成果報告書詳細
管理番号20150000000067
タイトル平成23年度-平成24年度成果報告書 新エネルギーベンチャー技術革新事業 新エネルギーベンチャー技術革新事業 (燃料電池・蓄電池) リバーシブル燃料電池の技術開発
公開日2015/4/17
報告書年度2011 - 2012
委託先名エクセルギー工学研究所株式会社 国立大学法人東京大学
プロジェクト番号P10020
部署名イノベーション推進部
和文要約件名:平成23年度-平成24年度成果報告書 新エネルギーベンチャー技術革新事業 新エネルギーベンチャー技術革新事業(燃料電池・蓄電池) リバーシブル燃料電池の技術開発

リバーシブル燃料電池の技術開発は、負極のみリバーシブルな燃料電池を最初に開発し、その後、正極ならびに負極ともリバーシブルな燃料電池を開発するという2段階で開発を進めてきた。負極リバーシブル燃料電池のベンチモデル装置において、冷却構造を採用することにより電池のホットスポットを無くし、温度上昇を抑えることを確認した。リバーシブル燃料電池のエクセルギー率を上げて、最大1.5Vの起電力を確認した。これにより既存の燃料電池が0.8V程度と低効率であるのに対して実用可能の燃料電池を製作することが可能となった。次にプロトタイプとして、サブC型で容量4.4Ahの電池を試作し、目標値である2kW/kgの出力を確認した。さらに、移動体用電源として18mm径で長さ500mm、容量32Ahの電池、ならびに電力系統用電源として80mm径で長さ500mm、容量500Ahの電池を試作し、その性能確認試験を実施した。両極リバーシブル燃料電池の実現には、正極もリバーシブル化する必要がある。この目的のために二酸化マンガン電極最適化の基礎試験を東京大学が実施し、その有用性を確認した。リバーシブル燃料電池のビジネスプランとして、移動体用はスマートハウス用で展開開始してから、建設機械や大型車で実証する。電力系統電源は通信機器バックアップ電源から参入し、系統安定化で実証する。その他、大型電池でありながら大出力が可能な特性を生かし、電力貯蔵などの分野へも適用を図っていく。
英文要約Title: New Energy Technology Research Development/New Energy Venture Business Technology Innovation Program(Fuel Cells and Batteries)/The Development of the reversible fuel cell (FY2011-FY2012) Final Report

The development of the reversible fuel cell is being advanced at 2 stages. First, only anode, negative electrode reversible fuel cell is developed. Secondly, not only anode but also cathode, positive electrode reversible fuel cell are the under the development.Regarding the bench model device of anode reversible fuel cell, we have tested and concluded that the difference of battery surface temperature and internal temperature becomes rather small by adopting the lamination system of the anode, the separator and cathode. In addition, with lamination system adoption, it made it possible the thermometry. Inside the cell that past measurement is difficult. Furthermore also the fact that it reaches the point where also electric resistance can decrease is merit. The battery of capacity 4.4Ah was made on an experimental basis with sub C type as a prototype, the output of 2kw/kg which is set point was verified. The battery with capacity 32Ah, the length 500mm,18mm diameter as a power source for the portable and the another battery with capacity 500Ah, the length 500mm,18mm diameter are in the midst of producing with 18mm diameter a power source for electric power system.The positive electrode to reversible it is necessary to convert in actualization of the both electrode reversible fuel cell. For this purpose fundamental test of manganese dioxide electrode optimization presently it is in the midst of requesting in the University of Tokyo. The performance test which increased oxygen density for high output conversion in the future it is execution schedule as well. For the commercializing, we are planning to start development on business the portable reversible fuel cell for smart houses, after we verify the construction equipment and the full-sized cars. Regarding to Power systems, we enters to communication equipment backup power source and proves with systematic stabilization.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る