成果報告書詳細
管理番号20140000000579
タイトル平成25年度成果報告書 環境・医療分野の国際研究開発・実証プロジェクト 省水型・環境調和型水循環プロジェクト ミヤンマー国における水資源・水循環に関する検討
公開日2015/3/31
報告書年度2013 - 2013
委託先名株式会社グローバルインフォメーション
プロジェクト番号P11009
部署名環境部
和文要約本調査では、当国の産業及び上下水分野における排水処理施策、処理状況、規制等の現状の実態及び将来の課題、ニーズ等を把握することで、排水、上下水、水資源分野において高い技術を有する日本企業による進出を後押しし、同国との新たな協力関係の構築に向けてNEDOとして取り組むべき研究テーマや支援等を検討することを目的とした。
まず、同国の環境政策については、水分野における規制環境は今まさに転機を迎えており、環境保全・森林省森林局監督の下、環境汚染に焦点を当てた環境保全法が2012年に施行され、今後は個別法案の立法・施行が進むものと見られる。詳細な水質基準については近く設定・公表されることが予想されるが、これに伴い、水質管理・監督手法の確立、排水処理技術の向上に対するニーズの高まりが加速することが想定されている。新基準に沿った事業運営を確立する上では、専門性を持つ人材の確保、国際資金による援助、多大な労力の投下が不可欠である。
また、産業排水の分野については、近年の統計によると約90%の工場が一切の廃水処理を行わず排水しているとの報告もあり、現状としては一定水準には達しておらず、規制環境においても、水質基準等の導入時期、水質管理プロセス等依然不明確な実態が報告された。しかし、こうした状況下の中、地域住民の環境改善への意識も高まりつつあり、各事業者に対する環境負荷軽減に向けた取り組みは今後強まるものと考えられる。他、今後新設される工業団地では廃水の一次処理施設が併設されるものと考えられるが、現時点では、中央処理施設併設に向けたインセンティブは、経済、規制対応の両面において構築までには時間を要すると考えられ、国際基準に準拠した中央廃水処理施設を備える既存の工業団地は、Mingalardon 工業団地一ヶ所に留まっている現状である。製造業部門においては工場の約60%は食品飲料関連であり、中でも油脂製品、乳製品の2製品群が売上高、過去5年成長率共に高い。これら製品の製造過程から生じる廃水は高レベルの有機不純物(例:BOD)を含んでおり、今後バイオガス等のエネルギー源として有望である。しかし、不安定な電力供給下の中、食品飲料製造工場においては停電による製造ライン停止等が懸念され、追加的な廃棄物を生じさせる可能性も想定される。
農業の分野はGDPの最大部分を占めており、農業用水の消費量も全産業のうち最大で、なかでも、米、豆類、種油類は輸出産業における重要な役割を果たしている。農業分野における主なリスクとしては旱魃と洪水の2点が挙げられ、中央乾燥地においては度重なる旱魃、沿岸部・デルタ地帯では大規模な洪水のリスクが高い実態があり、特に、ダム等の貯水施設が不足しているラカイン州においては自然災害に対する明確な対応策を構築することが今後の課題である。
都市用水、排水については、上下水道の整備率は低水準に留まっており、主要都市であるヤンゴンにおいても人口の約70%は上水道を利用できておらず、漏水率は50%程度である。下水道の整備率も、都市部で3.6%、地方では更に低い水準、水道料金の低さという問題もあり、事業の採算面、インフラ整備、サービス向上に向けた追加投資を進められない実態がある。エーヤワディーデルタおよび近隣地帯、シッタウン川下流域の表層水等、一部地域の地下水は鉄やヒ素を多く含んでいる状況が報告され、沿岸部では海水浸入も頻繁に起きており、ヤンゴン市内においても、大部分の都市用水が浄水処理をされずに供給されており、利用可能な水(利水)を提供するためのインフラ整備が今後の課題である。
英文要約This research project was conducted in order to analyze the policy and technology trends regarding municipal and industrial water and wastewater management, the status of related infrastructures, issues, and future needs. Through this research, potential areas of NEDO’s assistance and research themes had been identified. NEDO’s future assistance and research are aimed to support Japanese companies to provide high quality technologies to address Myanmar’s needs and develop a new collaborative relationship with Myanmar.
The regulatory environment regarding Myanmar’s water sector is at a major turning point, with the recent enactment of the environmental pollution-focused law, the Environmental Conservation Law 2012. Relevant rules and implementation procedures are now under development by the Ministry of Environmental Conservation and Forestry. Quality standards are expected to be announced soon, driving needs for water treatment and monitoring technologies in a long term. Significant international support in terms of expertise and funding will be necessary.
The industrial wastewater treatment is currently reported to be inadequate due to insufficient regulatory drivers and weak monitoring and enforcement. Some suggested that 9 out of 10 factories currently discharge wastewater without treatment. However, there are growing public concerns, putting a significant pressure on businesses to reduce the environmental harm. Factories in future industrial parks are more likely to install basic wastewater treatment on site. However, development of centralized wastewater systems is likely to take a long time to achieve due to the weak economic and regulatory incentives. Today, Mingalardon Industrial Park is considered the only park with a central wastewater treatment plant of international standard. Food and Beverage represents over 60% of entities in the manufacturing sector. Oil and dairy products are large and high-growth segments based on the sales trends over the past 5 years. Industrial effluents from these may make such effluents a potential candidate for biogas generation due to high organic contents. Furthermore, unstable electricity supply is considered a major risk for Food and Beverage factories - as ingredients are wasted if the production line is stopped.
Myanmar’s piped municipal water and sewerage overages are currently low. Even in Yangon, around 70% of the population is not yet connected to a piped water supply. The level of leakage is reported to be around 50%. About 3.6% of the urban population is connected to piped sewers, and the coverage is considered much lower in rural areas. Water tariff is also low, making additional investments difficult. Water quality is of health concern for areas affected by high iron, arsenic and saline levels, such as Ayeryawaddy delta, lower reaches of the Sittaung River, and coastal areas. In Yangon, additional water treatment capacity is needed for a large proportion of water supplied.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る