成果報告書詳細
管理番号20150000000259
タイトル平成26年度成果報告書 風力等自然エネルギー技術研究開発 風力発電高度実用化研究開発 スマートメンテナンス技術研究開発 (分析)(リスク解析等) 国内風力運用実態調査 (平成26年度中間報告)
公開日2015/5/1
報告書年度2014 - 2014
委託先名国立大学法人東京大学先端科学技術研究センター
プロジェクト番号P13010
部署名新エネルギー部
和文要約風車の不適切なメンテナンスや技術欠落を原因とする風車の稼働率低下(設備利用率の低下)、故障の増加や風車の停止時間の増大といった課題を解決するため、目標稼働率95%を達成可能なメンテナンス技術を開発し、風力発電事業で適切に活用されるためのメンテナンスチェックリスト、保険への反映、認証への適用性検討など実効的なスキームを検討している。当事業では、稼働率95%を達成可能なメンテナンス技術を開発し、風力発電事業で適切に活用されるための実効的なスキームを検討する。風車のメンテナンスには、健全性を確認し異常を早期に検知する定期メンテナンスとトラブル時に問題箇所を特定し適切な処置を施すトラブル時メンテナンスがある。これらを効率化し故障を未然に防ぐため、当事業では各種要素部品の状態監視システムCMS(Condition Monitoring System)の活用と関係するセンサ群の開発や分析技術、故障検知技術の開発、メンテナンスに必要な情報収集蓄積を可能とする情報プラットフォームの開発、最適な情報通信システム開発している。
本中間報告は、多くの風力発電事業者にご協力をいただいたアンケート収集結果を分析し、風力発電事業の効率的運用と安全運用に資する情報として整理を進めた結果の一部をとりまとめた。ここでは単なる数値集計結果を整理するのではなく、集計結果に対して事業運営の一助になる仮説を立て、その仮説に対してアンケート集計結果がどのように示されるのかを検討している。これにより、稼働率向上のためにどのような観点、留意点が必要であるかを炙り出すとともに、風車の管理運用に必要なソフト・ハード両面の展望についても明確にする。
英文要約The objective of this project is to develop maintenance technology that will enable a target availability of 95% to be achieved and to examine effective schemes, such as a maintenance checklist, for appropriate use in projects that focus on generating wind power. This project will also focus on insurance and certification applicability in order to solve issues caused by inappropriate wind turbine maintenance or technical deficiencies, including decreases in availability, increases in the number of malfunctions, and increases in the amount of time that a wind turbine is shut down. As part of this project, high efficiency maintenance technology that will contribute to improving the equipment usage rate of wind power generation equipment in Japan will be developed. With this project, maintenance technology tha t will
make it possible to achieve an availability of 95% will be developed in close collaboration with the development of smart maintenance technology organized as a separately subsidized project, and effective schemes for the appropriate use thereof in wind power generation projects will be examined. The maintenance of wind turbines includes periodic maintenance to confirm their soundness and detect abnormalities at an early stage and maintenance that is implemented when a problem occurs, which involves identifying the location of the problem and implementing appropriate measures. To improve the efficiency of these types of maintenance and prevent a malfunction before it occurs, this project will examine the application of a Condition Monitoring System (CMS) that monitors the conditions of various key components, the development of sensors related thereto, the development of analysis technology and malfunction detection technology, the development of an information platform that will enable data necessary for maintenance to be gathered and stored, and the development of an optimum information communication system. Furthermore, the content of operation logs and work logs for wind turbines and wind farms in Japan will be carefully examined through efforts that will include questionnaires and interviews. A database of maintenance conditions, operation conditions, and troubleshooting for various types of SCADA errors will also be designed and analyzed.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る