成果報告書詳細
管理番号20150000000125
タイトル平成26年度成果報告書 風力発電等導入支援事業 環境アセスメント調査早期実施実証事業 環境アセスメント迅速化研究開発事業 (洋上風況マップに関する基礎検討)
公開日2015/4/23
報告書年度2014 - 2014
委託先名アジア航測株式会社
プロジェクト番号P14023
部署名新エネルギー部
和文要約1.概要
本調査は、洋上をはじめとする風力発電の導入拡大を目的とした洋上風況マップに必要な構成要素の策定に際し、我が国の海域の水深、海底地質等の環境情報や港湾区域、航路等の社会環境情報のうち、どのようなデータが利用可能かどうかを明らかにした。また、洋上風力発電計画の策定に必要な風況データの整備状況を調査するとともに、シミュレーションモデルの選定や必要なパラメータ等の検討を行った。なお、検討にあたっては有識者からなる第三者委員会を組織し、2回の技術委員会を行って、調査内容の妥当性について評価した。

2.調査結果
1)国内にける情報整備状況の整理では、NEDOと環境省の風況マップの他、環境省のデータベース2件、海上保安庁の海洋台帳の計5件、先進事例の調査では、海外8カ国の風況マップの分析をそれぞれ行った。これらの情報から、公開データ、シミュレーションモデル(モデル)の設定条件及び風況データの仕様、情報提供システムの整備状況について以下に分析した。
2)公開データは、利用者のニーズ、わが国の自然的・社会的特徴、データ整備の難易度などの観点からデータの優先順位づけを行い、最優先するデータ36件(地形図・風況データ・水深・漁業権・公園区域・港湾区域・航路・送電線等)と優先するデータ28件、合計64件のデータを選定した。
3)モデルは、多くの事例で見られたオープンソースのメソモデルを用い、必要に応じて日本領域への改良を行うこととした。設定パラメータについて、入力データは既存の高精度なデータを用い、メソモデルの水平解像度は500m以下とした。メソモデルの精度目標は、洋上におけるハブ高度の年平均風速誤差±10%以内とし、この精度目標確認のため、既存の地上・洋上観測、衛星のデータを収集・整理することとした。また、洋上での風況観測の必要性について検討した結果、既存の洋上観測データで精度検証は十分行えると思われるが、北海道沿岸での実測値があればより精度向上に繋がると考えられるとした。
4)情報提供システムは、webGISを用いたシステムとし、機能は操作性が容易で、データの検索性が高く、出力が可能なものとした。
英文要約1. Summary
This study shows the possibility of utilizing the social features including water depth, geological features of seabed and environmental information, sea lines of the sea around Japan, when the specifications of an offshore (and onshore) wind profile map were studied in order to develop a wind farm.
In this study, many kinds of wind profile maps were searched and investigated and assessment of several kinds of wind profile simulation software including the input parameters was done.
In addition to the above, a third party committee consisting of experts was established and the results of study were discussed in the 2 meetings by the committee.

2. Results of the study
1) The study was done for the 2 existing wind profile maps in Japan, one established by NEDO and the other by the Ministry of the Environment, 2 Data base of the Ministry of the Environment and the marine webGIS by Japan Coast Guard. In addition, the study for the overseas Wind Altas was conducted for 8 ones. In these studies, the specifications of the data types, the parametric condition of the numerical simulation model, the specification of wind data and the outline of each system were analysed for each Wind Atlas.
2) The data to be publicized were selected from the total of 64 kinds. According to the needs of users, natural and social features of Japan and the difficulty of data maintenance, they were devided into 2 classes:-36 kinds of data with maximum priority including topographic maps, wind profiles, water depth, fishery rights, park area , port area , sea routes and transmission lines , etc. -28 kinds of data with medium priority.
3) The proposals of the committee are the followings:
-Like most of the cases in foreign countries, the wind profile simulation model should be based on the existing meso scale model with appropriate modifications to fit the features of the sea around Japan.
-The input parameters should be existing high resolution data and the horizontal resolution should be less than 500m.
-The target accuracy of the meso scale model should be less than 10% at the height of the rotor center. Existing onshore, offshore and satellite data should be collected and compared to the model data in order to keep the target.
-The necessity of measuring the actual wind profiles was discussed in the committee, which concluded that the data validation of the model can be done with the existing data, but the further resolution of the data can be expected, if the real data off Hokkaido is measured.
4) The infrastructure of the Wind Altas should be based on webGIS with friendly user interfaces and easy output.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る