成果報告書詳細
管理番号20140000000796
タイトル平成25年度成果報告書 「国際エネルギー消費効率化等技術・システム実証事業 基礎事業 石炭高効率利用システム案件等形成調査事業 インドネシアにおける市街地・狭地対応 高効率・環境配慮型超々臨界火力発電所プロジェクトの案件形成調査」
公開日2015/3/31
報告書年度2013 - 2013
委託先名三菱日立パワーシステムズ株式会社 株式会社みずほ銀行 電源開発株式会社  一般財団法人石炭エネルギーセンター
プロジェクト番号P93050
部署名環境部
和文要約本調査は、平成25年度「国際エネルギー消費効率化等技術・システム実証事業 基礎事業 石炭高効率利用システム案件等形成調査事業 インドネシアにおける市街地・狭地対応 高効率・環境配慮型超々臨界石炭火力発電所プロジェクト案件形成調査」について、三菱日立パワーシステムズ株式会社、株式会社みずほ銀行、電源開発株式会社、一般財団法人石炭エネルギーセンターの4社が共同で受託し、実施したものである。
本調査の対象国であるインドネシアは、従来石油を初めとする資源輸出大国であったが、持続的な経済成長を支えるエネルギーの長期安定供給を重視し、脱石油・資源有効利用・エネルギー資源の国内供給確保を推進する方向に大きくシフトして来た。
インドネシア国有電力会社(PLN)はこのような国のエネルギー政策を背景に、2021年に100%電化率の目標を達成すべく、自国で安定的に産出される石炭を主柱とし中短期の電力供給増に取り組んでいる。具体的には、政府主導により第1次、第2次のファーストトラック計画(FTP1、2)を立ち上げ同計画を実施中であるが、機器トラブルや建設自体の遅れ等により計画全体の大幅な遅延をみている。さらにFTP2の中心として期待されるIPP案件についても、土地取得プロセスや環境影響評価の遅れにより計画どおりの実施が見込めない状況となっている。
以上の状況及び脱石油政策を踏まえインドネシア国有電力会社(PLN)は既存の石油火力発電所について自らの所有地を活用、石油から石炭への燃料転換を行う可能性を追求、供給力の強化につなげようと考えている。
本事業の調査対象である発電所では、スペース上の制約から屋外式貯炭場の設置が難しく、また当該発電所が市街地に隣接しているため通常以上の環境配慮が求められる。これら諸点に鑑み、日本で市街地に設置されている環境調和型石炭火力発電所として知られる電源開発株式会社磯子火力発電所をモデルとし、インドネシアの実情に適合した都市近接・高効率・環境負荷低減型の超々臨界圧石炭火力発電所の設置を目指した案件形成調査を実施した。
本調査の実施にあたり、PLN及びPLNの第1の子会社であるインドネシアパワー社(IP)をカウンターパートとし、現地調査を含むFSを行った。
具体的には、三菱日立パワーシステムズが事業全体総括および発電設備部分を担当、あわせて概念設計も行った。電源開発は、発電設備を除く周辺機器、環境評価、発電所建設に関する調査等を担当した。また石炭エネルギーセンターは、インドネシア側カウンターパートやインドネシア関係政府機関等との調整、および日本側業務とインドネシア側業務間の調整等を行い、みずほ銀行は、発電所建設に関する経済性評価・融資スキームの検討を行うと共に、CO2排出削減量の評価を行った。なお、現地のデータ収集や設計等における一部の業務については、該当業務に精通している専門性の高い外注先を起用することにより、限定された期間内での調査の効率化と調査内容の精度向上を図った。
調査の結果、本調査対象である日本のCCTを採用したインドネシアにおける都市近接・高効率・環境負荷低減型の超々臨界圧石炭火力発電所案件形成の可能性が確認され、また、CO2排出削減ポテンシャルも高いことが確認された。一方、同国の電源開発についてファイナンスに関する諸課題の確認も行われた。
英文要約The International Projects for Increasing the Efficient Use of Energy/Research for Developing Projects Using High-efficiency Coal Utilization Systems, Project Formation Research/Feasibility Study on High Efficiency and Environmentally-compliant Ultra Supercritical Coal-fired Power Plant through Replacement in City Area in Indonesia (FY2013) Final Report

This Study was jointly conducted by Mitsubishi Hitachi Power Systems (MHPS), Mizuho Bank, Electric Power Development Company (J-POWER) and Japan Coal Energy Center (JCOAL).

Once used to be a powerful resources exporter, Indonesia has been shifting its energy policy toward oil dependency reduction and efficient resources utilization with focus on long term domestic energy supply security that will bolster sustainable economic growth.
 Toward “Visi 75-100”, the national target of 100% electrification in 2020, PT.PLN has been engaging in mid-term national power capacity enhancement by defining coal as its mainstay based on such new policy direction. Two-phased Fast-Track Programs (FTP I and II) were launched as the national flagship program to address surging power demand; however, the overall plan is lagging far behind the schedule supposedly due to some on-site troubles or construction delay. In the meantime, prolonged process of land acquisition or environmental assessment is causing delay of some IPP projects highlighted as a strong force in FTP II.

Now PLN is considering another option; that is, replacement and fuel switch from oil to coal at its own property that is according to the policy direction by the Government and is conductive to power capacity enhancement.
The target plant comes up with considerable space constraint practically preventing an open coal stock yard. Also, meticulous environmental consideration may be required in view of the site location adjacent to the city area.
The Study Team is convinced that J-POWER’s Isogo Power Station, renowned as a high-efficiency and super-clean power plant in a city area is the one and only model, following which we may identify an environmentally-compatible coal power plant that is best suited to replace the current stand-by oil units.
The Study Team conducted the Study in cooperation with PT.PLN and its subsidiary and the largest power generator, PT. Indonesia Power.
MHPS oversaw the entire study process, studied power generation facility and made conceptual design. J-POWER studied auxiliaries and made basic environtal assessment and also the situation around plant construction. In the meantime, JCOAL engaged in coordination with PLN, IP and relevant government and government-related stakeholders. Mizuho Bank studied financing options, made economic assessment and evaluated CO2 emission reduction potential.

The Study concluded that replacement with Japan’s CCT at the target site is feasible. High potential of CO2 emission reduction was also confirmed. Financing options with existing barriers were also identified through the Study.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る