成果報告書詳細
管理番号20140000000191
タイトル平成23年度-平成25年度成果報告書「環境・医療分野の国際研究開発・実証プロジェクト/アジアにおける先進的な資源循環システム/国際研究開発・実証先進的自動車リサイクルシステム」
公開日2015/3/31
報告書年度2011 - 2013
委託先名豊田通商株式会社
プロジェクト番号P11010
部署名環境部
和文要約中国は世界最大の自動車市場であり、将来的な廃車台数の爆発的増加が予想される。一方で、中国の使用済み自動車(ELV: End of Life Vehicle )リサイクルの現状を見ると、環境保護局が交付する認証資格を保有しない解体業者が多数存在し、その多くが環境関連法を無視した解体業務などの違法行為を行っているため、フロンの大気放出、廃液による土壌汚染等の環境問題が発生している。また、解体業者の大半は手作業を中心とした解体を行っており、平均的な従業員一人当たりの乗用車の解体台数は 2台/日程度と生産性が極めて低く、今後の廃車台数増加に対応するためには生産性の向上が不可欠となっている。
 本実証事業では、上記のような背景・課題認識を踏まえ、中国北京市においてELV解体事業を実施し、そのリサイクル率や生産性、環境負荷の低減効果等を検証することで「中国式新ELV解体手法」を開発すること目的とする。
 実証事業はELV廃油廃液回収装置、反転機付フォークリフト、ニブラ、ギロチンプレス、マグネット重機、タイヤ破砕機、プラスチック破砕機、銅ナゲット機、フロン破壊機等の機器を導入し、日本式のELV解体手法をベースに、(1)ELVのリサイクル率95%以上の達成を検証、(2)乗用車処理台数50台/日の達成を検証、(3)パーツリサイクルによる付加価値向上金額の検証とシステムの検討、(4)本事業における環境負荷低減効果の測定の4つの点の検証を行った。
 (1)ELVのリサイクル率については、工場発生残渣を含む場合のリサイクル率は85%、工場発生残渣を含まない場合は91%であり、NEDOが基本計画で設定した目標値であるマテリアルリサイクル率80%を達成することができた。
 (2)乗用車処理台数については、解体処理工程の主な5工程について1日あたりの処理台数を検証した結果、「廃油・廃液抜取」が16台/チーム、「前処理工程」が13台/チーム、「後処理工程」が17台/チーム、「ニブラ工程」が22台、「プレス加工工程」が111台であり、50台処理達成に必要なチーム体制を整えることで50台の達成は可能であることを確認した。
 (3)パーツリサイクルによる付加価値向上金額の検証とシステムの検討については、在庫管理システムを導入し、入庫したELV及び回収したリユース部品の登録を開始した。付加価値向上金額については、回収したELVの年式が古いものが多かったことに加えて、5大部品の販売解禁に至っていないため、十分な検証に至っていない。
 (4)本事業における環境負荷低減効果については、フロン破壊機の導入により約6,590kgCO2/台、タイヤ破壊機の導入により約3kg-CO2/台のCO2の削減が見込まれた。また、被覆銅線を自社加工することで野焼きが回避され、大気中へ放出される多環芳香族炭素水素等が減少し、また、ラジエータ冷却水の回収は毒性を持つ恐れのあるエチレングリコールの放出を避け、人体への悪影響を軽減することが出来た。
 以上のような検証を踏まえて、日本の自動車リサイクル手法をもとに、中国の廃車の状況等に合わせた新たな自動車リサイクル手法及び設備の実用可能性と効果を実証することができた。今後、事業で得られたノウハウをもとに、中国及び他新興国においてその地域のニーズに合ったリサイクル手法と設備を選択し、横展開できる可能性は高いことが分かった。
英文要約China has the largest automobile market in the world and the number of End of Life Vehicle (ELV) is expected to increase explosively. However, many dismantling companies without a governmental license are playing a main role. This situation causes serious environmental problems. Their efficiency of dismantling process is too low to meet increasing demand of ELV recycling due to the manual procedures.
 The purpose of this study is to develop the advanced ELV dismantling method best suited for China by implementing the ELV dismantling process developed by Japanese experience and examining its recycling rate, efficiency and environmental impact.
 To implement the method, fuel and fluid remover, ELV reverser, nibbler, shearing machine, tire grinder, plastic grinder, wire harness grinder, and chlorofluorocarbon (CFC) disposal equipment were introduced in the site.
 The study consists of four points; 1) the achievement of 95% recycling rate 2) the achievement of 50 units disposal capacity per day 3) examination of added value of parts reuse and its management system 4) examination on the reduction of environmental impact.
 The result of the study is as follows;
 1) We achieved the 85% in the case of taking residues left in the ELV such as rubbish into the account, 91% in the case of excluding them from the account. This result covers 80% of material recycle which is the NEDO’s based planned target.
 2) We divided the dismantling process into 5 processes and examined the daily disposal capacity in each process. The result of disposal capacity per day is; 16 units per working team in fuel and fluid removing, 13 units in pretreatment, 17 units in after treatment, 22 units in nibbler, 111 units in pressing. We conclude that the goal can be achieved by organizing working team in each process.
 3) We introduced the management system of reuse parts and started registering some ELV and parts collected. However we couldn’t examine the added value of reuse parts adequately because most of ELV collected were too old to utilize as reuse parts.
 4) We conclude that the introduction of CFC disposal equipment causes the reduction of 6,590 kg-CO2 emission and tire grinder reduces 3kg-CO2 emission per unit. Also implementing the appropriate method for the recovery of wire harness, it can reduce polycyclic aromatic hydrocarbon. To correct LCC can reduce emission of ethylene glycol which causes the harmful influence to human bodies.
 As a conclusion, we could demonstrate the feasibility and the effect of the advanced ELV dismantling method for China based on Japanese method. This can be applied to not only China but other emerging countries where the automobile recycling system isn’t well organized by selecting appropriate dismantling process and equipments. 
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る