成果報告書詳細
管理番号20140000000834
タイトル平成26年度成果報告書 国際エネルギー消費効率化等技術・システム実証事業 普及促進事業/実証要件適合性等調査  『小形風力発電機を活用したオフグリッド携帯電話基地局等への電源供給に関する調査』
公開日2014/12/27
報告書年度2014 - 2014
委託先名ゼファー株式会社
プロジェクト番号P93050
部署名国際部
和文要約世界的な携帯電話の普及によりオフグリッド地域へ設置された携帯電話基地局の増加、新興国における無電化地域の解消を目指す動きなどから、高品質で信頼性の高いオフグリッド電源の需要が年々高まっている。
 本調査では、小形風力発電機を活用したオフグリッド携帯電話基地局等への安定的かつ経済的な電源供給の実証化要件適合性等の評価を行うことを目的とし、オフグリッド地域に偏在する携帯基地局等の社会インフラへの電源供給に関する課題、製品・技術の活用性、普及促進策等に関して調査、分析等を行った。
  調査に向けてはインフラ整備状況や治安等の面も考慮し、先進国ではあるが、2011年までに約2万台の小/中形風力発電機が設置され、その多くがオフグリッド地域への設置となっているイギリスを対象国とした。
 調査項目は以下の通りである。
1) イギリスにおける発電、電力系統、再生可能エネルギー、携帯電話基地局等に関する政策・法規制について調査した。
2) イギリス国内のインフラについて、電力供給、再生可能エネルギーの導入状況、エネルギー消費動向を調査した。また、オフグリッド地域の状況、特に再生可能エネルギーへの取組みについても調査し、北部では特に風力発電の導入に向けた機運が高いことを確認した。通信インフラについても整備状況を調査した。
3) イギリスにおける風況、および日照状況を調査した。北部を中心に風力発電に適する地域が多いこと、また、太陽光・風力を組み合わせた場合の再生可能エネルギーの有効性について確認した。
4) オフグリッド携帯電話基地局向け電源として、小型風力発電を活用した場合の経済性を確認した。
5) 本構想を具現化するために必要な事業パートナー(携帯通信事業者、アンテナタワー会社、基地局機材会社、メンテナンス会社等)について、どのようなプレイヤーが存在し、どのように連携あるいは競業しているのかを調査した。
6) 事業化に向けたプロモーションおよび普及促進策として、一部の事業パートナー候補先に対して本プロジェクトの紹介と取組の意義について説明を行った。
英文要約As mobile telecommunications network coverage is becoming ubiquitous globally, there is an increased need for reliable, high quality power solutions to cater for the growing number of telecommunication base transceiver stations in off-grid locations of developing countries, as they have a lot of work still left to bring un-electrified areas onto the grid.

This research has researched and analyzed the tasks, product and technical applicability and potential promotion strategies to evaluate the feasibility to commercialize reliable and economic power solutions to off-grid mobile telecommunications base transceiver stations and other applications, utilizing small wind turbines.

Considering the state of infrastructures, public security and any conditions for research, United Kingdom was targeted. UK is developed country, however, more than 20,000 units of small/medium size wind turbine has been installed until year 2011, and most of them were for off-grid areas. Thus, it is recognized as suitable country for the research. The following points were researched:
1) Government policies and regulations regarding electricity generation, electric grid and renewables
2) Penetration of grid power connections, renewable energies in the UK infrastructure, and trends on power consumption. Also, the state of areas that require off-grid application was looked at, with an emphasis on looking at ongoing efforts in renewable energy deployments, and confirmed potential opportunities to implement wind power generation in the northern parts of the country. The study has also looked at the state of communication infrastructure.
3) Wind profile and solar irradiation. Areas with high potential for wind power generation were identified mainly around the northern areas of the country, and the potential for combined wind and solar hybrid renewable energy solutions was confirmed for additional areas.
4) The economic viability of small scale wind power generation for powering mobile telecommunication base transceiver stations (BTS) was confirmed.
5) Potential business partners and competitors (mobile telecommunication operators, antennae tower operating companies, equipment manufacturers, maintenance providers, etc) were researched and identified.
6) Introduced this project to and engaged in initial promotion activities regarding the commercialization of this concept with a number of potential partners.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る