成果報告書詳細
管理番号20140000000841
タイトル平成24年度-平成25年度成果報告書 IT融合による新社会システムの開発・実証プロジェクト (農商工連携分野)農作物収穫予測に基づく食農連携ビジネスを実現するプライベートクラウドマーケットの研究開発
公開日2015/1/31
報告書年度2012 - 2013
委託先名富士通株式会社 株式会社富士通システムズ・イースト 芽室町農業協同組合 カルビーポテト株式会社
プロジェクト番号P12009
部署名電子・材料・ナノテクノロジー部
和文要約件名:平成24年度-平成25年度 成果報告書 IT融合による新社会システムの開発・実証プロジェクト (農商工連携分野) 「農作物収穫予測に基づく食農連携ビジネスを実現するプライベートクラウドマーケットの研究開発」

食料需給ビジネスにおいて、買い手である需要者が求める付加価値の高い作物を、より効率的に生産者が供給(需要者が調達)することを目指し、生産者や需要者の栽培や調達に関連する情報を共有できる基盤「プライベートクラウドマーケット」(以下、PCM)の基本検証を行った。
特に、共有すべき重要な情報として、農作物の生育調査に基づく収穫予測を取り入れ、生産者の栽培管理と需要者の調達管理に活用できようにした。本プロジェクトでは、馬鈴薯栽培を中心に、情報収集・共有のための試作システム開発とシステム導入効果の検証を行った。結論として、生産管理を含む統合的なシステムとして事業化の可能性があることが明確になった。以下に、各テーマの成果について概要を示す。
テーマ1.農作物収穫予測システムの研究開発
収穫予測について、大規模な馬鈴薯栽培を対象に生育モデルと栽培技術の基本検討と現場検証を行い、最終的な運用を踏まえたPCMの一機能としての試作システム開発を行った。収穫予測は、馬鈴薯の生長推移に基づいた方式を採用し、予測精度を向上させるために積算気温による基準値補正を導入した。その結果、特定の条件では、収穫1ヶ月前に規格別収穫量の誤差が±10%以内となり、同方式の有効性が確認できた。この特定の条件とは、高精度全粒播種機を導入した圃場であり、同機の導入が均一栽培に高い効果があることを確認できた。
テーマ2.食農連携システムの研究開発
収穫予測を含む生産者の栽培状況をまとめ需要者と情報を共有するための試作システム開発を行った。特に、複数の生産者の収穫見込み量を集計・表示し、需給調整業務を支援する機能の開発を行った。また、生産者が記録した画像情報を集約・表示する機能を試作し、品質向上等のための営農指導等に活用可能なことを確認できた。
テーマ3.農業生産管理システムの研究開発
収穫予測を含む生産者の栽培状況を情報記録し需要者と共有する情報源となるための試作システム開発を行った。特に、生産者の収穫見込み量を入力する機能、生産者の画像情報を画像技術で自動分類するためのタグ付け技術と公開設定する機能の開発を行い、課題を明確にした。
テーマ4.ビジネスモデルの検証
収穫予測にて生産者と需要者が得られる効果について検討を行った。馬鈴薯栽培においては7月末の時点で8月末の収穫予測を提供した。生産者にとって直接的に対策ができる時期ではなかったが、現状把握と意識向上に効果があることは確認できた。また、需要者にとっては、精度不足で本来行っていた業務を置き換えるにはいたらなかったが、セカンドオピニオンとして利用価値があること、総合的には有効となる可能性を確認できた。
英文要約Title: (FY2012-FY2013) Final Report Fundamental Research and Development for the Private Cloud Market system based on crop prediction

"The Private Cloud Market"(following, PCM) is an information infrastructure for farmers and food suppliers. It aimed the more efficient food supply. PCM can share the growth information of the crops which farmers cultivate and the procurement information of food industry. In this project, we work on construction of the trial PCM system for information sharing in potato cultivation and research of the inspection. In conclusion, we clarified. The PCM service can be provided in case of the integrative system by which it contains production management. The result of each theme is as follows.
Theme 1: Research and development of the crop forecast system
For the harvest forecast, we researched of the crop growth model and the cultivation technique, and feasibility study on the field of large-scale potato cultivation. And we build a trial system of PCM that considered actually operations. The crop forecast that we adopted is based on growth transition, and to improve the forecast accuracy, the forecast parameters were corrected by accumulated temperature. As a result, the error margin of production became within ±10% in a specific condition the harvest one month ago. Therefore, the effectiveness of this method was able to be confirmed. This specific condition is a field where the highly accurate all grain sowing machine was introduced. The introduction of this machine was able to confirm there was a high effect for uniform cultivation.
Theme 2: Research and development of the food agriculture cooperation system
We build a system to coordinate the cultivation situation of farmers, and to share information with consumers. Especially, the amount of the harvest expectation of contract producers was totaled, displayed, and the function to support the supply and demand adjustment business was developed. As a result, the function to consolidate and to display the image information that the producer recorded was able to be made for trial purposes, and to confirm it is possible to use it for the farming guidance etc. for the quality improvement etc.
Theme 3: Research and development of the agricultural production management system
We build a system to become the source of information for the food agriculture cooperation system, and to share the cultivation situation of the producer with consumers. Especially, the function to do the setting of opening to the public as the tagging technology to classify the image information of the function and the producer who input the amount of the producer of the harvest expectation by the imaging technology automatically was developed, and the problem in the business was clarified.
Theme 4: Verification of the PCM business model
The effect that the producer and the customer achieved for the harvest forecast was examined. In the potato cultivation, the harvest forecast at the end of August at the end of July was offered. This information was able to confirm effective in the grasp of the situation and the consideration improvement for the producer. And for the customer, this information was able to confirm useful, effective overall as the second opinion.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る