成果報告書詳細
管理番号20150000000089
タイトル平成25年度-平成26年度成果報告書 「インドネシア国首都近郊都市におけるスマートコミュニティ都市構想実現に向けたマスタープラン策定及び街区一括受電に係る現状分析」に係る委託業務
公開日2015/3/31
報告書年度2015 - 2016
委託先名株式会社インフラックス 富士電機株式会社
プロジェクト番号P93050
部署名スマートコミュニティ部
和文要約インドネシアでは道路、鉄道、通信等のハードインフラの整備が遅れており、ジャカルタ都市圏では全国から人口が流入、増加に対して生活基盤に関する整備が課題となっている。こうした状況にあって、尼国と日本国の間ではMPA(ジャカルタ首都圏投資促進特別地域)マスタープランに基づき、日本国の最先端のインフラに関する技術提案を行っている。
昨年度、日尼合同で持続可能(スマート)な都市開発に係るマスタープラン策定を目指すための基礎調査を実施した。本調査は、その結果を踏まえ、住宅開発が進行するジャカルタ近郊の一都市であるサウスタンゲラン市において同市の都市計画の上位計画である空間計画と整合を図ったスマートな住宅開発に関するマスタープランの策定支援を実施する。
同時に、サウスタンゲラン市内で進行する大規模な都市開発ではクラスターごとに宅地を形成していることから、クラスター単位での一括受電、各戸ヘの最適分配により、省エネ化・再エネ導入を試みる街区内でのエネルギーマネジメントシステムの整備実施に向けた尼国の電力制度の環境整備および事業モデルの設計に関する検討を行う。
調査を実施した内容を以下に示す。

1)インドネシア国首都近郊都市におけるスマートコミュニティ都市構想実現に向けたマスタープランの提案ならびにそれに必要な関係者調整

現地ステークホルダーの中心であるサウスタンゲラン市BAPPEDAと6回のワークショップ(内、初回はキックオフミーティング、中間時の報告会含む)を実施。意見交換を行いながら共同作業によるマスタープラン作成を行った。

2)街区内でのエネルギーマネジメントシステムの整備実施に係る事業性調査・事業モデルの構築及び関係者調整

省エネルギー対策、再生エネルギーの導入と併せて住宅街区での一括受電の実現に向けた協議を実施に併せて規制当局ならびに国有電力との調整を実施した。
また、事業採算性を評価すると共に検討に必要な事項を現地デベロッパー等関係者との調整を含め、包括的に調査を行った。

3)調査結果のまとめ

 低炭素化に関する行動計画をまちづくりに関するマスタープランは、ワークショップ等の結果を踏まえてとりまとめを行った。
街区内でのエネルギーマネジメントシステムの整備実施に係る事業性調査・事業モデルの構築は、現地におけるアンケート調査および収集資料に基づき検討を行い、研究成果をとりまとめた。
英文要約In Indonesia, infrastructure developments such as roads, railroads and telecommunications have been delayed. With current growing population, local infrastructure developments are becoming major issues to be solved in Jakarta metropolitan areas.
In this situation, Japan is providing technical proposals to introduce Japan’s leading technologies for infrastructure development based on the Master plan of Jakarta Metropolitan Priority Area (MPA).
In the last fiscal year, we conducted a basic research prior to formulating a master plan for a sustainable Smart City development in collaboration between Japan and Indonesia. Based on the result of the basic research, in this fiscal year, we are initiating to formulate a master plan for South Tangerang City, one of the rapidly developing Jakarta suburban areas, focusing on a Smart residential development and maintaining a consistency with the regional spatial plan.
In large-scale developments in South Tangerang City, a residential area consists of multiple clusters of houses. We are also studying the possibility to apply a new energy management technology to save energy by bulk purchasing and efficiently supplying electricity for each cluster unit.
The overview of our research is as follows:

1) Proposal of Smart Community Master Plan for South Tangerang City and discussions among the relevant authorities.

We conducted seven workshops with BAPPEDA (Regional body for planning and development), one of a major stakeholder of the city. We have collaborated to formulate a master plan by exchanging opinions (The workshops include a kick-off meeting and an interim report meeting).

2) Feasibility study and discussions with relevant parties to develop a business model of the new energy management system.

 We had meetings with relevant regulatory agencies and the state electricity company (PLN) to discuss the new energy supply system by bulk purchasing electricity in conjunction with energy saving measures and renewable energy application.
We also conducted a comprehensive research by discussing with the local developers to clarify the evaluation items for the feasibility study of the new energy supply system in residential areas.

3) Report of the study results.

Based on the workshop results, we have formulated a master plan describing low-carbon city development action plan.
We also conducted on-site hearing surveys and questionnaire surveys and summarized the survey results for further feasibility study and business model development of the new energy supply system in residential areas.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る