成果報告書詳細
管理番号20140000000772
タイトル平成24年度成果報告書 新エネルギーベンチャー技術革新事業 新エネルギーベンチャー技術革新事業のビジネスマッチング等の実施
公開日2014/12/17
報告書年度2012 - 2012
委託先名株式会社工業市場研究所
プロジェクト番号P10020
部署名イノベーション推進部
和文要約件名:平成24年度成果報告書 新エネルギーベンチャー技術革新事業 新エネルギーベンチャー技術革新事業のビジネスマッチング等の実施

1.効果的なビジネスマッチングの企画・実施と効果検証 「新エネルギーベンチャー技術革新事業」を終了した11事業者(マッチング会発表事業者5社、非参加事業者6社)を対象として、開発ステージ、対象製品・技術の特長・既存品との比較、当該事業の課題に対する認識状況、マッチング会への要望、財務状況、ビジネスプランなどを各社の資料・ヒアリング(内部環境調査)により把握した。その後、内部環境調査を基に、各事業者の潜在ユーザー企業や先行企業に当該事業の製品・技術のニーズ、市場性をヒアリング(外部環境調査)するとともに、ビジネスプランの妥当性の検証を行った。また、マッチング会発表事業者の製品・技術に関しては、マッチングの対象となる事業者(以下:マッチング対象者)の検証・掘り起しを行った。マッチング対象者の検証・掘り起しは、各マッチング会発表事業者の状況やニーズに合わせて行った。次に検証・掘り起しを行った事業者に対して電話、電子メールによる個別連絡により告知・集客を行った。また、Web、メルマガ、広告媒体を利用してマッチング会の告知・集客を行った。マッチング会に向けた準備としては、各マッチング会発表事業者を対象に勉強会を2回実施した。1回目の勉強会は、内部環境分析・外部環境分析の結果を基に、事業計画の精査、マッチング候補先の視点に合った発表内容とプレゼンテーション資料作成に向けた検討・準備を行った。2回目の勉強会では、マッチング会発表事業者が作成したプレゼンテーション用資料の確認とプレゼンテーションの練習を個別に実施し、外部アドバイザーを含めて内容の精査を行った。マッチング会は平成25年2月20日にTKP東京八重洲カンファレンスセンターで実施し、事業会社やベンチャーキャピタルを中心に約90名を集客した。マッチング会では、プレゼンテーション会場、展示交流会スペース、個別面談スペースを設けてマッチング対象者との接点を増やした。また、来場者アンケートを実施した。マッチング会終了後に、マッチング会発表事業者へのヒアリング及び、マッチング会で実施した来場者へのアンケートにより、マッチング会の成果(マッチング会終了後の状況)、事業化状況とマッチング確度の関係を分析し、今後のビジネスマッチングのあり方を提言した。事業化状況については、同一評価軸で整理し、定量的・定性的に分析を行った。マッチング会の具体的な成果としては、大手メーカーとの共同開発協議、マッチング会発表企業の製品購入検討・製造委託検討、大手メーカーからの部材提供検討があげられた。 2.平成23年度ビジネスマッチングのフォローアップ 平成23年度のビジネスマッチング会の発表6事業者について、その後、マッチングの効果がどのように現れたかを、ヒアリングにより把握した。マッチング会の具体的な成果としては、マッチング会で個別面談を行った企業と、その後も定期的に共同開発による事業化に向けた検討会の実施や、業務協定に向けた検討、サンプル供給を行ったといった成果があげられた。
英文要約Subject: Accomplishment Report of Fiscal Year 2012. New Energy Venture Business Technology Innovation Program / Implementation of business matching, etc. under New Energy Venture Business Technology Innovation Program

1. Planning and implementation of the effective business matching and verification of effects. The information on 11 companies (five attended business matching meeting and six didn’t) that have completed “New Energy Venture Business Technology Innovation Program”was obtained through interviews (internal environment research) and other means. The information includes the development stage, features of products and technologies targeted, comparison with existing products, perceptions of challenges facing this program, requests for business matching meeting, financial situations, and business plans. Based on internal environment research, interviews (external environment research) with potential users and pioneers of each company were conducted to understand the needs for products and technologies under this program as well as their marketability. Also, adequacy of business plans was verified. In addition, concerning products and technologies of the companies that attended business matching meeting, target companies for business matching (hereafter “target companies”) were examined and cultivated. Target companies were examined and cultivated in accordance with the situations and needs of the companies that attended business matching meeting. Each target company was individually contacted by telephone and email for information on the meeting and was encouraged to attend. In order to attract a large attendance, information on business matching meeting was disseminated through website, mail magazine, and advertising medium. As preparation for business matching meeting, two study sessions were held for each presenting company. Based on findings from internal and external environment researches, the first study session involved the inspection of business plan as well as the discussion and preparation for the presentation and presentation materials that meet the needs of potential partners. The second study session involved the verification of presentation material prepared by each participating company and the practice of presentation, which were reviewed by related people and external advisors. The business matching meeting was held at TKP Tokyo Yaesu conference center on February 20, 2013 with the attendance of around 90 people mainly from business and venture capital companies. At the meeting, a venue for presentation, area for exhibition/networking, and space for individual interviews were prepared in order to increase the opportunities to talk with target companies. In addition, a questionnaire survey was conducted. Following the business matching meeting, the outcomes of the meeting (situation after the meeting) as well as the relation between status of business development and matching accuracy were analyzed through interviews with
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る