成果報告書詳細
管理番号20150000000113
タイトル平成26年度成果報告書 NEDO研究開発プロジェクトに係る追跡調査・評価(ケースタディ)
公開日2015/5/27
報告書年度2014 - 2014
委託先名EYアドバイザリー株式会社
プロジェクト番号Q05007
部署名評価部
和文要約1.調査概要
 本調査では、NEDOプロジェクトの成果が「上市段階」に至った企業を対象に、その成果を「NEDOの投資対効果」、「新規事業開発の意味」、「継続的収益の獲得」の項目から多面的に評価し、特に「継続的収益の獲得」に対して成功要因分析を実施することで、分野横断的な成功要因を抽出する。
 本調査の対象は、2001年度-2012年度に終了したNEDOプロジェクトに参加していた企業である。企業の選定項目は、(1)NEDOプロジェクトの成果が上市段階に至っており、事業活動を継続していること、(2)大企業であること(NEDOプロジェクト参加企業を当時の売上規模別で分けた場合、大企業の数が最も多いため)、(3)上市によって企業における新しい事業の柱が構築したこと、の3点とした。なお、分野横断的な成功要因を抽出するため、企業のNEDOプロジェクトにおける事業分野が重複しないように留意した。

2.調査方法
 まず、NEDOプロジェクト成果が「上市段階」に至った企業の成果を多面的に評価した。評価大項目として、「(1)NEDOの投資対効果」、「(2)新規事業開発の意味」、「(3)継続的収益の獲得」の3つを設定し、さらに8つの小項目へ細分化した。
 次に、「継続的収益の獲得」に対して成功要因分析を実施した。具体的には、事業上の意思決定者からの一次情報及び文献等からの二次情報に基づき、外部環境・内部要因分析を実施した。
 最後に、「継続的収益の獲得」に対する複数企業の成功要因分析結果の共通項を考察することで、分野横断的な成功要因を抽出した。

3.調査結果
 「継続的収益の獲得」に対する分野横断的な成功要因として、2つの共通項を抽出することができた。
<共通項1>
 NEDOプロジェクト開始前もしくは期間中に、技術が発現する機能と市場が生み出す顧客価値との間の整合性が設計できており、事業の全体像が描けていた。
<共通項2>
 技術開発を起点に、事業の全体像を描ける事業上の意思決定者と、新規事業を立ち上げるために既存事業から制約を受けない独立した組織体制の双方を有していた。

4.まとめ
 本調査では、「継続的収益の獲得」に対する分野横断的な成功要因として、「NEDOプロジェクト開始前もしくは期間中に、技術が発現する機能と市場が生み出す顧客価値との間の整合性が設計できており、事業の全体像が描けていた」こと、「技術開発を起点に、事業の全体像を描ける事業上の意思決定者と、新規事業を立ち上げるために既存事業から制約を受けない独立した組織体制の双方を有していた」ことが抽出された。
他方、分析結果から、技術・機能が生み出す顧客価値を最大化する複数の方法が示唆として得られた。今後は、調査対象を増やし、顧客価値最大化の方法別に成功要因分析を実施することで、「継続的な収益の獲得」につながる詳細な分析結果が得られると考える。
英文要約Title:The follow-up survey and the evaluation of the research and development project by NEDO (Case Study)

1.Overview
The research is to extract the cross-industrial success factors of corporations, especially with focus on their continuous profitability acquisition by the successful launch in NEDO projects to the market, and conduct evaluation on findings from multidimensional aspects: NEDO’s ROI, purpose of the new business development and continuous profitability acquisition.

The target corporations of this research are selected from the FY2001 - FY2012 NEDO project participants. There are three selection criteria: 1) successfully launched their products or services to the market in NEDO project with continuity of the business 2) large corporation (majorities are large corporations in the case of categorization by sales revenue at the time of NEDO project) 3) the new business was launched to the market as the main business. Extra attention was paid to select different industries of targeted corporations for the research.

2.Research Method
Multidimensional evaluation of findings on targeted corporations in NEDO projects are conducted under the following criteria: 1) NEDO’s ROI 2) purpose of the new business development . 3) continuous profitability acquisition. Further subdivision into eight categories was conducted.
As a next step, examination of success factors on continuous profitability acquisition was carried out. Based on the information gathered from the decision maker of the corporations and supplementary information from market reports, analysis of external and internal factors was carried out.
Based on the result of the success factor on continuous profitability acquisition of each targeted corporation, consideration was conducted on their common characteristics with cross-industrial success factors extracted.

3.Research Result
Regarding the result of success factors on continuous profitability acquisition, two common factors were extracted.

Common Factor 1:
Development technologies and functions were matched with market and customer value before or within the NEDO project period, thus a big picture of the business was successfully designed.

Common Factor 2:
From the point of technology development, decision maker in charge of designing the big picture of the business coexisted with an independent organizational structure of the new business without constrains from existing business.

4.Summary
In this research, cross-industrial success factors on continuous profitability acquisition were extracted by the common factors above.
Furthermore, suggestions of multiple methods regarding maximization of customer values in matching with technologies and function are brought out in this research. Going forward, targeted corporations for the research will increase by more success factors examined for each method of customer value maximization, in order to link to a detailed analysis result of ‘continuous profitability acquisition’.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る