成果報告書詳細
管理番号20150000000103
タイトル*平成26年度中間年報 国際エネルギー消費効率化等技術普及協力事業 技術実証事業 「膜技術を用いた省エネ型排水再生システム技術実証事業(サウジアラビア)」
公開日2015/4/15
報告書年度2014 - 2014
委託先名千代田化工建設株式会社
プロジェクト番号P93050
部署名環境部
和文要約1.事業目的: 本事業は海水淡水化に代わって膜技術を用いた省エネ性に優れた排水再生システムにより造水・排水処理分野での省エネルギー化と温室効果ガス削減を図るものである。FS業務は、MODON(Saudi Industrial Property Authority)のDammam 1st Industrial City を対象として実施した。ここで工業排水と一般下水の混合排水5,000 m3/day から3,500 m3/dayの再生水を作製し、これを工業用水として利用する場合を検討し、72t Joule/yearのエネルギー削減効果が予想されることを報告した。本実証事業では、このFS結果をもとにMODONとの合意に基づきサウジアラビア東部の工業団地 Dammam 1st Industrial Cityにおいて膜技術を利用した排水再生設備を設置する。得られた再生水は、工業団地の工業用水として利用される予定である。
2. プロジェクト概要:[設備設置場所] Dammam 1st Industrial City(Dammam空港より約 30 km)[敷地面積] 約200万 m2 [工場数] 約120 [工場の種類] 化学薬品、アルミ加工、金属加工、プラスチック加工、飲料、電気部品、塗料等多種 [設計排水流入量] 5,000 m3/day [再生水量(工業用水として再利用)] 3,500 m3/day [設計排水水質(最大)] TDS=8,000 mg/L, TSS= 1,500 mg/L, COD=2,500 mg/L, BOD=1,000 mg/L [再生水水質(目標値)] SS<10 mg/L, COD<30 mg/L, BOD<10 mg/L, TOC<20 mg/L [処理システム] DAF+MBR+RO+Sludge Treatment
3.実施項目(1)機器調達:本年度(平成26年度)日本側の機器製作はRO UnitおよびMBR膜。RO膜を除き、ほぼ完了した。(2)機器の開梱検査立会および定期保守:千代田化工建設は倉庫保管されている日本側機器の開梱検査に立会い、大きな損傷がないことを確認した。
(3)建設工事:2014年11月開始、2016年7月完了予定(試運転含む)。(4)その他:建設工事開始の遅れにより実証期間完了が2015年1月末から2017年7月までとなった(実証運転含む)。
4.今期の成果: (1)研究発表:グリーンイノベーションエキスポ2014(2014年10月-11月)、口頭発表(2)特許:特に無し(3)受賞実績:特に無し(4)成果普及の努力(プレス発表等):特に無し
英文要約1. Purpose:The purpose of this project is to expand the energy-saving and GHG reduction using the energy - saving wastewater reclamation system with membrane technology as an alternative for seawater desalination. In feasibility study in Dammam 1st Industrial City, it was studied that 3,500 m3/day reclaimed water can be produced from 5,000 m3/day of wastewater. Based on a result of this feasibility study, the wastewater reclamation plant is constructed in Dammam 1st Industrial City under the agreement of Implementation Document with MODON. Reclaimed water is reused for industrial water inside in the Industrial City.2. Project summary: [Plant Site] Dammam 1st Industrial City (Approx. 30 km from Dammam Airport) [Site Area] Approx. 2,000,000 m2 [Number of Industries] Approx. 120 [Industries Type] Chemicals, Aluminum Products, Metal Products, Plastic Products, Beverage Manufacture, Electric Materials, Paint Materials and etc. [Wastewater Quantity] 5,000 m3/day [Reclaimed Water Quantity] 3,500 m3/day (Reuse as Industrial Water) [Wastewater Quality (Max.)] TDS=8,000 mg/L, TSS=1,500 mg/L, COD=2,500 mg/L, BOD=1,000 mg/L [Treated Water Quality (Target Value)] SS<10 mg/L, COD<30 mg/L, BOD<10 mg/L, TOC<20 mg/L [Treatment System] DAF+MBR+RO and Sludge Treatment3. Conducted item:(1)Procurement: RO Unit and MBR Membrane were procured in FY 2014. Procurement of Japan equipment was almost finished except RO membrane.(2)Witness of unpacking inspection and periodically preservation for Japan equipment: CHIYODA CORPORATION witnessed unpacking inspection and confirmed no serious damage.(3)Construction: From November 2014 to July 2016 (include commissioning)(4)Other: Completion of demonstration is extended from January 2015 to July 2017 (include operation).3. Publication of Results:(1)Presentation: GREEN INNOVATION EXPO 2014, October-November 2014(2)Patent: None(3)Receiving a Prize: None(4)Press Release: None
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る