成果報告書詳細
管理番号20150000000029
タイトル平成25年度成果報告書 平成23年度採択先導的産業技術創出事業 11B01003c 微弱な自然エネルギーを利用した超低電力エネルギー変換インターフェースの開発とライフモニタリング応用技術の開拓 平成25年度中間
公開日2015/4/17
報告書年度2013 - 2013
委託先名国立大学法人神戸大学廣瀬哲也
プロジェクト番号P00041
部署名イノベーション推進部
和文要約小型発電素子の電力を取得するインターフェース回路の設計を行った.高効率な電力変換を実現するために,最大電力点追従(MPPT)技術を組み込んだ電力変換システムの構築を行った.0.18-um CMOSプロセスを用いてチップ試作,ならびに測定評価を行い,73.6%の高い変換効率を実現した.またデジタル要素回路である超低電力フリップフロップ回路の開発を行った.従来の回路と比較して少ないトランジスタ数でフリップフロップが構成可能である見通しを得た.シミュレーション評価結果により提案フリップフロップ回路は347 mVの電源で6.61 nWの低電力動作を実現できることを確認した.この結果は従来型のフリップフロップ回路と比較して33%の電力削減を実現した.
英文要約An interface circuit for energy harvesters was developed. The circuit consists of a charge pump circuit and a driver circuit. The driver circuit was designed using maximum power point tracking (MPPT) control technique to achieve high power conversion efficiency. The proof-of-concept-chip was fabricated and measured by using 0.18-um CMOS process. The results demonstrated that it can boost low input voltage with high efficiency of 73.6%. Moreover, a low-power flip-flop circuit was developed. The circuit consists of static logic gates of NOR gates and inverters. SPICE simulation demonstrated that the circuit can operate at 0.347 V with extremely low power of 6.61 nW, which was 33% power reduction compared with conventional one.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る