成果報告書詳細
管理番号20150000000079
タイトル平成26年度成果報告書 国際エネルギー消費効率化等技術・システム実証事業 実証要件適合性等調査 「ベトナム国ハノイ地域における交通情報処理システム実証事業の実証要件適合性等に関する調査」
公開日2015/3/31
報告書年度2014 - 2014
委託先名住友電気工業株式会社
プロジェクト番号P93050
部署名国際部
和文要約 日本国内では、時々刻々と変化する交通量などを車両感知器で計測し、多様なメディアを通じた交通情報提供や交通需要に応じて信号機を制御する交通情報処理システムが全国的に普及しており、渋滞の緩和や予防に貢献している。一方で、ベトナム国では道路交通の大多数を占める二輪車を検出することが困難であることなどから、交通需要に応じた交通制御ができず、慢性的な渋滞が大きな問題と言われている。そこで本調査業務では、日本式の道路交通情報処理システムをベトナム国に導入するための実証事業に向けて、実証要件適合性等に関する調査を実施した。
 本調査ではまず、ベトナム国、特にハノイ地域における一般情勢、ベトナム国と日本との関係、エネルギー消費、気候、電力事情、通信事情について調査した。
 続いて、ベトナム国およびハノイ市において、交通情報処理システムの導入や運用に関連する組織およびその役割について調査・分析を行った。
 さらに、交通情報処理システムの導入の動機となる道路事情、車両普及状況、交通事故状況、公共交通手段の普及状況などを調査した。例えば、経済成長に伴って二輪車を中心に急激に車両が普及していること、人口10万人あたりの交通事故死亡者数がASEANで第3位(日本の約4.8倍)という高い水準であることなどがわかった。
 以上の調査結果により、ハノイ地域で交通情報処理システムを導入するためのニーズや土壌があると結論づけることができる。
 また、サンプリングしたハノイ市内3交差点において交通調査を行い、現地の特徴や課題を抽出した。調査した結果を交通流シミュレーションに入力し、提案する信号制御方式MODERATOを導入した場合、渋滞長時間は最大で約40%、CO2排出量は最大で約10%の削減が期待できることを示すことができた。
 一方で、まさに2012年から2015年1月にかけてハノイ市自身の予算で450台のカメラと260台の信号機を交通管制センターに接続するシステムを整備中であることがわかった。このシステムは、カメラの映像から交通流を計測した結果に基づいて信号切替タイミングを自動設定するものである。信号制御用の交通量計測は、二輪車も対象としている。このシステムは運用開始時期を過ぎてもまだ開発中の部分が残ってはいるが、本調査で提案している交通情報処理システムと多くの部分で機能的に重複していることがわかった。
 以上の調査の結果、本調査で提案している交通情報処理システムは、ベトナム国で社会的なニーズがあり、渋滞やCO2排出の削減に一定の効果が得られるものの、ハノイ市ではまさに同様のシステムが自身の費用で整備中であるため、至近年における導入は困難であると結論づけざるを得ない。
 しかし、ベトナム国内の中規模以上の都市では魅力的な提案が可能とのヒアリング結果もある。さらに、同様の交通状況である他国への導入可能性も残されている。今後は、これらの都市や国々への適用可能性を探っていく必要がある。
英文要約Title : Basic research into conforming to the requirements of a demonstration project for a traffic information processing system in the Hanoi area of the Socialist Republic of Vietnam

In Japan, traffic information processing systems incorporating vehicle detectors to measure traffic volume are being adopted in order to control traffic signals in response to traffic demand, which helps to ease and prevent traffic jams. However, in Vietnam, it is said that it would be difficult to control traffic signals while accommodating traffic demand mainly because of the difficulty in counting motorcycles that comprise the majority of road traffic, and that chronic traffic jams are a major problem.

In this research, we conducted a survey on conformity with the requirements of a demonstration project to introduce Japanese system into Vietnam.

As well as researching and analyzing the organizations and their roles in relation to introduction and operation of traffic information processing system, we studied the prevailing situation related to traffic in Vietnam, particularly in the area surrounding the city of Hanoi that would be a motivation to introduce a system. For example, it was found that economic growth led mainly to the increased use of motorcycles, and that the traffic fatality per 100,000 people was the third highest among ASEAN countries (and about 4.8 times higher than that of Japan).

In addition, by conducting traffic surveys at three sample intersections in Hanoi, we identified local traffic characteristics and issues. When we input the results of our research into a traffic flow simulation and introduced the suggested MODERATO signal control, we were able to demonstrate that it would be expected to reduce traffic jams by a maximum of 39% while reducing CO2 emissions by a maximum of 10%.

At the same time, we discovered that the city of Hanoi allocated a budget from 2012 through January 2015 for implementing a system linking 450 cameras and 260 traffic signals to its traffic control center. This system automatically controls the signal timing based on the results of traffic flow measurements (including the count of motorcycles) obtained from camera images. This indicates that a functional overlap exists in many areas with our suggested system.

As a result of our research, we determined that a social need exists in Vietnam and that, by appropriately targeting certain intersections for improvement, this system could achieve a certain reduction in both traffic jams and CO2 emissions. However we have to conclude that, because Hanoi city is already implementing a similar system at its own expense, the introduction of our system in the near future would be difficult.

Nevertheless, the possibility exists that in larger than medium-size cities in Vietnam or other countries with similar traffic conditions would welcome the suggested system. In the future, we need to consider approaching such cities and countries.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る