成果報告書詳細
管理番号20140000000422
タイトル平成24年度成果報告書 インドネシア首都近郊都市におけるスマートコミュニティ都市構想実現に向けた基礎調査
公開日2015/3/31
報告書年度2012 - 2012
委託先名株式会社インフラックス
プロジェクト番号P09018
部署名スマートコミュニティ部
和文要約件名:平成24年度成果報告書 インドネシア首都近郊都市におけるスマートコミュニティ都市構想実現に向けた基礎調査
インドネシアでは道路、鉄道、通信等のハードインフラの整備が遅れており、ジャカルタ都市圏では全国から人口が流入、増加に対して生活基盤に関する整備が課題となっている。
こうした状況にあって、尼国と日本国の間ではMPA(ジャカルタ首都圏投資促進特別地域)マスタープランに基づき、日本国の最先端のインフラに関する技術提案を行っている。
本調査では、現地ニーズが見込まれる高付加価値型住宅群の開発可能性を主要な取組みと位置づけ、目指すべき都市開発コンセプト(目標・指標等)の設定を行うために以下の基礎調査による成果を得た。

1)インドネシア国全般の基礎情報調査

MPAについて、国家開発計画(財政計画含む)及び国家空間計画の内容と整合を図りながらスマートコミュニティ都市開発に係る政策として目標年次を2030年に定め、低炭素な開発を目指している状況を整理した。
地方分権の進展により都市開発を行う上での体制は、地方政府が建築指導などを形式的に取り扱っているが住民向けのサービスの提供はデベロッパーの裁量に委ねられていることが解った。
なお、現地では高額不動産が量産されているが、都市開発分野への海外企業の参入状況は、土地の所有が認められていないため建設権を基本に共同出資の形式の検討が進行していることが確認された。

2)ジャカルタ近郊1都市の基礎情報調査

サウスタンゲラン市では、電力は国営から供給されている。交通渋滞は、慢性的に生じており、廃棄物処理や下水道処理は最終処分施設等の整備が遅れている。
また、水についても国営からの供給が主体であり都市開発の進行に間に合っていない。
一方、人口は増加しており地域の経済活動は活発な様相は見受けられるが、都市開発に伴うインフラ整備及び維持管理に関する地方財政支出や行政指導は十分ではなく、都市計画は地方空間計画に基づき進行しているが低炭素化に関する行動指針は策定されていない状況にある。
これまでの都市開発は、第二次地方分権推進法以前に許可取得されたものが主体であり、現在進行中の都市開発は環境問題、住民意識が希薄など十分な対応が行われていないことが解った。

3)ジャカルタ近郊1都市における高付加価値住宅群の開発可能性

サウスタンゲラン市における民間デベロッパーが提供している住宅は中間層よりも上を主体に積極的に供給が行なわれている。宅地開発に日本企業が進出する際は、建築基準法に基づく建築指導が不十分であり住宅の品質保証のレベルに大きな隔たりがあることに留意する必要がある。住宅本体に関して気密性の高い耐震性のある住宅を導入することはコスト的に市場に合わない。当面は、電力マネジメントを中心とする高付加価値型(スマート)住宅について提案することが適当であるという結論に至った。


4)ジャカルタ近郊1都市におけるスマートコミュニティ・マスタープラン策定に向けた基礎情報整理

スマート化に関する共通課題は、第一にゴミの処理であり処分施設の確保も含め行政による措置が求められている。また、生活排水の処理や、治水対策及び交通渋滞対策など都市開発エリアの区域外に影響が及ぶ課題についても行政が技術的な指導について先導することが必要である。
一方、電力マネジメントや高速な通信環境の整備など高い水準の生活基盤の価値の向上は新住民からのニーズが潜在しているため民間によるインフラ整備について取り組んでいくことが肝要である。
したがって、低炭素なまちづくりに関するマスタープランの策定には、官民において取組むべき課題について優先順位や行動計画の主体を設定し取り組み姿勢の共有化を図るべきという結論に至った。
英文要約Title: Fundamental Research for Smart Community Developments in Jakarta Metropolitan area (FY2012) Final Report
In Indonesia, infrastructure developments such as roads, railroads and telecommunications have been delayed. In Jakarta metropolitan areas, local infrastructure developments are becoming major issues with growing population.
Japan and Indonesia have been cooperating based on the Master plan of Jakarta Metropolitan Priority Area (MPA) to introduce Japan’s leading infrastructure technologies.
Our study focused on the development possibilities of high-value-added housing which is expected to meet potential local needs. Our study results are as follows:
1) Basic study of Indonesia
The MPA targets to achieve low-carbon city developments by 2030 based on National Development Plan and National Spatial Plan.
Local governments only provide routinely construction guidance and developers provide resident services at their discretion.
High-end real estates are mass produced, but overseas players are basically planning joint-investment scheme using construction rights as land ownership is not allowed.
2) Basic study for Jakarta suburban city
In South Tangerang city, traffic congestions are chronic and the developments of waste water treatment and waste disposal facilities have been delayed.
Electricity and water is supplied by national companies and water supply capacity is not keeping up with the city developments.
Despite the growing population and economy, the local government spending and guidance on infrastructure development is insufficient. The city is developed based on Regional Spatial Plan, but low-carbon action plan has not been created yet.
Ongoing city developments are not environmentally conscious as they were permitted before enactment of revised Decentralization Law.
3) Possibility of high-value-added housing development in Jakarta suburban city
In South Tangerang city, the private developers target upper-middle-class families to market their products.
Japanese corporations should note that there is a huge difference in quality assurance systems between Indonesia and Japan, due to the insufficient guidance in accordance with Building Standard Law. Airtight, quake-resistant houses do not match local needs in terms of costs. Our study concludes that, for the meantime, it will be appropriate to propose Smart Houses with energy management technologies.
4) Basic study for Smart Community Master Plan for Jakarta suburban city
For Smart development, waste treatment is the first issue and governmental measures are essential. Government’s technical guidance is also needed for the issues of waste water, flood control and traffic congestion, which affect the surrounding areas.
As there are potential residents needs for higher level infrastructures such as energy management and high-speed telecommunications, private sector-led developments are also important.
In conclusion, to create a master plan for low-carbon city development, both public and private sectors should work together to identify the issues and to determine the priority and each role in action plan.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る