成果報告書詳細
管理番号20140000000829
タイトル平成23年度-平成25年度成果報告書 次世代高効率・高品質照明の基盤技術開発/有機EL照明の高効率・高品質化に係る基盤技術開発(2)
公開日2015/1/31
報告書年度2011 - 2013
委託先名コニカミノルタ株式会社
プロジェクト番号P09024
部署名電子・材料・ナノテクノロジー部
和文要約 性能向上を目的とした基盤技術開発では、青色りん光材料の開発、低電圧駆動材料の選定及びデバイス構造の確立、光取り出し技術の検討により、世界最高効率131 lm/W(輝度1,000 cd/m2、半減寿命55,000時間、平均演色評価数82)の白色有機ELデバイスの開発に成功し、Stage2性能目標を達成した。
 重要部材技術開発として、高コスト部材であるITO代替の次世代塗布型透明導電膜を開発し、ITOでは実現不可能な低抵抗化(0.9 Ω/sq.)を達成し、均一発光大面積パネル(134x134 mm)を実証した。また、フレキシブル有機EL照明に不可欠なバリア膜の開発に取り組み、WVTR 10-6 g/m2/day台の高いバリア性と屈曲性の両立を達成し、良好なデバイス保存性を実証した。
 低コストの次世代照明を実現するための生産技術開発は、塗布型ロール・ツー・ロール方式テストプラントで検証した所、高速製膜積層化プロセスにおいて重要課題が抽出され、事業化に直結できないことが明確になった。一方、それ以外の製造プロセス技術においては、次ステップ(成果の活用)に向けた量産プロセスを確立した。
 本事業の成果の活用として、バリア膜作製技術と製造プロセス技術によるフレキシブル有機ELデバイス事業とバリアフィルム事業の可能性を検討した。
英文要約In the fundamental technology development to improve performance, the Stage II performance target was achieved by introducing various technologies including novel blue phosphorescent material technology, suitable optical and electrical device design and powerful light out-coupling technology. All-phosphorescent white OLED with world's highest efficacy of 131 lm/W, half decay lifetime of over 55,000 hrs, color rendering index of 82 was realized at the luminance of 1,000 cd/m2.
Two component technologies were developed in the Stage II. One is new printable electrode for ITO replacement to bring down costs. ITO free printed 0.9 Ω/sq. proprietary transparent conductive electrode enabled 134x134 mm panel fabrication without compromising OLED performance. The other is barrier film, which is integral to realize flexible OLED lighting. The simultaneous pursuit of high barrier property with WVTR of 10-6 g/m2/day range and flexible performance was achieved and good storage stability of OLED devise was demonstrated.
As for production technology to realize next-generation lighting applications with low costs, it became clear that solution-processed roll-to-roll method doesn't lead to the practical use shortly due to the picked out issues in multi-layer coating and drying process. On the other hand, other production process technologies were developed for mass production toward the next step.
The possibilities of flexible OLED device business and barrier film business were considered in terms of the utilization of the fruits of this project.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る