成果報告書詳細
管理番号20140000000490
タイトル平成25年度成果報告書 IT融合による新社会システムの開発・実証プロジェクト  (ヘルスケア分野)IT融合による途上国向けバーチャルクリニック構築事業
公開日2015/3/10
報告書年度2013 - 2013
委託先名合同会社カルナヘルスサポート 国立大学法人九州大学
プロジェクト番号P12009
部署名バイオテクノロジー・医療技術部
和文要約生活習慣病への対応は、世界中で深刻な問題となっている。日本の場合、医療費は38兆円を超え、この内、生活習慣病の医療費は10.7兆円と約3割を占め増加の一途をたどっているが、途上国においても生活習慣病患者は爆発的に増加している。これはファーストフードに代表される安価な食物は、高カロリー・高脂質であり、「貧しい故に生活習慣病に罹患する」という状況になっている。
 バングラデシュは人口約1億5,000万人、面積14万4千m2km(日本の約4割)でインドの東に位置する途上国である。
 本事業のターゲット疾患である糖尿病/高血圧のバングラデシュにおける罹患率は2010年WHOの調査によると8.4/14.8 %と日本の5.7/6.2 %より高い値を示している。これは、健診制度が未整備であることから罹患しているかどうかが本人も分からないこと、予防医療が普及しておらずスキルを有した指導者がいないこと、農村部には病院がなく治療が受けられないことが要因として挙げられる。また、医師の数は極端に少なく、医師が効率的に診察を行わなければならない環境にある。
 このような背景を基に、現場に行くのは看護師のみ、医師は遠隔で1、健診(簡易健診)2、予防(保健指導)3、診療(遠隔診療)を可能とする仕組みの確立を目的とした。
(1)健診(簡易健診): 無線機能付きの体重計・血圧計・血糖計・血中酸素濃度計、体温計、電子メジャー(身長、腹囲など)に尿糖・尿たんぱく試験紙を加え、バーコードリーダー・ローカルサーバー・タブレット端末をセットにしたアタッシュケース型センサーセットを看護師が現場へ持参し、簡易健診を実施した。機器の測定方法はITシステムがナビゲーションするので、看護師は検査内容を説明する形でタブレット端末を患者と一緒に見ながら測定をし、結果は無線で表示される仕組みとした。
(2)予防(保健指導): 健診結果説明ナビゲーションに従って、患者と一緒にタブレット端末を見ながら説明を行なえるようにした。ナビゲーションは紙芝居形式で展開され、異常値は色が変わり、説明資料等が表示される。ナビゲーションシステムは、単に患者説明だけでなく、業務を行いながら看護師教育の役割(On the Job Training)も果たす仕組みとした。
(3)診療(遠隔診療): 健診結果に異常があった患者および医師への相談が必要な人に対し、医師が遠隔診療を行った。
上記「健診(簡易健診)、予防(保健指導)は、医師がいない場所で看護師が実施することから、看護師の技術担保が本サービス展開上のボトルネックとなると想定された。
そこで、看護師スキルを担保するITシステムによるナビゲーション技術が、本研究の開発技術要素となった。具体的には以下の3技術要素。
(1)フィジカルアセスメントナビゲーション:必要に応じた全身観察の方法、判断基準を提示する。検眼鏡・耳鏡・打腱器・音叉の使い方や、心雑音のアセスメント方法などをナビゲーションする。
(2)臨床支援ナビゲーション(CDSS):検査値・自覚症状(問診)・フィジカルアセスメント結果から、疑われる合併症等を抽出、抽出された合併症の診断確定に必要な情報を提示することで、看護師が追加で観察・質問すべき項目をナビゲーションする。
(3)クリティカルパスナビゲーション:各人の状態・問題点に合わせて治療計画を提示、計画に基づいた説明資料の提示を行い、生活習慣改善などの行動目標設定を支援する。また疾病管理サービスの進捗度合に沿った指導内容のテンプレートを提示し対象者の状態に合わせてカスタマイズする。
上記技術要素開発は終了。今後は、バングラデシュでの活用のほか、インド・ASEAN諸国への展開、日本への逆輸入等を行っていく。
英文要約Bangladesh is placed at east of India having about 150 million population and 144 thousands km2 lands (40 % of Japan).
Prevalence of Diabetes Mellitus/Hypertension, which are target diseases of this project, were 8.4/14.8 % and both of them are higher than Japan (5.7/6.2 %) by a survey of WHO in 2010. This may be caused by 1) many of them does not know the diseases because of no health checkup system, 2) prevention system with high skilled instructor is not established, 3) difficulty to use medical service because of few medical institutes in countryside. Number of doctor is also too short, therefore doctor should have an efficient circumstance to provide medical service.
Under these background, we aimed to establish system which enable to conduct 1) health checkup (by sensors) 2) preventive health instruction 3) medical consultation (remote medicine), keeping doctor in center and delivering nurses at local site.
(1)Health checkup (by sensors)
A nurse staff brings an attache case style package with weight scale, blood pressure meter, blood sugar meter, pulse oximetry, body temperature meter, hemoglobin meter, electronic measure, urine test paper for urine sugar and protein, barcode reader, local server/tablet terminal at local site and provided health checkup service. IT system navigates nurses how to use the package.
(2)Preventive health instruction
To provide healthcare instruction for subjects with high risk of being life style-related diseases, nurse can provide instruction using GUI of tablet with a high risk subject.
(3)Medical consultation (remote medicine) Subjects already have life style-related diseases known by health checkup, or subjects needs medical consultation, we provided remote medicine by medical doctors.

Because health checkup (by sensors) and preventive health instruction described above (1) and (2) are provided by nurse staffs without doctors, we assumed that level of nurse skill should be a bottle neck to spread the service.
Therefore, navigation technology to support nurse skill was one of main developing technology factors of the project. Concretely, those consist of three technology factor as below; (1)Physical assessment navigation The methods and steps of checkup for entire body (review of system) and assessment are shown when needed. Navigation of how to use ophthalmoscope, otoscope, reflex hammer, tuning fork, and assessment of cardiac murmur are addressed. Clinical decision support system (CDSS) (2)Critical pathway navigation This provides a medical service plan for physical situation, and issues of each person. Also it supports to make an action achievement plan of life style improvement by presentation of explanation sheet by each plan. The instructor (nurse staffs) can customize the critical pathway by presentation of templates of instruction contents by the status on disease management plan of the person.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る