成果報告書詳細
管理番号20150000000064
タイトル平成26年度成果報告書 国際エネルギー消費効率化等技術・システム実証事業 実証要件適合性等調査 フィリピンにおけるMobility as a System実証事業 (フィリピン)
公開日2015/3/25
報告書年度2014 - 2014
委託先名ソフトバンクモバイル株式会社
プロジェクト番号P93050
部署名国際部
和文要約 従来フィリピンにおける短距離移動にはトライシクルと呼ばれるオートバイにサイドカーを付けたものが使われてきた。トライシクルは特にメトロマニラに代表される細い路地での走行に適しており、小さな移動手段(マイクロモビリティー)としてマニラ市民の生活を支えている。しかし、トライシクルはマニラにて深刻化する大気汚染の元凶の一つであり、何らかの改善が求められていた。一方、昨今の電気自動車(EV)を取り巻く技術革新を鑑みると、同トライシクルはガソリンエンジンの通常のオートバイから小型のEVに変換することで、大気汚染の問題等を解決すると同時にマニラ市民の生活環境の向上に資することが出来ると考えられる。そこでソフトバンクモバイルでは商用EV普及の三大阻害要因((1)高額なEVが購入しにくい、(2)給電場所が少ない、(3)盗難対策等のアセット管理が不十分)を取り除くスキームとしてMobility as a Systemを考案し、それを適応することで、全体効率を向上させ、前述の大気汚染問題の解決する事を着想した。そして、本スキームをメトロ・マニラのマカティ市において実証しその有効性を検証したいと考えるに至った。将来的にはフィリピンをはじめ、ベトナム、カンボジア等ASEANにこのシステムを普及させることを目的とする。
Mobility as a SystemのコアとなるEトライシクルへの充電は、日本の四輪乗用EVのように大電力(大電流や高電圧)のコネクタを必要としないため、より簡易な充電ステーションが相応しいと考える。特に実証実験を計画しているフィリピンでは、三輪自動車、バイクや自転車が普及しており、電動バイク、電動自転車のニーズが期待できる。
 今後のフィリピン、ASEAN地域での我が国の製品展開をより有利に進めるために、Mobility as a Systemの実証要件適合性等調査(実証前予備調査)を諸外国に先駆けて実施した。具体的には、Mobility as a Systemの主要技術要素となる給電システム及び車両(バッテリーを含む)の現地環境下での動作の確認を始め、アセット管理システムなど、Mobility as a Systemを構成する要素の技術検証を行った。また、普及に向けたバリューチェーン構築の可能性や市場の反応を取得し、充分実現可能性がある事を確認できた。更に、Mobility as a Systemをビジネスとして実施する上での現地省庁や地方自治体の役割や許認可取得に向けたアプローチ先等を把握する事にも成功した。
その為、実証事業において日本メーカーの協力を得ながら、経験のある事業者が主体的にMobility as a Systemの基盤を作り、ユビ電システムの利用負荷検証や車両・バッテリーの耐久性等の技術検証、並びに量産段階におけるバリューチェーンが構築できれば、普及フェーズにおいては、日本国製の車両やバッテリー、ITシステム等の普及に貢献する事ができるのではないかと考えられる。
英文要約A motorcycle with sidecar, called "Tricycle" has been widely used in the Philippines as a public short-distance vehicle. Tricycle is very suitable for traveling an alleyway in typically found in Metro Manila and supporting the life of Manila people as a micro mobility. However, as tricycle is regarded as a major cause of serious air pollution problem in Manila, an improvement to reduce the air pollution has been desired.
On the other hand, taking into account of recent technological innovation of the electric vehicle (EV), by replacing tricycles of normal motorcycle gasoline engine with small EVs, the living environment of Manila people will be improved and air pollution problems will be solved at the same time.
Therefore SoftBank Mobile Corp. proposed Mobility as a System (MaaS) scheme to remove the main three obstacles in a way to spread commercial EV, such as (1) high price EV, (2) few power supply sites, (3) insufficient asset management. And it was conceived that this MaaS could improve overall efficiency and to mitigate the above-mentioned air pollution.
We finally reached a plan to demonstrate this MaaS scheme in Makati City and confirm its validity. In addition we will spread this MaaS system to the Philippines followed by to Vietnam, Cambodia and other ASEAN countries in the future.
As for battery charge, as part of MaaS core technology, we can easily install charging station, because it does not require a high power connector (for high electric current or high voltage) for a four-wheel passenger EV found in Japan.
Especially in the Philippines, where we are planning first demonstration test, the market for electric bicycle can be expected, three-wheeled car, motorbike and bicycle are already popular.
In order to promote Japan's products in the ASEAN region more aggressively, we carried out a preliminary investigation associated with MaaS system demonstration ahead of any other countries.
To be more precise, we demonstrated main MaaS technical elements such as electrical battery charge system, vehicle behavior (including battery) under the local environment and asset management systems.
Also, to penetrate MaaS products, we technologically validated market value chain formation and market's reaction, and confirmed these products have sufficient feasibility.
In addition we succeeded in grasping ministries, local government roles and contact persons to get permission and authorization of MaaS business.
Therefore, if experienced business operators take the initiative in creating a foundation of MaaS and examine the user traffic congestion of ubiquitous battery charge system ,and durability of electric vehicles and batteries and if they build out market value chain formation, then we can contribute to push Japan-made cars , batteries and IT systems into public circulation at the penetration phase.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る