成果報告書詳細
管理番号20150000000085
タイトル平成26年度成果報告書 地球温暖化対策技術普及等推進事業 JCMプロジェクト実現可能性調査 インドネシア国における素材産業製造装置向けアドバンスト省CO2制御プロジェクト案件調査
公開日2015/5/16
報告書年度2014 - 2014
委託先名アズビル株式会社
プロジェクト番号P11013
部署名省エネルギー部
和文要約平成26年度成果報告書 地球温暖化対策技術普及等推進事業 「JCMプロジェクト実現可能性調査 インドネシア国における素材産業製造向けアドバンスト省CO2制御技術適用」案件調査

本調査では、政府が推進しようとしている「二国間クレジット制度」(JCM)の構築に向けて、弊社の低炭素技術である「アドバンスト省CO2制御技術」(APC)をインドネシアの素材産業製造設備、特に国内で実績の多い石油化学工業、セメント工業に対して適用した場合の温室効果ガスの排出削減効果を、定量的に推定することで、具体的な排出削減プロジェクトの発掘とその組成を行う目的で実施した。
今回適用を考えているAPCは、多変数モデル予測制御技術を用い、安定制御とともに、エネルギー消費量最小、収率最大とする最適化機能を併せもち、製造設備の製品製造量あたりのCO2排出量を大幅に削減できる。本技術は、既存の製造プロセス自体を改造することなく、既設制御システムの上にAPCを構築することのみで実現でき、高価な設備の導入が不要で投資効果が高くかつ短納期で実現できるものである。本調査での主な実施内容およびその成果は以下のとおりである。
1)アンケート調査によるインドネシア国内での当該技術適用によるCO2削減ポテンシャルの調査。
<成果>エチレン系石油化学のうち苛性・VCM工場およびセメント工場向けにアンケートを作成・配布し、生産量、エネルギー消費量、機器構成、実施済技術等に関しての調査を実施。その結果、本技術適用により、苛性・VCM工場では 約5万トンCO2/年、セメント工場では 約10万トンCO2/年の削減のポテンシャルがあることが推定された。
2)苛性ソーダ・VCMの特定工場を対象に、詳細フィージビリティスタディ(FS)の実施
<成果>選定した対象工場では、電解プラントの運用状況は、APC導入によりCO2削減効果が出る余地が少ないことが判明した。
またVCMプラントの分解炉の安定化制御に強い関心をもっており、分解炉の分解率向上のためのAPC制御を実施する前に、分解炉まわりの計測器・制御などで解決する問題があり、現時点では、安定制御導入が第一の課題であることが判明した。
そのため、現状では、CO2削減効果をあまり見込むことができず、JCM事業というよりも、商用ベースでの改善の実施をめざす。
3)当該技術の素材産業設備導入に適した削減量算出方法論(MRV)の第三者の適用可能性評価の審査
<成果>苛性ソーダ・VCMプラントを対象にAPCを導入した場合のMRVについて、原単位法を軸とした方法論を特定し、JCM方法論規定のWORDおよびEXCEL形式を完成させ、第三者の適用可能性評価の審査を受けた。
4)本プロジェクト実施を促進するためにファイナンス等方策に関する検討を実施。
<成果>当該技術を導入し、CO2削減を実施しようとする工場の課題として、・導入初期費用の手当 ・導入後、本当に効果が出るのかの危惧 が挙げられる。
これらの課題を解決する優れたスキームであるESCOシェアード・セイビング契約について検討をした。

今後の展開としては、今回実施した特定工場のFSでは、CO2削減のJCMプロジェクトには直結しなかったが、商用ベースでは事業性があり、プロジェクト実施に繋げたい。また、インドネシアでの苛性ソーダ・VCMプラント工業やセメント工業のCO2削減のポテンシャルは、アンケート調査結果で判ったとおり大きく期待される。今回、1工場に実施したFSを上記業界の他工場にも展開し、JCM実証事業につなげていきたい。
英文要約FY 2014 Business Report: Feasibility Studies (FS) with the Aim of Developing a Joint Crediting Mechanism (JCM)
Survey on the Project to Apply Advanced Process Control (APC) Technology for Manufacturing in the Primary Material Industry in Indonesia

In this survey, we investigate the effects of our low-carbon technology, APC technology, on reducing greenhouse gas emissions as it is applied to raw material manufacturing facilities in Indonesia in particular to ethylene and other petrochemical producers and cement producers where we have a good track record in Japan. Then, we aimed at finding targets for emission reduction projects and at formulating such projects, with a view to applying JCM promoted by the government.
The APC involves the multivariable model predictive control technology which has features of stabilization control and optimization. It minimizes energy consumption and reduces in CO2 emissions per unit of production. This technology functions by, simply adding APC onto the existing control system and it doesn’t need installation of expensive new equipment. It has a good return on investment.
Details of the survey and the outcomes are as follows.
1) We estimated the potential of CO2 reduction by applying the APC to caustic and VCM plants and cement plants by interview and/or questionnaires for the plants in these industries. As a result, we estimate that we can potentially reduce around 50,000 tons CO2 per year in caustic and VCM industry and around 100,000 tons CO2 per year in cement industry in Indonesia.
2)We conducted a FS at a specified caustic soda and VCM plant
It turned out that they had strong interest in stabilization control for the furnace in the VCM plant and there is not much potential to reduce CO2. We are aiming at improvement on a commercial basis rather than on a JCM project basis.
3)We developed and specified the measurement, reporting, and verification (MRV) methods appropriate for implementing our technology in caustic soda and VCM. It was verified by the third-party entity for applicability.
4)Considering finance steps to move ahead with the project
In implementing our technology that aims at reducing CO2 emissions, the plant people’s concern is whether it is really worth the initial installation costs.
We considered that an ESCO shared saving contract is an efficient scheme in addressing such concerns.
The results of FS at the specified plant did not lead directly to a JCM project for reducing CO2 emissions, but there is prospect on a commercial basis and we want to turn this opportunity into an actual project. As the questionnaire survey showed, there is great potential for CO2 reduction in the caustic soda and VCM and cement industry in Indonesia. We look to apply the detailed FS to the other plants in the above-mentioned fields, and pursue opportunities for JCM projects.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る