成果報告書詳細
管理番号20150000000076
タイトル平成22年度-平成25年度成果報告書 米国ニューメキシコ州における日米スマートグリッド実証 ロスアラモス郡におけるマイクログリッド実証
公開日2015/5/27
報告書年度2010 - 2013
委託先名株式会社東芝 株式会社日立製作所 京セラ株式会社 日本ガイシ株式会社 伊藤忠テクノソリューションズ株式会社 日本電気株式会社
プロジェクト番号P09023
部署名スマートコミュニティ部
和文要約本報告では、米国ニューメキシコ州における日米スマートグリッド実証における、ロスアラモスサイト構築およびそこで行った実証内容について報告する。本プロジェクトは、NEDO 取りまとめのもと、日本 企業 19 社と米国の研究機関や大学が参画する大規模なもので、ロスアラモスおよびアルパカーキの 2つの サイトで実証が行われた。
ロスアラモスの実証サイトは、15MWの配電用変電所から出ている配電線内に 1MW の太陽光発電(PV)、1MW/6MWh の NAS®電池、0・8MW/2・3MWh の鉛蓄電池、それらを制御するμEM(S Micro Energy Management System)、およびスマートハウスから構成される。ロスアラモス郡配電部門が土地と配電設備を提供し、日 本企業各社が実証に必要な設備およびネットワーク機器を納入した。実証においては、配電線を切り替えることにより PV の導入比率を変化させることが可能であり、そのような条件の下で PV の出力の変動を蓄 電池で抑制しつつ、潮流安定化を実現している。実証サイトは 2012 年 9 月 17 日に運用を開始し、2014 年3 月まで実証が行われた。本報告では、これらの実証サイトの構築も含め、実証で得られた成果について 以下の構成で述べる。
第 1 章では、ロスアラモスサイトの構築と、上記潮流安定化の実証について評価している。そして第 2 章では、鉛蓄電池システムおよび PV-PCS の構築と、それらを利用した実証について示す。第 3 章では、1MW の PV システムについて、第 4 章では NAS 電池について述べる。第 5 章では、第 1 章とは別の手法 にて実装した PV 予測方式について示す。最後に第 6 章では、スマートハウスと連携した転送遮断システムについて述べる。
英文要約This report includes content of collaborated Japan and United States smart grid demonstration project located at Los Alamos site in New Mexico, United States. Many participants as such 19 Japanese companies, American research institutes and universities were included in this large-scale project implemented in both Los Alamos and Abuquerque demonstration site.
At Los Alamos site, a 1 MW of photovoltaic power generation (PV), a 1 MW/6 MWh of NAS® storage battery, a 0.8 MW/2.3 MWh of Lead acid storage battery with supervision and control of μEMS (Micro Energy Management System) and smart house were installed under a feeder line of a 15 MW transmission substation. Los Alamos county power distribution division providing facilities and land, Japanese companies supplying equipments and networking devices necessary for the demonstration project. In this demonstration, PV integration ratio could be adjusted via power transmission line switching under the condition of PV output fluctuation suppression using battery, realizing power flow stabilization in power grid. This demonstration site has started its operation from 17th September 2012 and the demonstration has been conducted until March 2014. This report explains the configuration of the system also achieved results obtained from the demonstration.
Chapter 1 evaluates the configuration of the system in Los Alamos site and the above mentioned power flow stabilization demonstration. Chapter 2 shows the configuration of the lead acid battery and PV-PCS along with its demonstration application. Chapter 3 mentions about the 1MW PV system and chapter 4 describe NAS battery. In chapter 5, a different methodology from chapter 1 was used to implement a PV output forecast system. Lastly, chapter 6 explains a transfer interrupting system connecting to the smart house.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る