成果報告書詳細
管理番号20120000000618
タイトル平成21年度-平成23年度成果報告書 基礎研究から臨床研究への橋渡し促進技術開発 橋渡し促進技術開発 アルツハイマー病の根本治療を目指した新規治療法の研究開発
公開日2015/3/5
報告書年度2009 - 2011
委託先名三菱化学メディエンス株式会社 国立大学法人京都大学 財団法人先端医療振興財団
プロジェクト番号P07022
部署名バイオテクノロジー・医療技術部
和文要約件名:平成21年度-平成23年度成果報告書 アルツハイマー病の根本治療を目指した新規治療法の研究開発
アルツハイマー病は認知症の6割を占め、現在、国内に200万人、世界では3000万人を超える患者がいるが、これまで有効な治療法は存在しない。従来の治療戦略の問題点は、患者脳内にある多様なβアミロイド(Aβ)の凝集体の何が原因物質かを特定せずに、Aβを除去する療法(Aβシクレターゼ阻害剤やブロードな反応性を持つ抗体による療法)を開発してきたことであり、これらは残念ながらいずれも安全面で大きな問題があることが治験で明らかになってきた。これを解決するには原因物質を特定した新たな治療法の開発が必要である。我々は、世界で初めて原因物質と考えられるアミロスフェロイド(amylospheroid; 以降ASPD)を患者脳から単離することに成功した(Noguchi et al. JBC 2009)
英文要約Title:Research aiming the development of new rational therapies for Alzheimer's disease
(FY2009-FY2011) Final Report
Currently, Alzheimer's disease (AD) causes about 60 % of dementia, which affects two million people in our country and thirty million more in worldwide, yet there exists no effective treatment so far.
One of the problems with conventional treatment strategies is, although the patients’ brains contain various assemblies derived from amyloid β-protein (Aβ), that Aβ treatments to remove Aβ have been developed without clarifying which type of Aβ assemblies indeed serves as a toxin that causes
neurodegeneration in AD brains. Unfortunately, results of most clinical trials of these therapies showed safety issues. In this situation, we consider that new treatments need to be developed based on a better understanding of the causative agent. We therefore isolated the toxic agents from the
brains of AD patients, which we termed amylospheroids (ASPDs) (Noguchi et al. JBC 2009).
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る