成果報告書詳細
管理番号20140000000733
タイトル平成25年度成果報告書 【国際エネルギー消費効率化等技術・システム実証事業 基礎事業 石炭高効率利用システム案件等形成調査事業 ベトナムにおける石炭高効率利用システムの基礎調査】
公開日2014/12/6
報告書年度2013 - 2013
委託先名東電設計株式会社
プロジェクト番号P93050
部署名環境部
和文要約件名:平成25年度調査報告書 国際エネルギー消費効率化等技術・システム実証事業 基礎事業 石炭高効率利用システム案件等形成調査事業 ベトナムにおける石炭高効率利用システムの基礎調査
1.電源開発計画レビュー
2011年7月に公表された第7次国家電源開発計画(PDP7)は、2011年から2030年における長期電源開発計画の根幹を成す極めて重要な国家戦略と位置づけられる。電源構成は、2012年末現在、水力が半数を占めるが、PDP7上2030年には、石炭が半数を占め、水力主体から石炭火力主体の電源構成にシフトし、中長期的に石炭の重要度がさらに増すこととなる。
2.石炭政策レビュー
2012年1月に「2020年までのベトナム石炭産業開発マスタープラン及び2030年までのビジョン」(CDP)が承認されたが、このCDPとPDP7との両者の石炭需給には乖離がある。ベトナムは今後石炭火力の割合を一層増加させて行く方針であるため、速やかに包括的な電源開発&石炭開発計画を策定すべきと思慮する。
3.環境政策およびファイナンスレビュー
2013年6月、オバマ大統領は「気候行動計画(Climate Action Plan)」を発表、ここに謳われた新設石炭火力への融資の規制の動きは、現状米国、欧州の国際開発金融機関でも同調する動きが広まっており、石炭火力投資への資金の流れは細ってくる傾向にある。その一方、日本の高効率技術を活用することで、石炭電源は環境負荷低減に寄与する重要電源と位置づけているため、USC技術を支援する本邦の融資は、それら欧米の資金引き上げを補完する形で、ますますその強みを活かすことが期待される。
4.組織体制および意思決定レビュー
ベトナムにおける電源計画に係る意思決定は、MOITが中心となり、傘下のエネルギー研究院(IE)を通じてEVN、Vinacomin、Petrovietnam等や各地方人民委員会から意見を聞きつつ素案を作成し、首相府に提出、首相承認を経て最終決定される。ベトナムでは多くの場合、EVN傘下のPECCもしくは、MOIT傘下のIEがコンサルティング業務を実施する。従って、早い段階から、PECCもしくはIEを巻き込んだ形でPre-FS調査等を実施し、意志決定に関与することが肝要である。
5.日本企業が関与する電力案件レビュー
これまで日本企業が深く関わったプロジェクトを「成功事例」として整理し、現地調査および関係者とのヒアリングを通じ、以下に示す共通点を整理した。
(1)技術面:日本のコンサルタントが参画することにより、品質と価格を公平な立場で技術評価できる環境が整っていたこと
(2)ファイナンス面:迅速で、フレキシブルな条件設定が可能だったこと
(3)インフラ整備面:コンプレックス開発可能なインフラ整備が整っていたこと、もしくは、それらが円借款として事前に整備されていたこと
(4)契約面:技術、商務条件を含めて、先行機デットコピー化に成功したこと
6.新規有望地点の特定
PDP7見直し計画(2013-2030)における新たな発電プロジェクトの中から、スクリーニングを実施し、新規有望地点を特定した。
7.既設火力発電所のリプレースの可能性検討
PDP7で廃止計画のあるものや営業運転開始後30年-40年を経過している既設発電所を対象にスクリーニングを実施し、その中から、本邦技術の強みが発揮できる「狭隘スペースにおけるタワーボイラー型USC適用」発電所について、既設リプレース案件に繋がる可能性の高いことが明らかとなった。
8.競争環境分析
日本企業の競争力が活かせる機器信頼性、燃料安定確保、環境特性といった優れた技術が適正に評価されれば、案件獲得につながるものと思慮する
英文要約The basic study for high-efficiency coal-fired power system in Vietnam
1.Review of Power Development Plan
In July 2011, the Vietnam Government published PDP7 as a master plan for power development from 2011 to 2030. According to the PDP7 the power will be supplied by coal in 2030.
2.Review of Coal Policy
In January 2012, the Vietnam Government approved the Master Plan on Development of Vietnam’s Coal Industry (CDP) from 2020 to 2030. There’re discrepancies in coal demand-supply data between the CDP and the PDP7. Coal-fired power would play a more important role in Vietnam, it is important to establish a comprehensive plan for development of both of power and coal industries.
3.Review of environmental policy and finance scheme
In June 2013, US President Obama announced the “Climate Action Plan”, by which spreading the influence over American and European international lending institutions to end financing for coal fired power plants. However it is expected for Japan to build financing scheme for the dissemination of CCT to be introduced in the countries where electricity demand is increasing.
4.Study on organizational structure and planning decision-making system
MOIT assigns the Institute of Energy (IE) to draft up the plan based on comments and proposals from EVN, Vinacomin, PVN and People’s Committee of local provinces. F/S report of a project is often prepared by engineering consultant such as PECCs or IE. Therefore it is essential to be involved in the planning decision-making flow.
5.Study on the previous power projects involved by Japanese companies
(1)Technical aspect: The participation of Japanese consultants had opportunities where technical evaluation was obtained on a more proper viewpoint with balance between product quality and price.
(2)Finance aspect: Finance conditions were flexible and rapid
(3)Infrastructures aspect: Developed in complex type and fully equipped with supporting infrastructures, or related infrastructures had already been equipped by Yen-loan finance
(4)Contractual aspect: There has been success case by applying “dead-copy” method to copy without change in terms of technical and commercial conditions.
6.Identification of potential project site for newly developed power plant
Based on the power plant project list specified according the revised PDP7 (2013-2030), the screening has implemented to identify the potential sits.
7.Study on possibility of replacement of retired power plant
The thermal power plant is proposed as a replacement project thanks to its high possibility of adoption of the “tower-typed USC boiler erection in limited space” technology which is the strength of Japan.
8.Promoting the technology of which Japan can take competitive advantage
It is supposed that if the Japanese advanced technologies with reliability, stable supply of fuel and environmental friendly features which enhances the competitiveness is fairly evaluated, the project by Japanese companies would be more successfully promoted.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る