成果報告書詳細
管理番号20150000000035
タイトル平成25年度成果報告書 平成23年度採択先導的産業技術創出事業 11B06005c 新導電性ポリマーによるリチウムイオン蓄電デバイスの高出力・大容量化技術の開発 平成25年度中間
公開日2015/4/17
報告書年度2013 - 2013
委託先名学校法人五島育英会東京都市大学金澤昭彦
プロジェクト番号P00041
部署名イノベーション推進部
和文要約ポリチエン(イオウ系共役ポリマー)をリチウムイオン二次電池の正極材に用いた際の性能劣化に対する原因を究明するため、ポリチエンの電気化学合成における反応機構について検討を行った。その結果、これまでに開発した種々の電気化学的合成法において、いずれの場合も基本的にはCS2の還元反応に基づくことが明らかとなった。従来の第3級ホスフィン共存下におけるCS2の電解重合では、生成物中にホスフィン成分や低分子量成分が存在し、これらが性能劣化の一因であることがわかった。そこで、第3級ホスフィンを用いないCS2単独の電解重合法を開発し、高純度、高分子量であり電気化学的にも安定なポリチエン合成の実現可能性を示すことができた。また、レドックス導電性を有する新規なポリチエンを開発することができた。
英文要約In the present study, to improve cycle characteristics of a lithium-ion secondary battery using the polythiene compounds as a cathode active material, we investigated the cause of performance deterioration of the polythiene-based lithium-ion rechargeable battery, resulting from electrochemical decomposition of the polythiene compounds. The polythiene compounds have been synthesized from carbon disulfides in the presence of a suitable tertiary phosphine, so far. It was found that the polythiene products contain a phosphine component as an impurity and a low-mass compound, resulting in the electrochemical decomposition of the polythiene materials. On the basis of the fact, the polythiene compounds were prepared by the reductive electropolymerization of carbon disulfides in the absence of a tertiary phosphine, which possess a high electrochemical stability due to high-purity and high-mass characters.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る