成果報告書詳細
管理番号20150000000057
タイトル平成23年度-平成25年度成果報告書 地域水素供給インフラ技術・社会実証 地域実証研究 福岡県・佐賀県における実証研究
公開日2015/5/27
報告書年度2011 - 2013
委託先名福岡県 JX日鉱日石エネルギー株式会社 佐賀県 岩谷産業株式会社 国立大学法人九州大学 九州電力株式会社 九電テクノシステムズ株式会社 新日鐵住金株式会社 有限会社鳥栖環境開発綜合センター
プロジェクト番号P11003
部署名新エネルギー部
和文要約平成23年度-平成25年度成果報告書 地域水素供給インフラ技術・社会実証 地域実証研究 福岡県・佐賀県における実証研究

本実証は、技術実証、社会実証を通じて規制見直しも含めたビジネスモデルの検証を行い、福岡県および佐賀県が中心となって策定する燃料電池自動車(以下、FCV)および水素供給インフラの普及計画の策定および推進に資することを目的として実施した。

(1)水素ステーション連携による広域エリアでのFCV走行実証
北九州、九州大学、鳥栖の3ステーションで連携し、FCVの走行実証を行い、走行データや充填データを蓄積や運転手へのアンケート調査、また、広域走行実証の結果を分析し、FCVユーザーの利便性等を考慮した水素供給インフラの適切配置等を検討することにより、福岡県および佐賀県が中心となって策定した「北部九州燃料電池自動車普及促進構想」の検討に貢献した。

(2)模擬セルフ充填等、規制合理化の検討
平成23年度から規制合理化検討委員会の下部組織「公道・セルフ充てん検討会」にオブザーバー参加し、セルフ充填実用化のために解決すべき法規及び設備上の課題の抽出に協力するとともに、現行法規の制約の中で模擬セルフ充填試験を行い課題を検証した。平成23、24年は、水素ステーション運用事業者の未経験従業員をモニターとしてGSのセルフ充填との難易度の比較や、法令面での課題を抽出し設備対応で解決可能かを検証した。また、平成25年に新任者を対象に模擬セルフ充填試験を行い、未経験者による課題を抽出した。平成26年には、北九州、九州大学、鳥栖水素ステーションの従業員が互いの充填設備と充填手順を習得し、模擬セルフ充填試験を行うことにより、ハード・ソフト面の違いとセルフ充填に向けて解決すべき課題を共有した。

(3)副生水素供給実証、スマートコミュニティとの連携実証
平成23年度から製鐵所にて生じる副生水素をパイプラインにより直接供給するオフサイト型水素ステーションの実証を行った。パイプライン供給については、実証開始以来、品質・設備管理面におけるトラブル等も発生せず、安定的に運用された。
スマートコミュニティとの連携実証については、平成24年7月より電力需給状況に応じて電力料金を変動させるダイナミックプライシング実証実験に参画した。ステーション内の使用電力量や当日の時間帯別料金が表示される端末機を活用し、実証エリア内の電力需要が少なく、料金安価な時間帯に蓄圧器への水素充填を実施することにより、水素を媒体とする電力需要平準化の有効性を確認した。

(4)再生可能エネルギーを活用した水素供給実証

(鳥栖水素ステーションにおける実証)
FCVの普及初期や、将来の非人口密集地域を想定した水素供給インフラを想定した実証研究を行い、以下の成果が得られた。
・木質バイオマスを改質して得られた水素もFCVの燃料とすることは可・br>・水素カードルは、再生可能エネルギー由来水素のバックアップソースとして有効
・設置コスト低減に有効な可搬式水素ステーションについて、安全性や耐久性に問題はない
・インターネットを介した遠隔監視を行うことで、トラブル発生時における対応の迅速化が図られる可能性がある

(九州大学水素ステーションにおける実証)
水の電気分解による水素製造を行うオンサイト型ステーションである九州大学水素ステーションをモデルケースとし、太陽光発電及び風力発電を活用した水素製造の検討を行うべく、年間を通じた太陽光発電および風レンズ風車の出力データを取得した。再生可能エネルギーの出力変動が水素製造装置に与える影響を調べるために発停を頻繁に繰り返すような水素製造パターンを変化させたが、変動による劣化は確認できなかった。
英文要約Title:Japan Hydrogen & Fuel Cell Demonstration Project phase 3-Demonstration Project in Fukuoka and Saga Prefecture (FY2011-2013) Final Report

This project is performing verification of business model including restriction revision through technology demonstration and social demonstration. The purpose is to contribute to formulating and promoting FCV and Hydrogen infrastructure diffusion plan mainly formulated by Fukuoka and Saga prefecture.
(1) Demonstration of running FCV in a wide area by cooperating hydrogen station
Under the cooperation of three stations, we have done FCV actual running demonstration to store data of running and hydrogen filling and collect drivers interviews. And we analyzed wide area demonstration result to study Hydrogen infrastructure optimum location with considering FCV users utility.
(2) Examination of the rationalization of regulation, imitating self filling etc.
We have attended the ”Study Conference of Hydrogen Refueling on Public Road and Self-Service Hydrogen Refueling” under “the Committee for the Adjustment of Japanese Regulations for Hydrogen” as observer, and contribute the conference to extract the regulation problems and facilities problem which should be resolved to realize self-service refueling. And also we have carried out the test of simulated self-service refueling operation under the present regulations.
(3) Demonstration of by-product hydrogen supply, and cooperation with the Kitakyushu Smart Community Creation Project
Was examined how to take advantage of the hydrogen station to supply hydrogen directly by-product from ironworks.The supply via a pipeline of by-product hydrogen has not caused the trouble in quality and the facility management, and has been operated stably.A test project implemented “dynamic pricing” where prices change by power demand estimate. We checked monitor and charged hydrogen accumulator during the hours of lowest demand, confirmed effectiveness of power demand equalization by hydrogen carrier.
(4) Demonstration of hydrogen supply in utilizing renewable energy (Tosu Station)
We conducted the experimental study of hydrogen supply infrastructure assuming the beginning of FCV commercialization and the future non-dense population areas. The results are below
- It is possible to use hydrogen obtained through wood biomass reforming as fuel for FCV.
- Hydrogen cadres are effective as a back-up source of hydrogen derived from renewable energy.
- Regarding the transportable hydrogen stations effective in reduction of installation cost, safety and durability are ensured.
- Remote monitoring via the Internet enables a quick action to be taken in case of trouble.
(5) Demonstration of hydrogen supply by utilizing renewable energy Kyushu Univ. ST,)
The feasibility of hydrogen production by renewable energy has been performed by making use of a hydrogen station at Kyushu Univ. which consists of two electrolyzers. Deterioration of electrolyzer by frequent start-and-stop operation was examined and no significant decrease in efficiency of hydrogen production was observed.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る