成果報告書詳細
管理番号20140000000449
タイトル*平成25年度中間年報 「がん超早期診断・治療機器の総合研究開発 超早期高精度診断システムの研究開発:血液中のがん分子・遺伝子診断を実現するための技術・システムの研究開発 血中分子・遺伝子診断のための基礎技術の研究開発(がんの発症を予測するシステムの開発/小型診断用質量分析装置の開発によるエクソソーム診断)」
公開日2015/3/24
報告書年度2013 - 2013
委託先名株式会社iLAC
プロジェクト番号P10003
部署名バイオテクノロジー・医療技術部
和文要約
英文要約1. Prototype Design
We workedout a design review for our legacy MS(MALDI,LD/MS) systems. It was determined a specifications of a prototype MS(Bench top instrument)with the results.

Specification
・Ionization Method :MALDI/LDI
・Physical size :450×350×150mm, weight : approx. 20.0 kg
・MS analysis method TOF(Time of Flight), Reflectron-type (coaxial)
・Flight Length > approx. 500mm
・Mass range (Da) 1-15000(approx.)
・Sensitivity <10 fmol (AngiotensinII)
・Mass Resolution (m/ m) > 5000 (Recommend.10000)
・Acc. Bias Voltage 0-10 kV
・Detector MCP
・Pumping System Hybrid pump system

2. Experimental Production
We made and evaluated the prototype MS system based on the design.

New Factor:
・Auto-load lock system
・Vacuum system
・Laser system
・Detector system
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る