成果報告書詳細
管理番号20140000000847
タイトル平成24年度-平成25年度成果報告書 ポルトガルにおけるスマート都市構想実現化に向けた基礎調査
公開日2015/1/31
報告書年度2012 - 2013
委託先名株式会社日本総合研究所 株式会社エヌ・ティ・ティ・データ 株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ 三菱重工業株式会社
プロジェクト番号P09018
部署名スマートコミュニティ部
和文要約本調査は、2012年3月に署名されたポルトガル経済雇用省と独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構のLOIに基づき、スマートモビリティ/スマートエナジー分野における開発可能性の検証を通じて、日本とポルトガルの協力事業の実施計画(案)を策定することを目標として実施した。実施企業は株式会社日本総合研究所(代表企業)、株式会社エヌ・ティ・ティ・データ、株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ、三菱重工業株式会社の4社であり、協業事業の初期仮説として、モビリティ分野ではマルチモーダルルートガイダンス、EVフリートマネジメント、グリーンポイント&ペイメント、エネルギー分野ではBEMS、太陽熱冷房、エネルギーとモビリティの融合テーマとして、EVを活用したエネルギーマネジメントを立案し、仮説検証型の調査を実施した。
本調査では、ポルトガル及びリスボン市における視察調査及び現地関係機関とのディスカッションを通じて、ポルトガル及びリスボン市におけるスマート都市開発に関する制度・政策、実証事業を行う体制を把握するとともに、リスボン市におけるエネルギー分野、モビリティ分野の課題分析ならびに今後の都市開発計画の分析に基づき、現地ニーズの有効性を検証した。その結果、エネルギー分野では、欧州2020目標の遵守を目的に、再生可能エネルギー(特に風力、太陽光と比べ導入率が低い太陽熱等)の利用が積極的に検討されていること、電力自由化の進展や再生可能エネルギーの導入に伴い、再生可能エネルギーを優先的に供給する給電指令に対応するための技術や、電力取引所の変動による収益影響を回避し収益を最大化するためのデマンドレスポンス技術のニーズが高いことを明らかにした。またモビリティ分野では、リスボン市中心部への自動車の進入を抑制するためのモーダルシフト及びモーダルシフトを通じたリスボン市内の大気環境の改善、並びに普通充電設備ネットワーク「MOBI.E」の有効活用策に対するニーズが高いことを明らかにした。
他方、現地調査を通じて、リスボン市中心部(BAIXA地区)における各種交通センサやEV車両の不足、運行周期で管理される公共交通機関の存在から、当初仮説であるマルチモーダルルートガイダンス及びEVルートガイダンスを実現するためには多大な投資が必要なことが明らかになった。エネルギー分野においても、欧州の主要企業(Siemens、Sauter、Johnson Controls、Schneider Electric等)がB(E)MS市場を寡占していること、太陽熱冷房については同技術の欧州展開を考える日本側企業がアレンジできなかったことから、初期仮説の修正を行った。その結果、モビリティ分野では1.グリーンポイント&モバイルペイメントシステム及び2.RFIDタグを活用した交通情報の取得に基づくトラフィックシミュレーターの導入によるモーダルシフトを実証事業案として立案した。両者を一体的に実施することで、より効果的にモーダルシフトを実現できる。エネルギー分野では、リアルタイムビッグデータ分析に基づいた需要家毎の電力消費の予測により需要家の自主的な省エネ行動を促進する、ボトムアップ型デマンドレスポンスを実証事業案として立案した。
各実証案の事業化によって、2020年には合計で年間約35万トンのCO2削減効果を見込んでいる。またポルトガル国内における市場規模は、2020年に合計で約170億円を見込んでいる。これら実証事業に要する費用は、日本側の負担額で約18億円、ポルトガル側との負担額を合計すると約26億円である。
英文要約This project started based on the LOI between Ministry of Economy and Employment of Portugal (MEE) and NEDO signed in March 2012. The purpose is to analyze its feasibility and create demonstration plans in the energy and the mobility fields. The project was carried out by 4 companies: The Japan Research Institute, Ltd., Mitsubishi Heavy Industries, Ltd., NTT DOCOMO, Inc., and NTT Data Corporation.
Regarding the original ideas, Multi-modal Route Guidance, EV Fleet Management, and Green Point & Mobile Payment were proposed in mobility field, while in the energy field, BEMS, Solar Assisted Cooling and Energy Management using EV were proposed. At first, the policy and organization for the smart city development were clarified through discussions. The requests from Portugal were validated through the analysis of the current situation of energy and mobility in Lisbon and as a result, the following were clarified. In the energy field the government strongly addressed the implementation of untapped RE (e.g. solar thermal) to go along with “Europe 2020”. Due to the liberalization, electricity marketers face a competitive market, and need to reinforce customer engagement by differentiating service and avoiding negative margins at peak time using demand response. The introduction of RE would let them provide it to customers with priority: In the mobility field, Lisbon needs to achieve modal-shift by decreasing the inflow of vehicles and encouraging people to use public transportation, and to improve air quality in the center of Lisbon. MEE requests that MOBI.E be used in the demonstration.
In the mobility research, it was technically hard to collect enough traffic data in the center of Lisbon due to the lack of traffic sensors (loop-coils, traffic cameras) and public transportation operated without time tables, so Multi-modal Route Guidance was not feasible. Also it was found that EV Fleet Management was not feasible due to the lack of EV. In the energy field, there are major companies such as Sauter and Siemens in the Portugal B(E)MS market, and Japanese technologies were not competitive enough. About Solar Assisted Cooling, no appropriate Japanese companies were identified.
As a result of this study, the original ideas were revised and the following proposed as demonstration projects: 1) Green Point & Mobile Payment, 2) Traffic Simulator based on data collection using RF Tags (These 2 ideas have synergy: one is to motivate people to use public transportation, the other is to reduce the usage of private vehicles), and 3) Advanced Time-based DR & Demand-side Management, a bottom up DR system, which satisfies both utilities’ needs and customer satisfaction at the same time.
By implementing each project as a business, it is estimated that CO2 emissions will be reduced by about 355,000 tons, and the market will grow to 17 billion yen by 2020. The budget of the demonstration projects is estimated at 2.6 bi. yen (1.8 bi. yen for Japan, 0.8 bi. yen for Portugal).
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る