成果報告書詳細
管理番号20140000000802
タイトル平成20年度-平成26年度成果報告書 国際エネルギー消費効率化等技術・システム実証事業 (国際エネルギー使用合理化等対策事業) 国際エネルギー消費効率化等モデル事業 焼結クーラー排熱回収設備モデル事業
公開日2014/12/27
報告書年度2008 - 2014
委託先名スチールプランテック株式会社
プロジェクト番号P93050
部署名省エネルギー部
和文要約件名:平成20年度-平成26年度成果報告書 国際エネルギー消費効率化等技術・システム実証事業 (国際エネルギー使用合理化等対策事業) 国際エネルギー消費効率化等モデル事業 「焼結クーラー排熱回収設備モデル事業」

インドは依然著しい経済成長を続け、それに伴うエネルギー消費量の増大、環境問題が喫緊の課題となっている。エネルギー消費全体の約4割を工業部門が占め、その中でも鉄鋼業は最大のエネルギー消費分野である。インド鉄鋼省の2005年の国家鉄鋼政策では、国内粗鋼生産量を2004年度の3,800万t/年から2019年度には、1.1億t/年へと、大幅に引き上げる計画である。このインドにおける代表的なエネルギー多消費産業であり、かつ、今後の粗鋼生産量の大幅増加が見込まれる鉄鋼業界での省エネルギー対策は非常に重要である。このような状況のもと、インドにおける「焼結クーラー排熱回収設備モデル事業」の実施の可能性と有効性の調査を実施し、本技術が有効であるとの結果を持って、モデル事業の実施に至った。本技術は、製鉄所の焼結機下流の焼結クーラーに設置された省エネルギー設備である。焼結機からの焼結鉱の温度は600-800 ℃であり、焼結クーラーにおいて100 ℃程度まで空気にて冷却される。冷却空気は、焼結クーラーで焼結鉱の顕熱を吸収して100-500℃の排ガスとなる。従来はこれらの排ガスの大部分は、大気へと放散されていた。本技術は、この焼結クーラーからの高温の排ガスを回収する。焼結クーラーから回収された高温の排ガスは排熱ボイラーへ送られ過熱蒸気を生成し、その蒸気をタービン・発電機にて発電を行うものである。更に、排熱ボイラーにて温度の下がった排ガスを再び冷却空気として循環使用するクローズドサイクルとすることで、排ガス中のダストを大気へ放散することがないため、大気汚染防止にも貢献できる技術である。実施サイトは、インド鉄鋼省とも調整の上、アンドラ・プラディッシュ州にあるインドの国営製鉄会社であるRINL (Rashtriya Ispat Nigam Limited)社Visakhapatnam Steel Plant(通称Vizag 製鉄所)を選定した。本製鉄所にある2基の焼結設備の焼結クーラーを対象に、本技術は導入された。2008年度からモデル事業が開始され、2014年7月に性能確認試験と実証運転を実施し、計画の20.6 MWの発電能力を有していることが確認された。これにより、年間約34,000トン相当の原油の使用量削減と、年間約104,000トンの温室効果ガスの排出削減が期待される。また、普及活動の一環として、2014年7月30日にRINL社Vizag製鉄所において、竣工式及び普及セミナーが、NEDO植田理事、SPCO梅澤代表取締役、インド鉄鋼省ジー・モハン クマール次官、RINL社マドゥスーダン社長を始め200名を超える多くのインド鉄鋼会社や関係者を集め盛大に行われた。
英文要約Title : International Project for Increasing the Efficient Use of Energy and System Demonstration Project (International Project for Increasing the Efficient Use of Energy), International Model Project for Increasing the Efficient Use of Energy, and Model Project for Sinter Cooler Waste Heat Recovery (India) (FY2008-FY2014) Final Report

In India, the economic growth has been still remarkable and accordingly the energy consumption has been rapidly increased, and the environmental problems have swelled bigger as well. The iron and steel industry is a major energy-consumption industry. According to the National Steel Policy issued by the Ministry of Steel in India in 2005, it is planned that the crude steel production reaches to 110 million tons in FY2019 from 38 million tons in FY2004. Therefore, it is very important to promote an energy saving in the iron and steel industry.

Under such circumstance, it was decided to apply and demonstrate energy efficient technology of Sinter Cooler Waste Heat Recovery System as a Model project in India, after feasibility studies. This system is an excellent energy saving technology which is installed in downstream of the Sinter machine in Iron & steel making plant. The sintered ore of high temperature of 600 to 800 degree-C which is fed from the Sinter machine is cooled to about 100 degree-C by cooling air at the Sinter cooler. The cooling air becomes the hot air of 100 to 500 degree-C by the sensible heat of sintered ore at the cooler, in which the hot air is generally discharged to the atmosphere in the conventional process. However, this system recovers sensible heat from hot air at the Sinter cooler. The hot air from the Sinter cooler is sent to a boiler to generate super-heated steam, which is converted to electricity by a turbine generator. The air cooled at the boiler is returned to the Sinter cooler again to become a closed cycle. This circulation system enhances environmental effects as well.

After adjustment with the Ministry of Steel of Government of India(MOS), the Vizag Steel Plant of RINL, which is owned by the Government of India, was selected as a site implementation firm of the Model project, in where the new technologies of this system were applied and implemented to the existing two Sinter coolers. The Model project was commenced in FY2008, and a final performance test and Demonstration operation took place in July, 2014. And the Model project was deemed to achieve the planned power generating performance of 20.6 MW.

As a result, it will be possible to achieve about 34,000 toe/year(crude heavy oil equivalent) of energy efficiency improvement and about 104,000 ton-CO2/year of greenhouse gas emission reduction.

As the follow-up activity, inauguration ceremony and dissemination seminar were held on July 30th, 2014 at the Vizag Steel Plant. The ceremony and seminar were attended by Mr. G. Mohan Kumar, Secretary of MOS, Mr. Madhusudan, CMD of RINL, Mr. Ueda, Executive Director of NEDO, Mr. Umezawa, Representative Director of SPCO and more than 200 relevant people from the iron and steel industry.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る