成果報告書詳細
管理番号20150000000022
タイトル平成24年度-平成25年度成果報告書 IT融合による新社会システムの開発・実証プロジェクト (農商工連携分野) 栄養学的観点に基づいた野菜生産流通情報に関するシステム開発
公開日2015/3/25
報告書年度2012 - 2013
委託先名学校法人君が淵学園崇城大学 ASD株式会社
プロジェクト番号P12009
部署名電子・材料・ナノテクノロジー部
和文要約本テーマの事業目的は、地域特徴を活かした地域活性化と、社会的課題の解決をIT融合により目指す事業である。本事業は、国民生活者(以後、消費者)のニーズを農林水産業・栄養学・消費者問題等から融合するモデルとなる。
中心となる社会的課題とは、
1.地産地消による地域経済活性化・食の安全問題、農林水産物の競争力強化
全国的に進められている「地産地消」は、地域の生産者や特に飲食店の現場では上手く行っていない現状がある。その課題は、農林水産物の生産-流通-提供そして消費までが一貫していない所にある。更に、今後海外からの農林水産物との競争も予測され、地域の生産者の課題は大きい。しかし、国民の食の安心安全に対するニーズが高っている現在、地域の生産物を消費するニーズは確実に高まっている。
2.食品(産地)偽装・誤表示問題解決から、生活者への一貫した情報発信
生産-流通-提供そして消費までを一貫して繋ぐシステムがないため、消費者に対してその情報提供は難しい現状にある。その現状の中発生した全国的問題が、食品(産地)偽装・誤表示問題である。この問題は、国民の食に対する信用を著しく低下させ、また国際的にも日本食の印象を下げる要因となっている。
これらの社会的課題を解決するために、食の安全問題を一貫したITシステムにより、より消費者に対して情報開示しながら、更に消費者の大きなニーズである「健康」的側面を栄養学的視点によりマッチングさせ、消費者のニーズを充たしつつ問題解決を行い、地域経済活性化を促すIT融合システムの開発・実証を目的としている。システムの仕様は、消費者ニーズの栄養学的体系化と農林水産物(本テーマでは野菜)の生産情報・流通情報・栄養価情報・メニュー情報等のデータベース化、およびこれらの情報をパターン化し、そのビッグデータを高速マッチングさせることにより、消費者に対して農林水産物(野菜)の最適な提案(レコメンド)を行ないながら、地産地消・農林水産物の消費拡大と食のセキュリティーを推進する。更に、この事業目的が達成される過程で得られる効果として、地産地消による地域経済野活性化に伴う農林水産事業者の所得拡大と、特にステージIのFSにて得られた「規格外品」等の廃棄または無料配布されている農林水産物のビジネス化が見込まれる。既存廃棄等されている生産物が収益に変わることは、農林水産事業者の所得拡大だけではなく、廃棄ロスの削減や地産地消による輸送コストの削減によるCO2排出の問題に波及するなど、様々な経済問題に関連する。ステージIでは、このMDSを消費者が個人情報等を詳細に特定せずとも汎用的に使用出来るシステム(以下、「汎用版システム」という。)開発を行う。この汎用版システムの流れは以下の通りとなる。(1)農林水産物(野菜)の生産者の出荷と仕入先(飲食店)の流通とをITで融合し、生産情報(品種・産地・収穫日・納品日・提供までの日数など)をデータベース化。(2)農林水産物の基本的な栄養価(一般的なビタミン・ミネラル等の保有数値など)をデータベース化。
3.消費者ニーズを「体調」を基にした状態ごとに指標化し、簡単な自己問診にて、その状態の一般的な不足栄養情報をデータベース化。
この上記1、2、3をパターン化しデータベースを作成する。上記パターンを消費者ニーズ(簡単な自己問診)にあわせて最適な農林水産物(野菜)を高速パターンマッチングし、最適な媒体や時間といったシチュエーションに合わせた情報発信を行う。上記システムはクラウド化を想定したシステム構築を行い、汎用性の高いシステムを構築する。
英文要約1. Validation of the business model
We have created a business plan, as well as the development and scrutiny of entries in the database (Farmers Information, Vegetables Information etc.) from descriptions and interviews of users (Consumer, Restaurant and Farmer) of the Matching Database System (hereinafter called "MDS"). These interviews were conducted and followed by survey of subjects to 162 consumers, 30 restaurants and 30 farmers for FY2012 and 132 consumers, 50 restaurants and 30 farmers for FY2013 in Kumamoto Prefecture. 12 to 18 items were carried out in the interviews, such as the current state of management, sales and consumption activities, and usage of communications equipment, website and application, etc. We also made an assumption of charging method and verification of logistics involved in the actual transaction by selecting a wholesaler that were assumed to be covered by this model.
About producers, we found that they have a lot of frustration in the appearance and instability of the price of the crop, which was important. We also found that the voice overlooking the distribution to the local exists.
About restaurants, we found that interest in local production for local consumption has been growing, but there is a status quo that is restricting at the wholesaler of the greengrocer, such as the real deal, status quo that is not ended up in purchases of local agricultural products.
About consumers, under the present circumstances, the vegetable producer information is not considered as a strong parameter for choosing the restaurant. But conversely, it became clear that the tendency to ask about healthy food.
2. Embedding of nutritional information
The consumers needs have been investigated by using common search engines and research indicator sites such as a medical portal site. We have also aggregated nutritional information, which should be provided to the user, such as illness or symptoms for each season. In addition, we have created 37 data items associated with the disease and 3 major nutrients in FY2012 and 33 data items associated with the disease and 2 major nutrients in FY2013.
3. MDS system design
We started feasibility study on the latest trends and technology of high-speed data processing technology from the national and international conferences and exhibitions such as Cloud Days Tokyo 2013, IEEE-AINA2013, NTT DATA Innovation Conference 2013, etc.
We also examined our fast pattern matching method by creating sample data obtained by adding the time axis (year) in three-dimensional space that consists of nutrient attributes, food attributes and consumer information.
In FY2013, we proposed a fast pattern matching algorithm which is 10 times higher than current KVS-HBase algorithm. The output of our research have appeared as 9 international conference papers, 1 domestic conference paper, 1 business patent and 6 invited talks.
Furthermore, we designed a cloud-based system, which is fixed associate between each database of 30 vegetables, 30 recipes and 40 restaurants, and it is ready to be piloted.
4. MDS user interface design and building
We have designed and built the MDS user interface, which is able to work with 21 different types of data such as restaurants, recipes, nutrition and disease. The administrator is also able to add, edit, delete and display data from a specially designed interface.
Furthermore, we have finished the PC version and the Smart Phone version website and it is ready to be piloted.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る