成果報告書詳細
管理番号20130000000522
タイトル平成24年度成果報告書 極細径複合型光ファイバによる生体情報計測システムの研究開発・実証 「環境・医療分野の国際研究開発・実証プロジェクト シンガポールにおける国際共同研究開発・実証事業 極細径複合型光ファイバによる生体情報計測システムの研究開発・実証」(共栄エンジニアリング株式会社)
公開日2015/3/10
報告書年度2012 - 2012
委託先名共栄エンジニアリング株式会社
プロジェクト番号P12007
部署名バイオテクノロジー・医療技術部
和文要約件名:平成24年度成果報告書 極細径複合型光ファイバによる生体情報計測システムの研究開発・実証  環境・医療分野の国際研究開発・実証プロジェクト シンガポールにおける国際共同研究開発・実証事業 極細径複合型光ファイバによる生体情報計測システムの研究開発・実証
(カップリング装置各部材の調査および評価)
シンガポールNRF(National Research Foundation)が求める基礎研究と共同研究に供されるカップリング装置について、現状の開発用試作機に使用されている各部材の調査および評価を実施した。今後の基礎研究および共同研究に向け、カップリング装置の開発・製造が必要となるが、現在の開発用カップリング装置の各部材は、試作機であることから、主な部材については汎用部材が使用されており、部品によっては、性能や精度、製造コストの面で、改善が図れる可能性が高いと考えられる。これらの部材に対して、材質や精度、機能等に関する調査を実施し、その結果を基に評価を行い、今後の研究開発に向けた性能・コスト面の改善を図るために部品製作の可能性について検討した。
英文要約Title: International Cooperative R&D and Demonstration Project in Singapore About Ultra-fine composite-type optical fiberscope & MRI combined system to detect functions of living body
 
We experimentally produce the coupling machine provided for the basic research and joint research which Singapore NRF (National Research Foundation) requires. We researched and evaluated each component used in the present trial machine for development. It is necessary to develop and produce the coupling equipment for the future basic research and joint research. We utilize generally used component for present coupling equipment for development, because it is a trial machine. But it is possible for us to improve some parts in respect of performance, accuracy, and a manufacturing cost. We researched the quality, accuracy, and function of these components. And then we evaluated them based on the results, and investigated the possibility to produce parts to improve performance and cost.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る