成果報告書詳細
管理番号20140000000525
タイトル平成25年度-平成26年度成果報告書 太陽熱エネルギー活用型住宅の技術開発に係る断熱材及び蓄熱建材の評価方法の検討
公開日2014/12/27
報告書年度2013 - 2014
委託先名株式会社野村総合研究所
プロジェクト番号P11005
部署名省エネルギー部
和文要約本調査では、 現在NEDOが「エネルギーイノベーションプログラム」の一環として実施している「太陽熱エネルギー活用型住宅の技術開発」のうち、

a.高性能断熱材の開発
b.高機能パッシブ蓄熱建材の開発

に係る技術に関して検討を行い、「d.太陽熱活用システムの実住宅での評価」において実施する実住宅に適用する高性能断熱材及び高機能パッシブ蓄熱建材の性能を統一的に評価することにより、省エネルギー効果の検証等の精度や信頼性を高めることを目的とする。
具体的には、実住宅での評価を実施する高性能断熱材及び高機能パッシブ蓄熱建材を審査・選択するための試験方法及び採択基準の検討、実際の建材の試験及び採択有無の決定と、実証事業において利用可能な建材のリストを作成する。
また、各建材の海外における技術開発動向、および市場動向を調査することで日本企業にとって商品開発の際のベンチマークとなる情報を収集する。
英文要約Title: Research on valuation method of vacuum insulation panels and building materials which utilise phase change material for technology development of solar-powered houses (FY2013-2014) Final Report

Focus of this research would be placed on development of vacuum insulation panels (VIP) and building materials which utilise phase change material (PCM).
Development of VIP and building materials which utilise PCM are done under "Technology development of solar-powered houses" , part of NEDO's "Energy Innovation Program".

In this research, we will develop a test/evaluation method for both VIP and building material with PCM in order to enhance the reliability of energy efficiency effect calculation.
Also, a list of products which could be utilised in the "demonstration project for solar-powered houses" would be created through actual testing (test method would be developed in the project also).

In addition, overseas market trend and technology development trend would be studied for both VIP and building materials which utilise PCM would be studied in order to provide information for Japanese manufactures.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る