成果報告書詳細
管理番号20140000000515
タイトル平成21年度-平成25年度成果報告書 省水型・環境調和型水循環プロジェクト 水循環要素技術研究開発 有用金属・有害物質の分離・回収技術の開発 (b)-2-3.金属水酸化物汚泥からの有用金属回収と汚泥の削減
公開日2015/3/10
報告書年度2009 - 2013
委託先名株式会社アクアテック
プロジェクト番号P09011
部署名環境部
和文要約ガスセンサー制御硫化物法と従来法(水酸化物法)を組み合わせた手法を用いて、一般的には埋立地などに登記されている金属水酸化物汚泥などから、有用金属の80%以上を回収し、80%以上汚泥発生量を減らし、しかも消費エネルギーの少ない湿式システムの開発を目指してきた。おおむね目標は達成でき、一部の工業化が実現している。Cuは分離行程中で硫化銅として山元還元、Fe、Cr、Znは水酸化物として当面は廃棄処分、Niは、(1)リパルプ洗浄によるリンなどの不純物除去、(2)NiS汚泥の空気酸化(硫酸ニッケル化)、(3)電解液の晶析による不純物除去、(4)電解析出などの記述で純度98%以上の高品位金属ニッケルを回収。金属資源の枯渇・高騰下で、日本にとってはこの技術開発の実施は産業上重要である。
英文要約We have been striving to develop wet process possible to recover over 80% of useful metals from metal hydroxides sludge usually dumped in reclaimed lands and to reduce the volume of sludge by more than 80%, and besides of low energy consumption by use of a combined process of gas-sensor-controlled sulfide method and conventional method (hydroxide method). The objective has been mostly attained and some part has been brought into production on a commercial basis. Cu is recovered as CuS in midstream of separation process flow and is supplied to refineries. Fe, Cr and Zn are discarded as hydroxides for the present. Ni is recovered as high-grade Ni metal over 98% purity using the following technologies; (1)Removal of phosphorous and other impurities by repulp washing, (2)Air oxidation of NiS sludge (conversion to NiSO4),(3) Removal of impurities in electrolysis solution by recrystallization, (4) Electrolysis. Putting this developed technology into operation is important to Japanese industry under the exhaustion and the price jump of metal resources.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る