成果報告書詳細
管理番号20140000000811
タイトル平成21年度成果報告書 産業技術研究助成事業 09A08011a ヒト型糖鎖を均一に有する組換え糖タンパク質を高効率に生産する代替宿主としての酵母株の開発 平成21年度最終
公開日2015/5/16
報告書年度2013 - 2013
委託先名独立行政法人産業技術総合研究所安部博子
プロジェクト番号P00041
部署名イノベーション推進部
和文要約これまでに開発してきたヒト型糖鎖中間体Man5GlcNAc2 (M5)を合成することができる酵母株にイネ由来のGlcNAc転移酵素をコードするGnT-I遺伝子を導入し、GlcNAcMan5GlcNAc2 (M5GlcNAc)を効率的に合成することができる株を開発することに成功した。さらに、シロイヌナズナのαマンノシダーゼII遺伝子をコードするManII遺伝子を導入しGlcNAcMan3GlcNAc2(M3GlcNAc)を合成する株も開発することができた。本株ゲノム中にラット由来のGlcNAc転移酵素をコードするGnT-II遺伝子を導入した株も構築することができた。
英文要約S. cerevisiae YFY20 strain producing M5 oligosaccharide was engineered
by the introduction of the Oryza sativa GnT-I, and Arabidopsis
thaliana was mannosidase II and could be produced M3GlcNac
oligosaccharide. Furthermore, a strain which was introduced a Rattus
norvegicus GnT-II was developed in this study.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る