成果報告書詳細
管理番号20140000000762
タイトル平成23年度-平成25年度成果報告書 低炭素社会を実現する革新的カーボンナノチューブ複合材料開発プロジェクト(2)
公開日2015/1/31
報告書年度2011 - 2013
委託先名国立大学法人名古屋大学
プロジェクト番号P10024
部署名電子・材料・ナノテクノロジー部
和文要約1.単層CNTの直径・半値幅制御とG/D比向上の検討
炭酸ガスレーザ蒸発法を用いて、単層CNTの直径・半値幅制御とG/D比向上の検討を実施した。直径:2.0nm、半値幅:0.2nm、G/D比:130の特徴を持つ単層CNTの製造条件を確立した。
2.量産化技術検討
単層CNTの量産化技術の確立を目指し、量産化装置設計のための量産化技術検討用装置を設計・製作した。従来装置と比べて、運転時間を10倍増加でき、回収時間を1/5に短縮できることを実証し、量産化装置設計のための情報蓄積ができた。
3.透明導電性材料評価
製造したままの未処理CNTを東レ(株)へ送付し、現在測定を実施した。未処理CNTのシート抵抗値は、透過率 88.5%において、、3 x 104Ω/□ であった。また、シート抵抗測定に使用した試料表面をSEM観察した結果、長さが10μm以上の長さCNTも確認できた。
英文要約1. Investigation of controls of diameter, FWHM and G/D ratio of CNT produced by the CO2 laser method
We investigated controls of diameter, FWHM and G/D ratio of CNT produced by a CO2 laser method. As results, we found the optimum production conditions of CNT having 2.0nm in diameter, 0.2nm at FWHM and 130 of G/D ratio.
2. Designing of a mass-production equipment of CNT
We constructed a production equipment of CNT for mass-production by a CO2 laser method. A operation and a CNT collection time of the new equipment were 10 times longer and 5 times shorter than that of the conventional one, respectively. We obtained much more useful information for designing a mass-production equipment of CNT.
3. Sheet resistance measurement of CNT produced by a CO2 laser method
We measured a sheet resistance of a raw CNT. As a result, sheet resistance of the CNT was 3 x 104Ω/□ at 88.5% of transparence. From SEM observation of the measured sample, we confirmed production of longer CNT over 10 micro meters.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る