成果報告書詳細
管理番号20140000000768
タイトル平成25年度成果報告書 「国際エネルギー消費効率化等技術・システム実証事業 基礎事業 石炭高効率利用システム案件等形成調査事業 インドネシアにおける低品位炭高効率利用石炭火力発電所プロジェクトの案件形成調査」
公開日2014/12/6
報告書年度2013 - 2013
委託先名住友重機械工業株式会社
プロジェクト番号P93050
部署名環境部
和文要約件名:平成25年度成果報告書 国際エネルギー消費効率化等技術・システム実証事業 基礎事業 石炭高効率利用システム案件等形成調査事業「インドネシアにおける低品位炭高効率利用石炭火力発電所プロジェクトの案件形成調査」

1.調査概要
本調査はインドネシアにおいてCirculating Fluidized Bed (CFB)ボイラを用いた低品位炭活用山元発電事業を行うための適切な設備、規模、方法、事業の成立性、事業スキーム、ファイナンススキーム等について調査、検証を行い、具体的な事業計画を策定することを目的とする。昨年度の発掘調査にて、インドネシアにおけるエネルギー事情、電力政策及び環境政策を調査、現状の低品位炭利用状況を把握すると共に候補地となる炭鉱を選定、概念設計を実施、技術的課題解決のため当社保有のCFBボイラ燃焼試験機により燃焼試験を行い、技術的に問題が無い事を実証した。本年度は、プロジェクトの具体化に向け、現地サイト調査、輸送調査、地質調査を実施し最も現実性の高い発電設備を検討し早期のプロジェクト形成を目指すものとする。現地サイトでの調査結果に基づき発電所建設のコスト算出、事業スキーム及びファイナンススキーム検討を行い、本事業の経済的評価と普及に向けた課題の検討を行った。

2.調査の背景
 平成24年度低品位炭の有効利用に向けての案件発掘調査を実施し、輸送等の不都合さより山元発電での有効利用が望ましい石炭の選定及び燃焼試験を実施し、循環流動層ボイラ技術を利用することで低品炭利用の面、現インドネシア保有の技術からの効率改善によるCO2削減効果を含め、発電設備を構築する基本要素に関し、技術的な問題(安定燃焼)の解決及び経済性、社会貢献性が確認された。
一方で、山元発電には冷却水条件、輸送制限、炭鉱開発状況他多くのサイト依存性の高い制約条件が考えられるため、本年度は、1つの代表地点として選出したRiau州の炭鉱における設計条件を調査、反映し、より実現度の高いFSを実施した。

3.プロジェクト実現性調査
プロジェクトの具体化の為、立地条件調査として(1)現地調査(2)プラント冷却水の為の河川調査(3)炭鉱調査(4)系統接続調査及び(5)気象条件調査を行った。更に、(6)ボーリング及び試料のサンプリングによる地質調査と(7)発電所の主要機器の陸上・水上輸送方法の検討の為、輸送調査を実施した。調査の結果、建設予定地は発電所建設に適しており問題は無いが、現在のインフラ状況下での建設を前提とすると、陸路では道路の重量制限、水路では季節による河川水量の変動、橋梁・電線などによる経路上の障害の為、発電所規模は制約がある事が明白となった。
 しかしながら、炭鉱所有の石炭会社は、本石炭の有効利用ができておらず山元発電事業に高い興味を示している。また、本FSサイト以外の条件の似た低品位炭利用のプロジェクトの需要も高い事が明確となった。

4.発電設備の概念設計及び経済性評価
調査に基づく設計条件を元に、発電設備の設備仕様、配置計画、環境改善効果、事業費用を策定した。現在インドネシアで普及している他国製の低価格な発電所との事業採算の比較を行い、Life Cycle Costにおいて今回提案する日本製CFBボイラ導入の優位性を立証、また、経済性評価にて一定の経済性があり実現可能な事業である事を確認した。有効利用のできていない極低品位炭は、高品位炭消費量の削減や未利用炭の利用の意味で非常に価値の高いものであるが、炭鉱設備の充実や拡販による採掘量の増大が見込めないため採堀コストは割高であり、発電所運開当初からの高い経済性は期待できず、高信頼性(高稼働率)、高効率設備の導入をする必要があることが判明した。
英文要約Title: International Projects for Increasing the Efficient Use of Energy Project Formation Research on High-efficiency Clean Coal Technology.
Feasibility Study on Circulating Bed Boiler (CFB) Power Plants in Indonesia」FY2013 Final Report

1:Summary of the research
This research aims to find out the project potentials of mine mouth power plants utilizing low rank coal with CFB technology in Indonesia. The approach of investigation includes appropriate facilities research, capacity consideration, project methods and economic evaluation. Last year, a specific conceptual design was made after an actual combustion test using the SHI pilot test facility with real coal from the candidate site selected. This was conducted after research of the current Indonesian energy situation, government policy concerning the power and energy sectors, environmental policy and the situation of low rank coal usage had taken place. This year, to make the most realistic power plant concept and project, life cycle cost economic evaluation, financial scheme study and costing was conducted after the research based on site survey, geological survey and transportation survey had been completed.

2:Background of the research
The project formation report in 2012, which involved research in utilizing low grade coal, demonstrated that the unstable coal combustion problem and the inefficient plant economy can been solved or improved by utilizing CFB technology. This contributes to the usage of low grade coal and improvement of plant efficiency, resulting in the reduction of CO2 which is achieved using existing skills and technology in Indonesia by carrying out site selection for the most suitable coal for mine mouth project and the combustion test.
On the other hand, higher site related restrictions are foreseen for mine mouth projects. These include cooling water availability, transportation limitation and mine development status. This year, a more practical feasibility study was conducted reflecting the design condition survey at the selected candidate site in Riau Province.

3:Project Feasibility Survey
A site Survey, river survey for cooling water, coal mine Survey, grid connection study and a meteorological Survey were conducted to materialize the project. Furthermore, soil sampling and test for geological survey, land and water transportation survey for main equipment transportability study were also carried out. It became clear that the current site was suitable for building the power plant with no barrier. However, considering building a power plant under the current infrastructure conditions will result in plant size limitation which results from the seasonal fluctuation of river flow affected by the rain fall, bstacles and difficulties during transportation.

4:Economic Evaluation and Plant Conceptual Design
Design, specification and layout of the power plant, environmental impact assessment and investment cost calculations were made based on the design condition obtained from the research.
A business profitability comparison with the low-cost power plants in Indonesia shows that there are comparative advantages to the Japanese CFB power plant when life cycle costs are taken into account. Furthermore, the proposed Japanese CFB power plant was evaluated as being economically feasible.
The study showed that even the utilization of very low rank coal can have a big impact to the reduction in the use of high grade coal and contribute to the usage of unused resources. Without direct coal selling it is difficult to realize high economic performance from the beginning as the coal production cost becomes higher due to low productivity of the mine without sufficient facilities or investment. Accordingly, a reliable, high performance and efficient plant is required.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る