成果報告書詳細
管理番号20140000000748
タイトル平成25年度成果報告書「国際エネルギー消費効率化等技術・システム実証事業 基礎事業 石炭高効率利用システム案件等形成調査事業 ハンガリーボルソド地区における石炭ガス化プロジェクトの案件発掘調査
公開日2014/12/27
報告書年度2013 - 2013
委託先名一般財団法人日本エネルギー経済研究所 三菱商事株式会社
プロジェクト番号P93050
部署名環境部
和文要約件名:平成25年度成果報告書 国際エネルギー消費効率化等技術・システム実証事業 基礎事業 石炭高効率利用システム案件等形成調査事業 ハンガリーボルソド地区における石炭ガス化プロジェクトの案件発掘調査

本調査(プレF/S)では、ハンガリーが推し進めているボルソド地区での石炭ガス化プロジェクトの実現可能性を評価した。その結果、いくつかの課題をクリアすれば、本プロジェクトは実現が可能であると判断された。今後は、抽出された課題の検討、事業の実現に向けた体制作り、プラントの概念設計(本調査では初歩的概念設計)とコスト試算、最終製品の市場調査、および経済性評価など事業の実現に向け詳細調査(F/S)を行う必要がある。なお、本年度の調査結果は、以下のとおりである。

石炭ガス化による最終製品:第1回現地調査にて、ハンガリー側と協議した結果、代替天然ガス(SNG)、メタノール、アンモニアの3つの最終製品について検討することとなった。

予備的概念設計:SNG、メタノール、アンモニアの3プラントについて予備的概念設計を行い、In-houseデータをもとに概略の建設費と運転費を算出した。
SNGプラント:生産規模: 52,800 Nm3/hour, CAPEX: 684 million USD, OPEX: 105 million USD/year, 原料炭費: 67 million USD/year, プラント保守費: 2% of CAPEX
メタノールプラント:生産規模: 2,000 ton/day, CAPEX: 888 million USD, OPEX: 104 million USD/year, 原料炭費: 67 million USD/year, プラント保守費: 2% of CAPEX
アンモニアプラント:生産規模: 2,000 ton/day, CAPEX: 1,300 million USD, OPEX: 57 million USD/year, 原料炭費: 64 million USD/year, プラント保守費: 2% of CAPEX

経済性評価:SNG、メタノール、アンモニアの3プラントについて内部収益率(IRR)を算出し、CAPEX、OPEX、石炭価格の値を変化させることにより感度分析を行った。IRRはSNGが3.8%、メタノールが8.1%、アンモニアが7.6%となったが、感度分析の結果、コスト削減により経済的に成り立つ可能性があると判断された。
コスト削減に大きく寄与する方策としては、(1)ハンガリー政府による補助金や減税などの優遇処置、(2)自家発電の利用が挙げられる。一方で、経済性を悪化させる可能性のある項目としては、(1)石炭価格、(2)最終製品価格が挙げられ、これらについては今後の調査において再検討が必要となる。

本年度調査で決定された事項:
 建設地点:Ozd市に位置する市所有の工業団地(27ha)に決定。
 最終製品:メタノールに決定。

今後の課題: 本事業を進めていく上での課題として、以下の項目が挙げられる。
(1)経済性の向上
(2)事業体制の確立と資金調達方式
(3)ファイナンス
(4)国家プロジェクトとしての認知
(5)プラント規模の再検討
(6)石炭ガス化事業実施のための法規制とCO2排出規制の整備、他
英文要約Title: Project Finding Research in the Project Formation Research Scheme Study on Coal Gasification Project in the Borsod District of Hungary FY2013
This investigation (Pre F/S) evaluated the feasibility of the Borsod region coal gasification project being promoted by Hungary. As a result,this Pre F/S evaluated the feasibility of the Borsod region coal gasification project being promoted by Hungary. As a result, it was determined that implementation of this project is possible providing several issues are cleared. Detailed F/S must be carried out in connection to project implementation in terms of examining the resulting issues, creating a project implementation structure, concept planning (this investigation included elementary concept planning) and cost calculations for plants, market research for end products, and economic evaluations, etc. The results of the investigation in this FY are below.
[End product from coal gasification] As a result of discussions with Hungary in the first field survey, the three end products for consideration are Substitute Natural Gas (SNG), methanol and ammonia.
[Preliminary concept planning] Preliminary concept planning was carried out for the SNG, methanol and ammonia plants, and a summary of capital expenditure and operational expenditure was calculated using in-house data. The result is as follow;
SNG plant: Production capacity: 52,800 Nm3/hour, CAPEX: 684 million USD, OPEX: 105 million USD/year, Coal cost: 67 million USD/year, Maintenance cost: 2% of CAPEX
Methanol plant: Production capacity: 2,000 ton/day, CAPEX: 888 million USD, OPEX: 104 million USD/year, Coal cost: 67 million USD/year, Maintenance cost: 2% of CAPEX
Ammonia plant: Production capacity: 2,000 ton/day, CAPEX: 1,300 million USD, OPEX: 57 million USD/year, Coal cost: 64 million USD/year, Maintenance cost: 2% of CAPEX
[Economic evaluation] The IRR for the SNG, methanol and ammonia plants was calculated, and a sensitivity analysis was conducted by altering the values of CAPEX, OPEX and the coal price. The IRR for SNG is 3.8%, 8.1% for methanol, and 7.6% for ammonia. However, the results of a sensitivity analysis show that reducing costs will make the project more economical.
The major factors that contribute to cost reduction are preferential treatment from the Hungarian government in terms of subsidiary aid and tax reductions, etc., These issues must be re-examined at a later time.
[Items decided in the investigation in this FY] Construction site: city-owned industrial park (27ha) in Ozd city. End product: methanol
[Future issues] The issues for the progress of this project are as follow.
(1)Economic improvements (2)Establishing a project structure and planning fundraising (3)Finance (4)Recognition as national project (5)Review of plant scale(6)Consolidation of the laws and regulations, and CO2 emission regulations in order to implement coal gasification project, etc.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る