成果報告書詳細
管理番号20140000000791
タイトル平成23年度-平成24年度成果報告書 SBIR技術革新事業 「ICタグに検体の圧縮特徴量の紐付けした検体管理システムの開発」
公開日2014/12/6
報告書年度2011 - 2012
委託先名有限会社パパラボ 国立大学法人静岡大学
プロジェクト番号P08015
部署名イノベーション推進部
和文要約件名:平成23年度-平成24年度成果報告書 SBIR技術革新事業 「ICタグに検体の圧縮特徴量の紐付けした検体管理システムの開発」

F/SでのICタグの試験結果:薬品については、アルコール、ホルマリンで30分浸した後の通信テストを終了。テスト個数はそれぞれ50個づつを繰り返し3回づつ。結果は、100%正常に通信したことを確認。ICタグをアンテナの遠くから近づけていき、読み取った距離を測定した。 現時点での50個の平均最大通信距離は150mmである。現在のICタグチップの寸法は、3.2x1.6x0.7mmと小さいため、これに取り付けるアンテナサイズが全体サイズを決定する。現行では、シルク印刷技術で、ローコストかつ小型アンテナが形成できるため、R&Dでの達成は可能と判断する。本ICタグがUHF帯を利用(860MHz-960MHz)するため、指向性が高いため、他の装置との干渉性に低いシステムの構築が可能と判断している。溶解したパラフィン中にテスト用ICタグを浸し、これが固まったのちに、通信テストを行った。結果としては、100%の読み取りが確認できた。アルコールやホルマリン溶液にICタグをつけたままのテストであっても、20mmの距離では、50個のサンプルを3回行っても、通信エラーは生じなかった。SRLを初めとする、臨床検査センターの既存システムの構築ならびに保守を担当している会社からの協力ガ得られることになっているため、本試験システムを通常の業務システムと平行して実施する試験サイトの設立ならびに試験運用についても、遂行することが充分可能である。画像取り込み機能付きICタグ:検体瓶へのICタグ情報の書込と画像特徴量情報を同時に書き込むため、本試作では重要な試作装置だが、、カメラを3方向から同時に検体を取り込み、この情報をコンピュータ側で画像特徴量に変換して、ICタグに書き込むICタグリーダーライターを開発した。ビジネス展開:本試作の市場を考えた場合、委託する側については、全国8万カ所の病院があるが、これらの病院への販売価格を極力減らす戦略をとることは、プリンター販売と同様の方法である。 ここでの製品化は、大手メーカの大量販売、保守のノウハウを利用させてもらい、ローコスト製品を多くの病院に導入する戦略がふさわしい。また、病理検査を受託する側は、主には臨床検査センターが主な市場となりますが、導入するハードウェアが多く、それぞれの検査センターでのデータ管理やメインコンピュータシステムに独自性があるので導入には時間がかかるが、極め細かなサービスは、中小でも大手に食い込むことができる可能性がある。画像一致度による自己、非自己認識率の実検体画像による実験ならびに評価:照合結果 改良した画像特徴量Edge Relation Histogramを用いて,検体画像130枚(65種類)に対して照合実験を行った.類似度算出には,ユークリッド距離とヒストグラムインターセクション法を検討した結果,ヒストグラムインターセクション法を用いた.照合には,類似度の閾値を0.4-0.5にすることが適切であるという結果を得た.識別結果:病理検査の現場では,20から40個の検体が同時に処理されるため,その中で識別ができれば,取り違えを防ぐことができる.そこで,検体65種類から無作為に抽出した15,20,25,30,35,40,45,50,55,60,65個の検体に対しての識別結果を図3に示す.図3より,検体数20個であれば,95%と高精度に識別できていることが確認できる。
英文要約Title:Technology Innovation Program for Small Business Innovation Research / Development of a pathology specimen management system based on compressed individual characteristics using IC-tags (FY2011-FY2012) Final Report

Test results of the IC tag in the F / S A: Durability Test For chemical test, we used formaldehyde for IC tag’s chemical test, and we perform communication check after 30 minutes after immersion in formaldehyde. The amount of tested IC tags used was 50 and each was tested 3 times. The results prove that we have 100% successful communication.B: IC tag’s R/W distance Test IC tag reading distance was measured. The average maximum communication distance of 50 IC tag samples is 150mm at present stage.C: Dimensions of RFID Current dimensions of the IC tag chip are 3.2x1.6x0.7mm. The size is further increased by the size of the antenna. Silk printing technology allows for low cost, small-sized antenna. The target specification will be known at the end of the R & D stage.D: Resistance to the Radiation Interference IC tag is using (860MHz ~ 960MHz) band UHF and is characterized by relatively narrow directional sensitivity. Therefore, the system should not interfere with other medical equipment.E: R/W function in paraffin Tested IC tag has been put in melted paraffin and solidified. Communication test proved 100% successful.F: Communication test in chemical 50 IC tags have been put in alcohol or formaldehyde solution. At distance of 20mm and for 3 communication tests for each, an error did not occur.G: Cooperation with existing systems Currently important medical data handling is carried-out by barcodes and paper documentation mostly. The IC-tag system would simplify the critical data handling throughout the medical inspection process. The accuracy and removal of common errors is easy to implement with the IC tag system. The ability to check if a sample belongs to a given patient at any stage of the process is the great advantage of the IC tag system. It allows for faster processing of the samples with more immunity to mistakes. An IC tag reader-writer system has been developed which features 3 digital cameras spaced 120 deg around the bottle sample. It allows for simultaneous acquisition of images of the sample by PC. The images are compressed with other identification data and stored to the IC-tag. The pathological examination is carried out between hospitals and inspection centers. As there are around 80000 hospitals nation-wide, there is a space for small companies with know-how and experience in design and software. There is a demand on the market for medical pathology inspection systems. Therefore, the innovative thinking and the knowledge of creating medical inspection systems based on a chain of highly specialized components such as IC-tag system can be a successful business with a benefit for the society.Experiment to apply the Edge Relation Histogram:To confirm the validity of this improved Edge Relation Histogram, we performed identification examination with respect to 130 images from pathology specimen. It is enough to identify for 20 to 40 specimens, because the specimen from 20 to 40 is handled at the same time in the cite of the pathological examination. Therefore, identification examination is performed for randomly selected 15, 20, 25, 30, 35, 40, 45, 50, 55, 60, 65 from 65 specimens. The results of the experiments confirmed that the identification rate was 95% when the number of specimens was 20.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る