーカ、商社、電力会社など22の企業の中から6WGが組成され、6WGからの実証試験・ビジネスモデルの提案を対象に、8名の評価委員からなる評価委員会で管理手法の適用可能性を検討した。
製品の市場・コストの調査・将来予測においては、将来のエネルギー需要予測や、化学製品の需給動向予測から将来の対象製品価格について予想し、開発目標となる価格設定を行った。昨年度調査の結果、過去の実証試験の案件評価時に、原炭の調達価格は実勢よりも低く、最終製品価格は実勢よりも高く想定する傾向が確認されていた。そこで本調査においては、原炭調達価格、インフラコスト、最終製品価格、経済計算の条件を、事務局が調査し、原則的に事務局指定の数値を全WGの提案で採用し、より保守的な案件評価をできる体制とした。事務局が指定するコスト目標を適用した結果、過去の類似提案よりも厳しいコスト目標が設定された。これを受け、多くのWGで一層のコスト削減を行う研究開発が提案され、うち1WGでは事務局提示の厳しいコスト目標を達成できる目処を示した。
従って、従来よりも踏み込んだ研究開発マネジメントを適用することで、各社が提案する実証試験の内容の改善を促し、延いては商用化の可能性を向上に資することが確認された。
英文要約n this study, proposals for demonstration projects of technologies using low rank coal or other unused coal for coal upgrading to higher value products were evaluated. This can contribute to industrial development in coal producing countries, and expansion of stable low-cost supply of coal resources for Japan.
In order to confirm effectiveness of a low rank coal R&D management mechanism which was proposed in 2012, this study established Working Groups (WG) composed of companies currently involved in low rank coal technology R&D. The study also applied the proposed R&D management mechanism to demonstration project proposals submitted by each WG. This study mainly conducted two surveys: (1) Business Model Case Study, and (2) Market and Cost Analysis.

In the Business Model Case Study, case studies were conducted on businesses upgrading unused coal in selected countries. Six WG were established out of twenty-two participating companies, which included manufacturers, trading companies and electric utilities. Business model and demonstration proposals of each WG, as well as applicability of the R&D management mechanism were examined by an evaluation committee consisting of eight committee members.
In the Market and Cost Analysis, target prices for each end product were decided based on future energy demand, as well as future demand, supply, and prices of chemical products. Results of the 2012 study showed that in past demonstration projects raw coal procurement costs tended to be underestimated and end product prices tended to be overestimated at the time of project proposal. In this study, for more conservative project evaluation, coal procurement costs, infrastructure costs, end product prices and conditions for economic calculations were researched and decided by MRI, and adopted by all WG. As a result, newly proposed cost targets are more stringent than similar cost targets in the past. Consequently, many WG proposed R&D plans to further reduce costs, and one WG mentioned it can achieve the new stringent costs targets.
Therefore, it was confirmed that more active R&D management will encourage companies to improve contents and proposals for demonstration projects, which will in turn contribute to increasing the potential of technology commercialization.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る