成果報告書詳細
管理番号20150000000094
タイトル平成22年度-平成25年度成果報告書 国際エネルギー消費効率化等技術普及協力事業 都市廃棄物高効率エネルギー回収技術実証事業(中国)
公開日2015/4/15
報告書年度2010 - 2013
委託先名荏原環境プラント株式会社
プロジェクト番号P93050
部署名新エネルギー部
和文要約要約

 本事業は、新設される廃棄物発電施設に中国従来技術より燃焼効率及び発電効率が高い「次世代ストーカ焼却システム」を導入し、環境性能に優れたごみ焼却を促進するとともに、発電量の増加にともなう代替エネルギー量の増加により、事業採算性の向上を図り、もって当該技術を普及させることを目的としている。
 本事業では、次世代ストーカ焼却システムを、中国内蒙古自治区呼和浩特市の生活ごみ総合処理場(サイト企業:呼和浩特市京城固体廃物処置有限公司)に建設し、技術の実証及び普及活動等を行うべく日本・中国共同で開始した。
 平成22年度より事業を開始し、途中、予算変更(増額)し、中国での新ごみ標準基準対応を行った。その後、順調に事業を進めてきたものの、平成23年5月から開始された土木・建設工事において、FSでは想定外の建設現場地下を流れる地下水の影響により、地盤沈下や基礎の柱が浮き上がる恐れがあることがわかった。これらに対応すべく土木・建設工事関連の設計をやり直したため、地下の掘削量が増加したことや、同年は冬期が早期に到来したことによる工事中断時期の前倒しなどの影響により、工事期間が当初の工程から大幅に遅延することとなった。平成24年3月の工事再開後、サイト企業、日側双方で協議の上、協定付属書(以下、IDと記す)を延長し、サイト企業は工程を挽回すべく全力で取組み、日側も出来る限りのアドバイスを行ったが、挽回するまでには至らず、基本協定書(以下MOUと記す)、及びIDの期限である平成25年9月27日までに本事業を終了することは難しい状況となった。サイト企業は、平成25年5月に呼和浩特市発展改革委員会へMOU延長申請(平成26年2月28日に変更)を行い、6月には内蒙古自治区発展改革委員会も承認し、国家発展改革委員会へ申請書が送られた。その後、9月に日中両国間においてMOUの変更が承認され、IDも同様に変更した。
 厳しい工程の中、サイト企業は期間内の工事完了・実証事業終了に向け真摯に努力し、日側も最大限のサポートを行ったが、実証事業の範囲外の設備の不適合なども生じたため、残念ながらMOUの期間内に、十分な性能確認が行えず、実証運転まで完了することは出来なかった。
 その後、サイト企業は、日側のアドバイスも踏まえながら運転を継続し、無事に性能確認及び実証運転が完了し、本事業の有効性が証明された。
 本技術は中国の環境政策、再生可能エネルギー政策に大きく寄与するものであり、従来技術と比較しても高効率でのエネルギー回収が可能となることが予想されることから、普及可能性も高いといえる。サイト企業は今後も継続して事業を行い、また、日側とも十分協力することにより、本事業が普及していくことが望まれる。
英文要約Summary

This is the international model project for increasing the efficient use of energy utilizing municipal waste high-efficiency energy recovery technology, of which objective is to realize and demonstrate the effect for effectual utilization of energy resources and environmental protection by installing an advanced waste incineration plant in Hohhot City, Inner Mongolia Autonomous region in comparison with conventional municipal technology in China.
This project is jointly carried out by China and Japan.
We started project in 2010 and on the way, we made an action for applying new standard for incineration of garbage to this project.
At first, the project progressed smoothly; however, from 2011 the schedule began to be delayed due to redo of design by the influence on groundwater at site and suspension of work by weather condition in local area.
We decided to extend Implementation Document (ID) by amicable consultation and Chinese partner made effort to recover the schedule; however, it found that project would not be able to terminate by original expiry date (September 27, 2013) of MOU.
Chinese partner made application for extending MOU until February 28, 2014 to authorities concern of MOU on Chinese side (NDRC and IMDRC) via Hohhot city and MOU was extended until February 28, 2014 by consultation with Japanese site (NEDO) and Chinese side (NDRC/IMDRC).
Although Chinese partner tried hard earnestly in the severe schedule towards the end of completion of project within revised period and we also performed the maximum support, we could not make performance verification and demonstration operation within revised period due to some additional reasons such as nonconformity of equipments/facilities out of scope of this project.
After that, Chinese partner continued to operate this plant with our advice and performance verification and demonstration operation was completed with success, so the validity of this project was certificated.
This technology contributes to a Chinese environment policy and a renewable energy policy greatly, and since it is expected that the energy recovery in high efficiency becomes possible even if it compares with conventional technology, dissemination possibility can also be referred to as high.
Chinese partner is expected to undertake this project continuously and to develop this technology by receiving support from us (Japanese side).
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る